検察側の罪人のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
16943

観たい人
16492

投稿者:chikakko 2019年05月20日

会話が早口で、断片的なシーンも多く、付いていくのがけっこう大変。。もうそこは、二宮くんと木村くんの対決見たさに耐えるしかない(笑)。
それでも緊迫感はずっと続いているし、俳優たちの細やかな演技が光っていたように思う。監督・演出家のこだわりが感じられた。
原作を読んでみないとわからないけど、おそらくストーリーが複雑で、時間内に収めようとしてしまった感もある。それはラストシーンにも言えていて、「え、ここで終わり?」という感があったのは残念。。

二宮と吉高コンビがいい♡

投稿者:shinht 2019年05月19日

しっかりとしたミステリーです。
回収しきれていない部分は少し多い気がしますが、役者たちが素晴らしいのでいい感じです。
ストーリーもテンポよく進むので見ていて飽きません。
キムタクはやはりキムタクって感じなんですけど、役にはまってたし。
なによりも二宮の恫喝する演技はおおっと目を惹くものがありました。

松重豊さんは安定のクオリティですし申し分のないキャストに支えられてます。

原作が読みたくなりました。

投稿者:やぴ幕僚長 2019年05月19日

例えば学校の授業で木村君とニノの正義はどちらが正しいですかって聞かれたらニノの正義って答えるのが正解だろう
じゃあ木村君は悪なのかって聞かれると素直に頷くことはできない
正義の反対は悪ではない、また別の正義と言った野原ひろしの言葉が浮かぶ

自分の信念・正義を振りかざして正当化してるけれど木村君のしたことは復讐殺人に他ならない
同情する余地があるとはいえ、尊敬する先輩の正義が歪んでいく様を近くにいながら引き止められなかったニノの後悔やら葛藤やらでラストシーンは胸が苦しくなった。

ごちゃごちゃ書いたけどデスノートでは月派の私は木村君を憎めない。
殺した奴は殺される覚悟をするべきだ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

☆ふたつ

投稿者:さゆゆ 2019年05月19日

とにかく暗い!!

検察(正義)に名を借りた復讐のドラマ

投稿者:hinakksk 2019年05月19日

 この映画には法もなければ論理も客観性もない。あるのは、それを装った私怨による思い込みと理性を欠いた感情、己が正義だという幻想と思い上がり。この作品をミステリーとは言いたくない。サスペンスではなくドラマに分類しているDISCASに、珍しく同意する。過去のある事件で心にトラウマを抱えるひとりの検事をめぐる錯綜した人間関係と事件捜査が描かれている。

 俳優陣は皆健闘していて、さすがだと思う。上質の演技がドラマの質を高め、最後まで一気に見てしまうが、ストーリーは空虚で、その落差に立ちすくんでしまう。この映画は社会派を標榜して、反戦を訴えたり、検察批判をしたりしたいのか。あるいは、正義は法を超えるとでも? それにしては、展開があまりにも粗雑で短絡的だ。深い怨念による復讐心しか感じない。

 正義を貫くことは綱渡りのように難しく危険でもある。制度がどんなに不備で不完全であろうと、法による裁判でしか人は人を裁けないのではないだろうか。冒頭で最上検事自らが語っているように、自分のストーリーに固執することなく、事件の真相を解明したいという強い気持ちで事件に向き合うしかないのでは?「正義と悪は主観的確信に満ちている。」(ヘーゲル)

凄い!

投稿者:kai 2019年05月15日

原作は、読んだ事がありませんが面白かったです。
続きが凄く気になります。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

演技の迫力が半端ない。

投稿者:林檎 2019年03月11日

今回は、キムタクとニノの戦いだったんですが、なんといっても、ニノのあの理詰めで早口の罵倒は、見てて目が離せない圧巻の演技でした。あれは、絶対見る価値ある。ブラックペアンの深海が混じってしまっとる感じはあるかもしれないですが。
さすが優秀助演とるだけある。

キムタクは、今回正義より復讐をする役柄だったので、凄く新鮮でした。
これは絶対見るべき。

所々、えっ?って、笑いそうになる場面もありますがね笑

レビューをもっと見る・投稿する