検察側の罪人のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.4

観た人
34479

観たい人
18024

投稿者:ゆ 2020年08月06日

正義とは何か、真実とは何か。

重い題材ながらもテンポが良く、劇中音楽もポップなので見やすかった。
ただ情報量の多いこと多いこと。まあでも原作モノだから仕方がないのか。

新しいキムタクの発見。こんなキムタク見たことないよ、、ニノの取り調べシーンも圧巻。大迫力。こんな演技も出来るんだ、、すごいニノ、、

投稿者:ゆめ 2020年08月06日

正義を貫くってどういう事だろうと考えされられる。
演技もいいし、抽象演出が独特の間を作っていて面白かった。
なんとも言えないきりの悪さがこのお話にはちょうどよく感じた。

投稿者:yu8cinemaあなたと映画 2020年08月05日

『検察側の罪人』(洋題:KILLING FOR THE PROSECUTION)
アマゾンプライムで現在公開中。
.
罪とは
そして、罪を背負った人間とは
罪人とはなんなのか。
.
今僕らが生きる世の中で、それは罪を犯した者だけだろう。
ただ、本当にそうなのだろうか。
もし罪を犯した人間に罪の意識がなければ、本人は自分を罪人だと思うのだろうか。
.
もう一度問う
「罪人とか?」
.
罪の意識に苛まれる者。
罪の意識がない者。
それが、大義と正義の狭間で善悪のパラドックスが生む。
.
「では、それを僕たちはどうみる?」
.
“罪の意識を持ちながら正義を貫く者”と“平然と大義に生かされる者”。
ぜひそれを考えて観て欲しい。
.
映画としては前半がもの凄くよかっただけに、後半が非常に残念だった。
もっとエグくできたであろうし、もっとかき乱してもよかったと個人的には思ってしまう。
もし、そうしなかったのであれば(結果的にしなかったのだが)そのキャラクター、そのシーン、そして、そのストーリーラインの存在意義が薄れてしまう。
一個人の意見だが非常にもったいない作品だった。
.
ただ事前の印象と比べると特に前半部分はよかった。
機会があればぜひチェックしてみてください。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

ニノ、松重豊、酒向芳の演技対決が最大の見所

投稿者:ことりこあゆみ 2020年06月02日

キムタクがこんな役を…?の意外性と。

取調室での沖野検事(ニノ)と諏訪部(松重豊)、ニノと松倉(酒向芳)の演技対決は、どちらも目を離せず何度も巻き戻して観た圧巻のシーン☆

このシーンだけでも観る価値あり!です。

初めて知った酒向芳(さこう・よし)さんの怪演は、夢に出てきそうなほどでしたし、
松重さんの「ポチ」は個人的にツボでした☆
この作品の松重さん、好きですわぁ。

検察という機構(働き)と、その闇としての冤罪について考えさせられ、
「正義とは何か?」 を考えさせられました。

余談ですが、この作品を観たあと 連続殺人や快楽殺人について考えていたとき、“ある概念”について ふと浮かんだ言葉がありました。

ネットで書けば大炎上するような言葉だけど、その概念の深さをしみじみと実感させてもらえた、という点で、個人的に印象深い作品となりました。

多くのレビューで「詰め込みすぎ」と指摘されている戦争の話や、最上検事(キムタク)の親友の死(お葬式シーンや政治がらみの話)については、
せっかくの重いテーマの主題からズレて煩雑にしてしまっていると感じます。

でも実は裏に深い意図があるらしいので、大東亜戦争・インパール・泣き女などのキーワードを一度検索してみようと思う。

さいごに…
冒頭のシーンで、新人検事たちに最上(キムタク)が講義するときの台詞、しっかり聴いておくと、あとあと深みを感じられますよ。
(わたしは最後まで観てから→レビューを読み→冒頭シーンを見返しました)

ケンサツって何?ってレベルですが最後まで観れた。

投稿者:ihcadomotagagie 2020年04月27日

滅茶苦茶ふんわりとしか話についていけませんでしたが、
最後まで観れました。

たぶん、テーマ自体は凄くシンプルで「正義」なのかな?
各々の正義の主張・葛藤をふんわりと見守る感じ。

飽きさせないため・間延びしないための工夫は色々してるんだろうけど
最後まで観れた一番の理由は、
なんやかんやで表現したいことはシンプルで多くの人に届くものだったから。
なのかな。

 

投稿者:スージー 2020年03月01日

 

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

この国の報道の自由は80位

投稿者:とよ 2020年03月11日

日本は日光の三ザルを報道する。
真実を言ってどうなる。真実が正しい。知りすぎても意味がない事も多い。
日本の法律映画は綺麗過ぎる。
韓国のTHE KINGの方がリアル

最後が

投稿者:LEON 2019年09月27日

シリアスな物ってやっぱり、苦手でした。キムタクと二ノ宮の掛け合い?は凄く良かったけど、最後が納得いかない終わり方でモヤモヤして、期待してたので余計にガッカリな作品になった

演技の迫力が半端ない。

投稿者:林檎 2019年03月11日

今回は、キムタクとニノの戦いだったんですが、なんといっても、ニノのあの理詰めで早口の罵倒は、見てて目が離せない圧巻の演技でした。あれは、絶対見る価値ある。ブラックペアンの深海が混じってしまっとる感じはあるかもしれないですが。
さすが優秀助演とるだけある。

キムタクは、今回正義より復讐をする役柄だったので、凄く新鮮でした。
これは絶対見るべき。

所々、えっ?って、笑いそうになる場面もありますがね笑

レビューをもっと見る・投稿する