クリスマス・カンパニーのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
158

観たい人
471

投稿者:ベルサイユ製麺 2019年05月19日

知らない作品でしたし、ジャケのドギツイ色目のごちゃごちゃした感じには期待感が膨らみます。…《これ、相当な珍品なんじゃないか⁈》って。
フランス・ベルギー合作。監督・脚本・主演アラン・シャバさん。このワンマンぶりは益々期待出来るぞ!そう、《珍品》カモン!
…いざ観てみたら、ガックリ。とても良く出来たコメディでした…。なんだぁ。

クリスマスを数日後に控え張り切るマジモンのサンタとその奥さん。マジモンなので赤くはない。緑です。世界中の子供達からサンタ宛の手紙が届いてます。
サンタの国の、サンタのおもちゃ工場はフル回転中!…サンタの国は、大まかに言えばキャンディ王国(アドベンチャータイムの)みたいな感じで、そこに92000人のエルフが不思議な力でせっせっとおもちゃを手作りしているのですが…、突然エルフの1人が体調不良を訴えるとバタン!続いてバタバタと、エルフたちが1人残さず倒れてしまいます。エルフの病気を治すには人間界で言うところのビタミンCが必要!エルフの力無しにはおもちゃを用意出来ない!
背に腹は変えられず、サンタはトナカイのソリ(ハイテク)で人間界に赴く事になりました…。

という事で、人間界でビタミン剤を調達しようとするサンタがパリの街で繰り広げるの珍道中でございます。
サンタはクリスマスの時ぐらいしか人間と触れ合わないので、人間社会のルール(お金の概念とか)や成り立ちがあんまり分かっておりません。それ以前に人間の事も…。更に言えば、お行儀よくプレゼントをお願いする時の子供達しか知らないので、普段の子供達の暴君ぶりを見てビックリ!「ワシ…子供きらいかも…」てな按配です。
パリの街で大弱りのサンタを助ける弁護士のトマ、妻のアメリー、その子供達。ビタミン剤は調達出来るのか?サンタと人間は再び信頼を取り戻す事が出来るのか…⁈

コメディのセンスがドギツい事で知られるフランス×ベルギーですが、今作はテーマがテーマだけにお子様でも安心して見られます☺︎
かと言って子供向け邦画みたいにナメた作りでも無いですし、もう普通に良い出来。人間ドラマは、お子様も理解出来る範疇で正しい事しか述べてない。おもちゃを作る工程の描写もいちいちバカバカしくて最高。カラフルで楽しくて、サービス満点で、エンドロールまで飽きさせません。良い意味でも悪い意味でも言う事無し!強いて言うなら、こんな時期に観るもんじゃねぇだよ…。



…さあ、どうしたもんか。

…皆様のご家庭はどの様なサンタ・システムを採用していましたか?
製麺家では…
①父がサンタに電話をして(いる小芝居をして)「何が欲しいんなら?」とわたくしに聞きます。わたくしが「××!」と父に答えると、父が電話口に向かって「ほんなら××をお願いします」と言って電話を切る
②クリスマス・イブの夜、仕事から帰宅した父が「ガレージに置いてあったで」と普通に玩具店の包装のおもちゃを持って返って来て手渡してくれる
③まだ純真だったわたくしは“ああ、世の中には職業としてのサンタクロースという物があって、電話で欲しい物を伝えるとクリスマスの夜にガレージに配達しておいてくれるのだな、ご苦労様だな”と思い込むことに成功するのです。これは夢と現実のなかなか良い線の折衷策なのではないでしょうか?
因みに程なくして何となくサンタの真実を知る様になってからは、普通に現金をくれる様になりましたよ。ドライ。
サンタさん、また来てくれないかな?
わたくし、おもちゃも現金もまだまだ大好きだよ?1番欲しいのは健康な体!(精神は諦めたよ…。)

投稿者:さきゅ 2019年03月07日

クリスマス直前なのに妖精たちが体調不良でプレゼントが作れない?!サンタクロースのドタバタコメディ。
街中がクリスマスムードにつつまれ、観ているだけでも温かくなるような作品だった。CGの違和感があったがファンタジー溢れるお話なのでそれほど気にならなかった:)

投稿者:kaisuke 2019年02月21日

サンタ世間知らずなのにソリは割と近代的でウケた。

とにかくいい話。


あと仏語って響きが可愛いよね。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

世間知らずのサンタさん、いいね!

投稿者:Yohey 2019年03月09日

やっぱりコメディはフランスのが好きだなぁ。下ネタ頼りのアメリカのとは違うんですね。微妙な場の雰囲気を作り出していて、そういった空気感っていうのかな、面白さがあります。この作品もサンタがクリスマス直前になって事件が起きて、さあ大変!!という、まあよくあるようなネタなんですが、サンタのとぼけた感じがしっくりとはまっていて、いい話になってました。

CGも色々と使われてはいますが、なんでもかんでもCG、という感じではなく、不思議の世界の部分をうまく使っているので違和感なく楽しめました。じゃあ、子どもたちと一緒に観て楽しいかと言われると・・ちょっと難しいかな、って思いますが、ゆっくりと、軽くコメディを楽しみたい人にはいい作品じゃないでしょうか。アメリカ的な下ネタがんがんで笑いをとにかくとろう、というやつが好きな人には物足りないとは思いますけど・・・
クリスマスじゃなくても楽しめる作品です。

クリスマスに愛と夢を

投稿者:hinakksk 2019年01月12日

 時期外れになってしまってちょっと残念なのですが、クリスマスにサンタが主役のキュートで愉快なファンタジーを、というコンセプトの映画。本物のトナカイたちも大活躍。CGと実写を上手く組み合わせてあります。

 物語は、真っ白な美しい雪の世界と楽しくカラフルな夢のあるサンタのおもちゃ工場の場面で始まりますが、クリスマスまであと数日という時に、おもちゃの製造にあたっていたエルフのひとりが病に倒れてしまいます。すると連鎖反応でエルフたち全員がダウンしてしまい、おもちゃの製造はストップ、さあ大変。

 トナカイの引くそりに乗り、特効薬のビタミンCを求めて、サンタは出発するのですが、乱気流に巻き込まれて、パリの街中に不時着陸。人間界の事情に疎いサンタがそれから引き起こす大騒動や、偶然知り合った弁護士トマの家族との交流を、面白おかしく描いています。少々ドタバタが過ぎる気がしないでもないですが、冬のパリの夜空をトナカイが疾走する場面などはとても楽しいです。結末もクリスマスらしく美しくまとめられています。

 エンディングクレジットの途中にある、エルフたちのユニークなダンスや最後の落ちもお見逃しなく。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

メチャおもしろい

投稿者:サンタじいさん 2019年02月04日

またクリスマスに観たい映画が1本ふえた!

レビューをもっと見る・投稿する