デス・フロアのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.5

観た人
478

観たい人
544

投稿者:アルファ 2020年11月21日

エレベーターに閉じ込められる男社長の話
開いたその間から覗いてみるも逃げる社員らの姿が…外で何が起きているのか?
何も出来ない状況のなか精神的追い詰められていく
ただ閉じ込められてる時間が長く感じる
ゾンビもうちょい出してほしかった
まぁー思ったほど悪くはない

投稿者:ヤンさん 2020年11月18日

明後日の20日休みだから何か見に行こうかと思っているのですが、『魔女見習いを探して』と『シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!』と『罪の声』だったらどれがいいですかねー時間の都合的に1つか2つしか行けないから悩みどころ、日比谷なら気軽にハシゴできるのだけはいいですね

あ、『デス・フロア』?ゾンビの造形は良かったですが、他は褒めるところなかったです
仕事はできるようですが女たらしのおっさんが終始わーわー言うとるだけだから何一つ応援する気にもなれないし、上映時間がなんと100分!ずっとエレベーターの中だから絵面に動きもないし、もうそろそろ終わるかなあと思ってシークバー見たら残り47分になってて思わず閉じそうになりました

いや発想はよかったと思いますよ?ただね、エレベーターから出られないということは、エレベーターに入れないのとイコールなわけでして、つまり絶対安全な場所…ハラハラもドキドキもないわ!
決して生涯出られないわけでもなく水がどうとか食料がどうとかそういう危険があるならともかく、実質サファリパークですからね…
色々とかみ合いが悪い凡作でした

投稿者:あゆこ 2020年11月15日

会社社長の男が故障したエレベーターに閉じ込められてしまう。閉所恐怖症の男は一刻も早く脱出しようと試みるが、エレベーターの外では謎の致死ウィルスが蔓延していて……というシチュエーションスリラー。

インパクトのあるジャケットとタイトルにそそられる。

まさしくこのジャケットのように、主人公が無理矢理こじ開けた扉の間からわずかに見えるフロアと携帯電話による情報から、状況が分かるようになっている。

そして、ゾンビに襲われるのもこの隙間から(笑)
扉をさらに開けられて中に押し入られようものなら即死。
さぁ、どうする?!みたいな感じ。

ワンシチュエーションのゾンビものは初めてのような。アイデアがいい。
あまり人格がいいとは言えない主人公を生暖かく見守ってそれなりに楽しめたが途中だれてしまったので、短編に向いている気がした。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

この男、仕事できるキャラは無理があるのでは…

投稿者:伝衛門 2020年06月26日

『リミット』のヒット以降、ワンシチュエーション系作品をよく目にするようになりましたが、
本作品のような”ゾンビ”系の作品にも低予算のハンディをカバーする有効な手法のように感じます。

低予算の中で閉塞感とカオス状態を演出する為に
オフィスビルのエレベーターに閉じ込められた主人公一人に絞り、
外部の状況を奥さんとの電話と携帯電話から得られる報道情報で状況説明。

エレベーターから脱出しようとこじ開けた扉のわずかな隙間から
襲撃してくるゾンビ数体で緊迫感を選出して魅せるアイデアは見事かと。

ただ、閉所恐怖症という主人公のキャラ設定も
ゾンビに囲まれた異常緊急事態においては効果は薄く、
チャラい設定も女性陣との絡みもしっぺ返し的な攻防があるわけでもなく今一つ。

イタリア産ということでマカロニホラーを期待してしまったせいですが、
巧いが面白みのない抑揚の無い作品のように映りました。

エレベーター

投稿者:塩胡椒 2020年01月13日

から出れない!!
出ない方が安全。
でも閉所恐怖症だし出たいよね。
ビミョーでした。

アイデアは良かった・・・

投稿者:静かなる海 2019年03月11日

タイトルに書きましたがアイデアは良かったのです。
もっとストーリーや背景の書き込み、人物像をちゃんとしていれば名作になった気がします。
予算があまりなかったのでしょう。
エレベーターに閉じ込められた主人公。
何が起こっているのか状況ガ分からないまま、エレベーターの中に閉じ込められたまま、で延々とストーリーが紡がれていきます。
主人公の人間像が今一つで、あまり感情移入ができませんでした。
エレベーターの中で、不倫相手の元カノとのやり取りとかいらないでしょう。
最低の人物像として描きつつ、最後は奥さんが助かって喜んだり、冷静な金融ビジネスの社長さんでありながら、喚きまくっていたり、助けを呼ぶにも警察とかに電話しないで知人に電話しまくる設定とか不自然この上ありません。
しかも屋上からアウトブレイクが始まるとかあれ?って感じでした。
同じ建物内の知人たちとの関係の書き込みもほとんど無い中で、知り合いを殺したと落ち込んだり
、警官たち数人が脈絡も無くビルに突入しては消えていくのも疑問でした。
街中がパニックなのに、なんでと思ってしまった(苦笑

なんかいっぱいケチをつけてしまいましたが、面白くなる可能性は十二分にあったと思います。
できれば日本語吹き替えも用意して欲しかった。

惜しい作品でした。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する