さよなら、僕のマンハッタンのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

驚きました

投稿者:スヌーピー 2019年08月18日

ありえないことだらけで驚きました。父の愛人ジョハンナさんは本当に美しくて惹かれる気持ちも分からなくはないけどあんなにミミのこと思っていたのにそんな簡単に気持ち変わるんだと思うとちょっと驚きと軽いなと思いました。
でも一番気の毒なのは育ての父親のような気がしました。

The Only Living Boy in New York

投稿者:Goose 2018年12月07日

ニューヨークを舞台に作家志望の主人公と上流階級の人々の悲喜こもごも。
しかも父の愛人に文句言うつもりがあんなことになっちゃうとか、全体的にウッディ・アレン監督作みたいな雰囲気。メガネ君な主人公も似てるし。それよりも女友達役のkiersey clemonsがテッサ・トンプソンに似ていて可愛らしいので注目したい。

トーマスちょっと大人になる

投稿者:まさばさ 2018年12月03日

トーマスが大人になるのは父の愛人を母を思って探ったつもりが、片思いも忘れてしまうほど、まさか愛人に恋してしまったという話かと思った。

それを知らない父はもう成人の息子をやけに可愛がって面倒見てるし、同じアパートのおっちゃんも何かとアドバイスをしたがる。
冴えないメガネの空回り作家志望のトーマスはそんなに大人が可愛がるほど魅力なのだろうかと思ったらまさかの関係。
まさかの関係だけど、愛されるってトーマスの存在は魅力なのだろうというのが最後のシーンを見て思った。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

素晴らしいニューヨークの街角

投稿者:シンタグマン 2019年06月02日

ちょっとうぶな男の子トーマス。女扱いも下手。それが、父親の愛人や導師のような隣人との出会いを通じて大人になっていくお話し。

話自体の展開も面白いし、音楽も素晴らしいのだが、それよりも映し出されるニューヨークの街角の風景が非常に素晴らしい。

ただ、邦題はちょっと違う気がするけれど。

レビューをもっと見る・投稿する