天命の城のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
297

観たい人
453

投稿者:小川勝広 2019年06月07日

韓国での撮影時に驚いたのは、韓国人メイクさんの、髭の付け方。

顔のアップの撮影でも本物のように見えてしまう。特殊メイクより時間もコストもかからない、ハリウッドでも流用されている技術。

時代劇ヒット作品が技術を産んだのか、この技術がヒット作品を生んだのか、とにかく素晴らしい。っていうか羨ましい。

冒頭の、明、清、朝鮮のスタンス、それぞれの家臣の敵対心、葛藤を明確に色分けして、観客の頭の中に、関係性を将棋盤の駒のようにマッピングしていく技術、テンポが素晴らしい。っていうか羨ましい。

戦闘シーンも規模で魅せるのではなく、

狭い山道、急勾配の崖で、小規模ながら、汗や血をみせる事でスペクタクル感を出す。

広い場所を使って人数が少ないスカスカ感が出るのを避ける、木々がある場所、自然の囲いのようなものがある狭い場所を上手に使う、素晴らしい。っていうか羨ましい。

投稿者:ファンファン 2019年06月04日

テーマとしてはとても素晴らしい映画だと思います。

史実を知らないので、どっちを取るのかなーと思って観てました。

ただ、暗い。ずーっと暗いし、重い。

ちなみに、監督のトガニ、怪しい彼女は大好きです。

投稿者:Bellissima 2019年06月02日

全く史実をしらないので、最後までどうなるか分からず、緊張してみてた。
面白かったが、よくこんな自国の不甲斐ない話の映画つくったなぁ。。。

衣装がよくできていた。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

イ・ビョンホンssi VS キム・ユンソクssi

投稿者:サランヘ 2019年01月10日

原題は「南漢山城」といいます。
南漢山城はソウルの南方京畿道城南市に現存していますが、本作の舞台となったのは、1636年、朝鮮王朝第16代王仁祖が、中国後金(後の清)に二度目の侵略を受けた際に45日間籠城した場所としていられています。
仁祖はこの戦いに敗れ、後金王ホンタイジに対して屈辱的な三危九叩頭の礼を強要され、清の冊封国となることに同意する三田渡の盟約を余儀なくされました。
本作はその戦いにおける朝鮮朝廷内の二人の政治家の対立を描いています。
主演はあのイ・ビョンホンと演技派キム・ユンソクのダブル主演で、2017年の韓国における観客動員は384万人、第10位にランクインしています。
因みに、音楽を担当したのは日本の坂本龍一氏です。

ん?

投稿者:トミケン 2018年12月16日

朝鮮軍がただ清に敗けるだけの話を映画化してもドラマチックにはならない気がする…

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する