HUNT/餌 ハント・エサのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.0

観た人
129

観たい人
228

投稿者:ベルサイユ製麺 2019年04月19日

殺るき満々なジャケ最高!額装したい!
タイトルは『ハント・エサ』ですよ。ハナエ モリみたいに発音すべきか⁈
三宅隆太さんがご紹介されていた作品ですぜ。

冒頭、夜中にバイクのボンクラ男に送られて帰宅した女の子。2人で話し込んでると、不意に何かの気配を感じ…
また来やがってあのボンクラ、ぶん殴ってやろう!と外に出たパパ、急に何かに…
「あなた、どうしたの?」と様子を見に出た奥さんが…

おおおお、めっちゃくちゃ話が早い!しょっぱなからライオンくん!がおおー。
それから一夜明け、40キロ離れたゴルフ場でライオンくん早朝から大暴れ、グリーンをレッドに染めて大変に景気がいい!!
…んだけど、結構ゴア描写有りますね。食い散らかした痕跡にちょっと気が滅入ります。…血液汚れにはライオンのスーパーNANOXがオススメ!

対策に乗り出した警察は、獣医師であるリジー(主人公)に助言を求めたりするのだけど、パニック映画における警察は無能と同義語なので、全く事の深刻さがわかってない模様。街中の公園に閉じ込めてのアマチュアハンターの作戦は空回り。ほんとにほんとにほんとにほんとに開門だ〜♪公園から街に飛び出たライオンが大暴れ、新たな被害者続出の死屍RuiRuiなのである。

この作品、オランダ映画なんですが、個人的にはあんまり現代のオランダを舞台にした作品は観た記憶が無いのですよね。バーホーベンの短編で見たかな?くらいで。街並みがなんかテーマパークみたいな装飾とかされてて可愛いですなぁ。一般的にオランダといえばコーヒーショップとBPM200超えの凶暴なダンスミュージック、キックボクシングとかのイメージが強いので(偏り)、綺麗で明るい街並みはちょっと意外です。夜の路地のデリバリーバイクとライオンの全力追いかけっことか超フレッシュ!フレッシュミートてんこ盛りでございます!血飛沫飾り窓!
で、最後の手段!リジーの元彼である本物の凄腕ハンターのデラルーが登場するのですが…
彼の姿に絶句。片脚が無い…!でも大丈夫、高速移動出来る最新の車椅子に乗ってるから!!
…いや、なんか、…この映画ちょいちょいドギツいんですよ。激しく咳き込むホームレスとか、吃音の清掃員とか、子供がアレされたりとか…。オランダ独特なのかしら?軽くセンシティブ警報は出しておきたい。。

後半〜終盤にかけては、ライオンvsデラルーの死闘が描かれます。これは文句無く面白い!デラルーが高速移動するガンタンクとジムスナイパーの融合体みたいでかっこいいぜ!森の中ではハンター優勢で、建物に入ると形勢が逆転する展開とか良くできてます。

因みに、実は根本的な部分でライオンがそんなに怖く見えないという問題がありまして…。何しろ街中で急にライオンに出会う場面が想像出来ないので、今作のライオンの佇まいがリアルなのかサッパリ分からない。ちょっと実在感が薄いかなぁ…。
とは言え、ライオンの嫌な登場のさせ方、展開の作り方のアイディアが凄く豊富でとにかく飽きさせません。路面電車のシーンは一見の価値有りです!

欠点、というわけでは無いのですが、人によっては気になるかもしれない点がありまして、
…基本的に緊張感が無い。ライオンが出ないドラマパートがみんなヘラヘラしてて(カンナビス?)、中身の無い会話がダラダラ続いたりするので集中しにくいかもしれません。あと劇伴がテレビドラマみたいでカッコ悪い。総じて80年代っぽいセンスでして、その時代のパニック映画へのオマージュということなのなら、全く問題なし。私が悪うございました!
ゴア描写耐性がある方にはオススメです!猫派の人にも…?齧ってバラバラにしちゃっても、許してニャン♡

投稿者:kakaka 2019年04月15日

DVDストレート作品と思ってなめてると、お釣りの来る秀作。
街にライオン(何故か出所不明)が現れ、人々を襲うというありふれたパニック物のプロットも、見せ方や設定でこうもフレッシュに見れるものか。
監督は70歳近い方だが、こんなにも遊び心があるなんて素敵過ぎる。

投稿者:ななな 2019年04月12日

ライオンといえば、寝てるか、ゆらゆら歩いてる姿しか見た覚えないので、超アクティブなライオンは新鮮でした。
獣医さん美人だけど、男の趣味がイマイチだと思います。
元カレのワイルドさにビックリ!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

アムステルダムを跋扈する人食いライオン!

投稿者:コタロウ 2018年09月03日

オランダ・アムステルダムで、猛獣に襲われたとみられる惨殺遺体が発見された。
動物園の獣医師・リジーは、警察の要請で捜査に協力することに…
人食いライオンの恐怖を描いたアニマル・パニック作品です。

住宅の庭先でライオンの襲撃に遭った人びとの無残な遺体に始まり、ゴルフ場、
公園など、場所を変えながら次々と人々が餌食になります。
生首、はみ出した内臓、爪でひっかかれた背中の皮がベロ~ンなど、
まあまあグロくて泣ける…

ライオンはCG丸出しですが、さほど気にならなかったです。
バイクに乗った男をライオンが追跡、滑り台でライオンが襲撃、
乗客を乗せたトラムにライオンが出現などのシーンは、手に汗握りました。

犠牲者多数で恐怖しかない状況なのに、なぜかコメディ調で進行。
すべっている気がしてならない…
車椅子のハンターは意外性があってカッコ良いけど、もう少し現実感のある活躍を
見たかったです。
アムステルダムの街並みがキレイでした。動物園もいい感じ。

ライヨンは寝ていない

投稿者:裸足のラヴァース 2.0 2018年08月16日

「小さな目撃者」で注目された デビッドマースは 観客の予想を事ごとく
裏切る演出で 終わりにゃあ鬱陶しくなって お約束映画も悪くないんだ
なあと 妙な印象になったりさせた人

だいたい このジャケからして チラ見だと狼じゃん だって冒頭のカメラ
視線は「ウルフェン」なんだぜえ 何処の映画だい あオランダ映画にゃ
水は出て来ますな

展開早い 解説にあるんだけどさ 主人公のねえさんの人食いライオン説
を誰も信じないって 嘘言ってらあ 直ぐに笑う記者会見になり TVで皆
知ってる状態なのよ 普通の展開外すでしょw ライヨンの姿を見せない
演出で普通に行くかと思いきや あっさり見せ 拍子抜け ドカンとしない

そして当然ハンターが登場 それも二人 思い切り外すお二人さん 普通
キャラのお笑いハンターも ただは退場させてくれない さすが大麻なんて
ケチなものは直ぐに容認しちゃうオランダ 警察なのに 呆れるブラック
ユーモア作戦遂行 でもまだ30分あって まだ外す気だよ こん畜生め

主人公の元カレのハンターの方は もち大活躍 スピード車椅子でw
だがにゃ ローラントポール「スイスにて」の様なブラックジョークの
クライマックスへ 血みどろ 肉塊ゴロンチョで 笑える

こっちゃも数カ所は外し方を 当ててやったぜベイビー しかしラスト
カットは予想を外す事を外す為の 凡なカット ここは愛らしいベイビー
ライヨンで 終わって欲しかった にゃああん

まずまず

投稿者:M.A 2018年08月06日

結構迫力があってしっかり観れました
途中の軽いシーンは省いても良かった感じ

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する