ザ・アウトローのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
6066

観たい人
2863

投稿者:ユウ 2020年12月01日

アメリカのガンアクション物が見たくなり鑑賞。ジェラルドバトラーがめっちゃ悪く見えた。
市街地であんな銃撃戦始まるなんてアメリカ怖すぎ。本当にあんなに強盗あるのかな?
若い頃のアイスキューブに似てるなぁって思ってたら息子だった。

投稿者:soutaro 2020年11月30日

強盗側も保安官側もどっち視点でも楽しめる映画だった。
どちらかと言うと保安官側のハラハラがすごかった。
面白かった

投稿者:福本麻紀子 2020年11月30日

誰がバッドガイなのかがよくわかりにくい。なんとなく、そうなのかなあ、という印象で終わった。

主人公で保安局の刑事であるジェラルドバトラーすらバッドガイにしか見えないし。

銃撃戦は一般の人々と巻き込まれそうになる感じがいかにもリアルなアメリカっぽくて、いや実際を知りませんがね。

あんまりスッキリ爽快ではないが、まぁ面白かったかな。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

本当の黒幕は

投稿者:こうさま 2020年06月07日

ジェラルド・バトラー扮する重犯罪特別捜査班ニックと元アメリカ海兵隊特殊作戦コマンド、レイ・メリーメンを首魁とする伝説の強盗団との虚々実々の駆け引きを描いたアクション作品、ちょっと捻り過ぎた感はあるがそこそこ面白い。
舞台は世界屈指の犯罪都市ロスアンジェルス、発端は空港近くで起こった装甲車襲撃事件、現金を積んでいたのでもない空車の強奪、その手口の鮮やかさからその背景にメレーメンが絡んでいると察知したニックの捜査が開始される。
奴らの狙いはなんだ。
小さな銀行を襲う強盗団、よくあるFBIとニックの諍い、日本でもよくあるシーンだがアメリカでも別組織との縄張り争いは派手、でも強盗団の真の目標は難攻不落の連邦準備銀行、廃棄処分となり裁断機にかけられる直前の古札を奪おうとする大胆なもの。
この鉄のように固いセキュリティーシステムをどう破って犯行を成立させるのかという頭脳戦も見せ場になっている。
結局は逃げる強盗団と特別班との激しい銃撃戦がクライマックスとして用意されているが、本作は最後の最後でもうひと捻り、でもチト無理筋で説得力に欠けるのであまり誰も驚かないだろう。
ニックの奥さんが愛想をつかして出て行くシーンや腹いせに奥さんの新しい恋人の前で離婚届にサインするシーン等々あまり本筋とは関係なく意味のない部分が結構含まれていたので2時間を超える収録時間になってしまったみたい。
もう少し短くピシッと決めて欲しかったものだ。

序盤と終盤の銃撃シーン以外は割と静かに進行する

投稿者:チキンハート 2020年05月19日

感想・内容:撃ち合いメインの荒っぽい作品かと思っていたが、意外と頭脳戦のストーリーだった

対象年齢:中学生以上(残酷な場面あり。多少Hな場面あり)

食事中に見られるか:やめといた方がよさそう

ヒートの模倣版

投稿者:ポポロッカ 2020年03月19日

映画は1995年の作品『ヒート』(アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ出演)を模倣しているとわかります。
頭の良い強盗団とそれを追う警察官チームという設定で、大まかなストーリーの流れもかなり似ています。

25年も違えば強盗の方法も違うので色々と期待できましたが、複数の点で不満でした。

1)警察官側の家族のストーリーを無駄に協調しすぎ
そんなに必要でもない話で、ダラダラと家族のことを表現して何を表現したかったのかわかりません。

2)強盗団、警察側のキャラクターがわからない
両チームともゴロツキ感が出ており、顔、雰囲気が似ているため、銃撃戦で撃たれたときどっち側の人かがわかりづらかった

3)映画が長い
長いです。もっと無駄を省けば良い映画になれたと思う。
最初の方は結構楽しかった。

銃撃戦や銃そのものに興味のある人であれば楽しめますが、それ以外の人にとっては単調な犯罪映画になってしまうでしょう。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する