嘘はフィクサーのはじまりのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.0

観た人
773

観たい人
1607

投稿者:オオクラ 2021年04月30日

他人のレビューでリチャードギアが「おじいちゃん」って呼ばれてて、「おじいちゃんか…」と思ったけど71歳はもう立派なおじいちゃんだな!

投稿者:ピピン 2021年03月28日

面白そうなあらすじなのに、何でこんなに面白く無いんだろう⁈

シリアスにもコメディにもなっておらず地味なだけ!
そもそも何故エシェルがノーマンを気に入ったのか分からない。
悲しいラストも、人物像が描けて無いのでピンと来ない。

投稿者:vincent 2021年03月15日

結局の所ノーマンとは何者だったのか。
誰もが彼を知っているのに誰も彼を知らない。
ノーマンは自分の欲望を収斂させていこうと嘘を吐き人々を囲い込もうとするが、全ての試みは思惑を超えて裏返っていく。
ノーマンの欲望は関わった人々の欲望に引きちぎられて拡散しやがてanonymousがもたらした幸運として消費しつくされる。
ノーマンとは何者だったのか。
ノーマンは最早信じる者が誰も居なくなったサンタクロースだったのだ。
信じると言う細やかな見返りさえ与えない強欲なガキどもに、プレゼントを用意しようと奔走する疲れたサンタクロースだったのだ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

哀れなノーマン、これをコメディと言いたくない

投稿者:かつ 2020年04月23日

2016年 アメリカ・イスラエル合作映画
原題:NORMAN

仲介屋のノーマン・オッペンハイマー(リチャード・ギア)が通りすがりのミカ・エシェルという政治家にニューヨーク一の高級な靴を贈ったのをきっかけにして、友達関係になり(?)、その後連絡は耐えていたが、三年後にこの政治家がイスラエルの大統領に昇り詰めて行き・・・。
どんどん嘘をついて、身も蓋もない感じになってゆくノーマンが哀れに思えてしまった。
素性も分からないノーマン、周りの人たちも彼をいいように使うし、これを笑えと言われても無理です。元々評価も低かったし、あまり期待せず観たので裏切られた感はそれ程でもありませんでしたが、どう見てもこの哀れなおじいちゃんのノーマンに役にリチャード・ギアは似合わない。気になって調べてみたらリチャード・ギア本人はこの役に満足だったとか(えー、本当かしら)。やっぱりリチャード・ギアには素敵な紳士っぽい役を演じて欲しいと心から思いました。

観て良かった点を挙げるとしたら、こういう役が似合わないという事がわかったこと。
興味ある方は心して観てくださいませ。

みじめな可哀そうなおじいちゃんにしか見えないノーマンさん

投稿者:飛べない魔女 2020年04月19日

期待はずれだった。

見ず知らずの人に突然15万円ぐらいする最高級の靴を買ってもらって
ただそれだけで彼を友と呼び信用する政治家って浅はかだとおもう。
ノーマンさんがいろいろ嘘を交えて
あの手この手で画策することも
何をやってるのか、何がしたいのか、よく判らなかった。
ジャンルがコメディとあるけれど
笑えるところは1ミリもなく
むしろ可哀そうなお爺さんの話としか思えなかった。
大騒動の描き方も急にそうなって何が何だか。。
結局、どこの政治家も自分の保身しか考えていないのだ
ということで納得。

あのセクシーで素敵だったリチャード・ギアが
本物のお爺ちゃんになっていて
終始ショック状態。
歳をとっても素敵な人だと思っていただけに
この役どころはどうも許せない気持ちに陥った。

見ていて何とも言えない気持ちになりました

投稿者:スヌーピー 2020年02月23日

コメディって書いてあったのでもっと明るい話で靴をプレゼントしたことで政治家さんと友達になってどんどん運が向いてくる話なのかなと思ったら切ないというか、自業自得というか何とも見ていて暗いというか辛い気持ちになりました。リチャード・ギアといったら「プリティウーマン」のイメージがやはり強いので最近年齢もありこういう寂しい役柄が多くてあの輝いていた人がと思って役なんだけど見ていて惨めな気持ちになりました。
ノーマンさんは私利私欲というわけではなくてただ有名人と知り合いをたくさんもちたいだけで寂しかったのかなと思いました。
確かに話をもって大ぼら吹きなところはあったけどでも頼まれたことは一生懸命にやって最終的にはすべて解決してすごいなと思いました。でもラストはせつなかったけどでも本人は後悔してない感じが良かったです。でも見ていて最後まで切ない気持ちになりました

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する