モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

とにかく 凄い!

投稿者:きり 2020年07月09日

怖さ、辛さ、悲しみ、苦しみ、痛み、不安、不満、不信、絶望、失望、空虚感、無気力、、、、
上記の感情の極限状態と戦う人々、
その反面、楽しさと幸せと喜びと希望と感謝と愛情と友情と絆も感じられる作品です。

こんなにたくさんの感情が交差する作品に出会ったのは初めてです。

リアルタイムで見ていましたが、後に、「○○シーンは辛すぎて何回もストップした」とネットで知り(確かに壮絶)、ディーンフジオカさんの体当たりの役者魂を再確認しました。
主題歌「ECHO」(作詞作曲歌全てディーンフジオカさん)とても意味深く、ガッツリはまりました。ECHOの意味や歌詞、是非検索してみてください。(Pvもお勧め)

期待を裏切るラストなのか、そうなるよねのラストなのか、、、見てのお楽しみです。

たった独りの切ない復讐劇

投稿者:Jigsawkiller 2019年08月06日


あまりにも有名な原作をドラマ化すると知り、期待と不安が半々でした。主演が今時アイドルや若手俳優ならやめようと思いましたが、実力派ディーンフジオカと知って鑑賞。製作陣の本気を感じました。

平和で仲睦まじい暖とすみれを中心に、温かな家族や仲間愛が微笑ましかったのも束の間、お人好しすぎた暖の人間性が仇となり、想像を絶する破滅と屈辱、憎悪、絶望のドン底へと突き落とされます。
あんなにも人懐こかった彼が豹変する様は必見。
異国の監獄で拷問の日々を過ごし、家畜以下の扱いを受けて死を目前にした暖を救ったのは、同じ状況下だった某国の王。いつしか「父親」の様な存在として己を受け入れた暖に、厳しくそして温かに全ての知識と教養を叩き込んでいく。

そして「モンテ・クリスト・真海」となり己を陥れた対象達への復讐劇が始まる。

この復讐劇、1つ1つの繋がりが実に面白く、パズルのピースの様。次第に組み上がっていくピース達が、奥深い結果へと繋がっていきます。
遠回しに遠回しに巧みな罠を仕掛け、それが花開く。
誰もが気付かず、真海の手の内で踊らされる様は本当に滑稽で愚かで、スッキリしました。
同時に、彼の切なさや憎悪、悲哀が垣間見れる瞬間。
計算高く、博識な彼が繰り広げる復讐劇は本当に興味深かった。


久しぶりに出来のいいドラマに出逢えた気分です。
★4つの理由は、オチというかクライマックスが物足りなかった事。
許したのは優しさだったのかもしれないが、許すべきではなかったとストレス。奴らは絶対「命拾いしたー」ぐらいにしか思ってない。
後、あの真海の姿ならすぐ「暖!?」と一目瞭然だし、気付かなさすぎるのが違和感。もう少し顔付きに差を出して欲しかった。

真海が漏らした本音、「殺したい訳じゃない………壊したいんだ」は印象的でした。
これは必見。いい作品です。

かっこいい!

投稿者:みかん 2019年07月25日

ディーンファンなら絶対みるべき!
復讐劇だけど、悲しげな表情が男の色気があってハマリ役!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する