乙女たちの秘めごとのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.0

観た人
164

観たい人
277

投稿者:かんちゃん 2020年10月08日

2020.1008
監督マリーヌ.フランセン
出演ポリーヌ.ビュルレ
  ジェランディン.ペラス
  アルバン.ルノワール
ナポレオン政権下の1851年フランスの田舎
働き盛りの男たちは、共和党活動に明け暮れ 終いには、全員投獄されてしまう
そして残された女だけの日々が続いた
女たちは、子孫を残す為にもし男がやって
来たらみんなで共有しようと秘密の約束を
かわすそこへ一人の若い男ジャン
(鍛冶屋)がやって来た‼️

女同士の激しい確執、嫉妬、妬みに成るかと思っていたけど意外とスンナリとラスト
の悲しい別れまで綺麗な絵画の様な映像と
共に終わる

TSUTAYA TV

投稿者:ジョンのパパ 2020年08月09日

西洋の時代背景はよくわからないけど、ナポレオン時代のフランスの片田舎でのお話。

共和派が弾圧されて、村の男性が全員投獄され、女性だけが村に残された。女性たちは男手なして協力して生活していたけど、若い娘たちは、もし男性が村に来たら共有しようと約束する。そして1人の鍛冶屋が訪れた。

男性からすると楽しい世界を想像するが、実際はそうでもないようだ。

世話係の娘と恋仲になった。共有する約束を守ろうとするが、簡単ではない。やがて子ができ、そして何人かの男性が村に帰ってきた。そして、鍛冶屋の決断は?娘の決断は?というお話。

昔はこんなことがあったのかな?

投稿者:notitle 2020年07月26日

ナポレオン政権下、反政府思想により全ての男達が連れていかれた村の話。そんな環境の中、村で交わされた約束により、フラッと現れた男をめぐり、繋ぐ生命と恋心の中で、揺らぐ女性。先見えぬ不安と無気力の中に刺す光と収穫の姿が、とてもきれいで美しい。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

R-15指定とタイトルに期待してはだめ。

投稿者:KA 2018年12月11日

何の盛り上がりも無く、たったこれだけの内容で、映画として興業的になりたったのか知りたいと思った。
映画祭に出品と賞のノミネートをされただけで何にも受賞していないのは納得。
予告編は何かありそうに編集しているが、実質何もない。
R-15指定とタイトルに期待してはだめ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する