恋のしずくのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
962

観たい人
1106

投稿者:土の中からこんにちは太郎さん 2021年01月14日

こういう朝ドラとか将太の寿司みたいな「日本の古い因習に裏打ちされた」「聞こえのいい論」で構成されてる系って展開わかってても観ちゃう。

編集が丁寧な作品。
作りの方は、演技力と演技の種類にそれぞれ差と違いがあって面白い。
出演している全員、美醜とかでなく一様に良い顔してる。
特に小市慢太郎さん。
かっけぇ。渋い。
宮地真緒さんも、演技はいまいちだけどスッとした立ち姿は美しくて居るだけで画面が引き締まる。
長男くんはEXILEの出なのね。
へー。ふーん。
その割に衣装ダサいね。
かわいそう。

時間潰しにもってこいの1作。
毒にも薬にもならない。

投稿者:かずシネマ 2021年01月11日

年始の特別編成の地上波放送で。
よくある、ご当地ムービーだな。
だけど出演者は広島出身とは限らない。

現地に辿り着いてから「今年は実習やってない、聞いてない」なんて事あるのか?報連相とは…。
というか、大学通しての連絡も勿論だけど、現地に行く前日にでも大学通さず自分でも実習先に連絡入れる事ない?
等と、とっかかりの部分からして気になって仕方ない。

元々ワイナリーへ実習に行きたかった事と、いくらそれが若さ故のものだと言っても、協調性が無くかなり失礼な態度の主人公がそれを改めるのも結構唐突w
他の展開も結構唐突な印象を受ける。
盛り上がりが来る前に話がすぐ切り替わる。
あと、パーティやお祭りで言い争うのは止めようぜw

尺的にはあまり長くないが、蔵での仕事の様子がちゃんと描写されていたのが良かった。
自分も日本酒はすぐに酔いが回るからあまり飲まないんだけど、出て来るお酒が美味しそうで飲みたくなった。

川栄ちゃんの演技は良かった。
宮地真緒は個人的に久しぶりに見たけど、ルックスが昔と変わらないなぁ。
大杉漣の描写はヒヤリとするものがある。
アロハシャツの津田寛治は新しいw
小市慢太郎はいい役だったな。
しかし「もう、いね!」はちょっと悪い言葉づかいやなw
「もういんでええわ」くらいにしとかんとw(大して変わらない)

ラストシーンの景観がとっても綺麗だった。

投稿者:TakejirouNakama 2021年01月09日

2021 1.9 鑑賞
東広島のロケとあるが、なして呉の亀山神社が出て来るの?おまけにタイトルロールで広島市亀山神社とある。嘘つくな❗️

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

お酒は飲めないけど飲みたくなりました

投稿者:スヌーピー 2020年03月29日

アルコールが弱いのでほとんど飲めないけどこの映画でワインも日本酒もすごく飲みたくなりました。
お酒造りの大変さや作り方が知れて良かったです。川栄李奈さんかわいかったです。
大杉漣さんの俳優姿久しぶりに見れて良かったです。この作品が遺作というのは見てから初めて知りました。

ワイン好き女子が日本酒に目覚める

投稿者:hinakksk 2019年06月09日

 ストーリー展開はすぐに読めるし、大して目新しいところはないのだけれど、最近観た邦画のなかでは出色ではないだろうか。爽やかで清々しくて、とても気持ちのいい映画。若い俳優陣をベテランが支えて、骨格のしっかりした作品になっている。

 農業大学で醸造学を学ぶ、ワイン好きの学生詩織が、希望していたワイナリーではなく不本意にも広島西条の日本酒の酒蔵に実習に行くことになり、最初は気の進まないまま、酒造りのイロハを基本から学んでいく。その乃神酒造は、息子莞爾が父親に反撥し、後継者問題でごたごたしている。ライバルの有重酒造は、若き当主がしっかりと受け継いで3年連続で金賞受賞と、成功している。

 けれど、伝統継承という重責を担う若い後継者のふたりは、対立するのではなく、互いに競い合いつつむしろ友情を育んでいくという展開になっていて、頑張れと自然に応援したくなります。シンプルで素直なそれぞれの恋の成行きも、微笑ましくとっても爽やか、ほっこりします。源氏物語の「かぎりとて」の歌や、三島由紀夫の「橋づくし」のエピソードもいいな。

 古い日本家屋や酒造所の佇まいが素晴らしく、また、生活者目線で撮影された広島の街並みや自然もとても美しくて、広島に住んでみたいと思ってしまいました。大杉漣さんの遺作となられた映画だそうですが、こんなに奥ゆかしい作品となったことを喜ばれているのではないでしょうか。心よりご冥福をお祈りいたします。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する