連続ドラマW イノセント・デイズのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

演技力

投稿者:ぶたかさ 2019年10月22日

妻夫木さんはもちろん、出てる役者さん、みんなよかったと思う。事件起こして出られなくなったあの役者さん、代わりは他にもいるかと思っていたけれど、やっぱり存在感半端ないですね。もったいないです。

展開が気になって一気に見てしまいました

投稿者:スヌーピー 2019年09月07日

WOWWOWのドラマってどれを見ても濃厚というか毎回引き込まれるくらいすごい作品が多いと思います。このドラマも見入ってしまいました。
出演者の演技が全員すごく良かったです。主人公の雪乃さんが健気で可哀そうでした。
本当に殺人犯なのか知りたくなりました。
彼女の無実を信じ続ける慎一君がすごいなと思いました。大人になってから会ってない彼女をここまで信じられる彼はすごいなと思いました。雪乃ちゃんの最後のセリフがすごく切なくて見ていて辛くなりました。寂しすぎると思いました。

どんな人にも必ずあったはずのイノセントデイズ

投稿者:飛べない魔女 2018年11月05日

全6話からなるWOWOW連続ドラマ。
氷のような冷たいまなざしから
一転して天使のような微笑みをみせる主人公・雪乃を演じる竹内結子が凄かった。
表情の変化が実にうまい。
彼女は天使なのか?悪魔なのか?
本当に殺人を犯したのか?
実は冤罪なのか?
幼い日々を一緒に過ごした仲間・佐々木慎一(妻夫木聡)と丹下翔(新井浩文)は
どうしても彼女が殺したとは思えず真実を探り出す。
過去のトラウマに囚われて
人生が崩壊していく雪乃を通して
彼女を取り巻く人々の憎悪と愛情。
そして人間の悪意が織り成すドラマを
感情豊かに、そしてきめ細かく描いていく。
映画と違って連続ドラマなのでじっくりと人間模様を描けるのがいい。

『そこに光はあるのか?』

ぼそぼそと小さな声で話す慎一(妻夫くん)には終始イライラさせられたけど
彼がそうなってしまったのにも理由があった。
キャスティングも良かった。
特に祖母を演じた余貴美子さんの獣じみたダメ人間ぶりは
さすがに圧巻の演技だった。
雪乃のラストシーンには胸が締め付けられるようだった。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

なにこれ

投稿者:lockman 2018年12月31日

なんともあとあじの悪いドラマ

レビューをもっと見る・投稿する