PREDATOR PLANET プレデター・プラネットのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

1.3

観た人
11

観たい人
23

投稿者:KR真っ黒こげ太郎 2019年02月24日

原題が”Aliens vs. Titanic”…。
原題直訳してもパチモン臭いんですがそれは…。


「キングスパイダー」シリーズで、俺にZ級映画の世界を叩きつけたジェフ・リロイさんの久しぶりの新作!wwww

帰ってきちゃったんだね!!!
うん、帰ってくんな!!!そのまま帰ってくれ!!!

まぁこの人の作品を俺もそこまで追ってるわけじゃないけどね…(そういえば「デス・クローン」ってまだ観てないな…。)

そんなわけで、覚悟を決めて挑んだが、初っ端からチープな宇宙映像に、しょーもねぇお下品なネタが飛び込み、観る気を削ぎまくる!!!!w
宇宙船なのに木のドアで、プラスチック感のありまくる船内はまだ序の口。
酷すぎるCGの宇宙生物に、怪物が寄生して破裂するシーンや船の崩壊するシーンすべてが酷い!!!!
相変わらずしょうもないコメディ展開にアホな展開。
そして何といってもお下品な下ネタの数々!!!!皆ヤル事しか頭にねぇ!!!!
(余りにアレ過ぎて、中盤のあるシーンでは爆笑した。www)
更に後半に唐突に展開されるエイリアンと女のエロシーンを観て、「俺は何をやってんだ…。」と思った。(なお、この時のBGMが妙にメルヘンw)
その後に展開されるエイリアン出産シーンもこれまた酷い!!
ラストバトルも色々と酷い!!!(特にエイリアンの倒し方!)
なお序盤のあるシーンでは、相変わらずの手作り感溢れる特撮が展開!!!

そしてここまで色々突っ込んでおきながら、話は死ぬほど退屈!!!
相変わらずだなぁ!!!ジェフさん!!www

あとエイリアンがの造形が、どこかで見たことあると思ったら、同監督の「宇宙生物X」と同じだ!!!!www
まさか、続編!?いや、あっちにはエロ描写殆どなかったな…。

正直下ネタまみれだし、くだらねぇし、色々と酷い!!!!!
正直クソ映画以外の何物でもない!!!!
しかしここまで酷いと逆にネタとして観れるのもまた事実だったりする。
ここまで突き抜けたアホな駄作だと逆に輝いて見えます。
正直、絶対に人にはお勧めできないが、この上なく酷い映画を観たい、我こそは!というZ級映画マニアの方々なら是非とも挑戦してほしい逸品です。

ただし、その手のマニア限定で!普通の人は観てはイカン!!!wwww
あと、エロやグロ満載なので、その類が苦手な人もね。w

投稿者:生姜異物強壮 2018年12月16日

物語冒頭に出てくる“豪華客宇宙船”の名前が、《Titan-1C》(タイタン・ワンシー)。 もちろん、何のヒネリも無い《タイタニック》の駄洒落。ばかりか全編、凍てつくオヤジギャグ的な展開とエロ嗜好で押し通す。最後まで観通すのは(けっして比喩じゃなく)拷問そのものだ。

元々は《トムキャット・フィルムズ》という(天下のアサイラム同様、ゴミ級映画専門の)プロダクションが2014年に制作した『Aliens vs Titanic』、という(すでに十分すぎるほどイミフな原題が付けられた)作品。

しか~し、正真正銘の"糞以下"な出来ばえに^^;4年前には配給してくれる業者が現れず、いったんは「お蔵入り」に。それが昨2017年に入って、奇跡的に《WildEye Releasing》が拾ってくれることになり、急転直下、“まさかの!?陽の目”を見ることになった。

主演級の「お色気ダイコン女優」で制作クリエイターでもある(!?)ターシャ・タコサ【Tasha Tacosa】嬢は、ジェフ・リロイ監督にとっての“お気に入り”看板役者。天然の豊乳と「恥や外聞の無さ」を武器に、どれもこれも似たようなCマイナス級のホラー、アクション、SF等の“リロイ映画”に出まくってるようである。

本作には金髪ポルノ女優のBree Olsonちゃん♪も顔を(だけでなく乳首も)出してるが、彼女が放つAVアイドル・オーラにさえ、猥雑さで負けてないところが「まさに!お色気ダイコン女優」の面目躍如、といったところか(苦笑)★

もし、この世のなかに「B級以下だけが寄り集まった映画業界」なるモノが存在したなら、ターシャ姐こそは毎年、「その業界のオスカー授与式」会場に姿を見せてるハズだ。しかもしかも、胸元をポルノ女優みたく大胆に開けっぴろげたドレスで赤絨毯の上、フラッシュの閃光を雨あられと浴びてることは想像に難くない…!

──と、当作の正式リリースまでの曲折をざっと概説すれば、もはや中身が「論評する“遥か”以前の内容」なのは推察いただけるだろうw

わたしはオリジナルの、米国ウェブ配信版で鑑賞してたのだが、正直(こんな“卑猥なオヤジが3次会で盛り上がるために観る低俗ネタ映像”が先々)日本でリリースされるとは夢にも!! 思ってなかった。実際、ここ数年で(結局は)本邦公開に至らなかったC級洋画作品群のなかで、(さすがに)本作なんかよりは断然マシだったぞぉ^^!!!; というレベルの“健闘”作品は幾つでも!列挙できる。

なぜに、それらの作品が皆ボツで、こっちが日本語字幕付きのDVDとして国内発売に漕ぎつける道理になるのか??……ある意味、ド直球な糞以下“SF(?)“であると同時に、超!ミステリーな『激☆珍作品』。唯一その観点でのみ、評価し得るタイトルなのかもしれない。いや、きっとそうだろう。うん。

投稿者:ぽちゃネコ 2018年11月19日

プレデターのタイトルに便乗した汚いポルノ映画でした。途中で調べて気付いたけど監督がジェフ・リロイだったのか…それならこの内容でも仕方ないね(ヽ´ω`)

何とか眠い目をこすりながら見ましたが、つまらない内容が途中から更につまらなくなりスマホをポチポチしつつ、たまたま画面見ると乳首からエイリアンが産まれてました…はい、名場面です 笑

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

パロディー?

投稿者:劉 2018年10月30日

最初、裸でてきたから、ポルノかパロディーかと思った。
内容は、ちょっと、つまらなかったです。
アニメ的な映像が強すぎです。

酷い…

投稿者:あっちゃん 2018年10月28日

出だしはポルノ映画かと思った(^^; 全体的にCGやアニメ的な映像が多く、日本の特撮の方が何倍も良く出来てる。結局最後まで観てしまったものの、途中で何度観るのをやめようかと思ったことか…。これは酷い(>_<)

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する