マンディ 地獄のロード・ウォリア―のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
1351

観たい人
2300

投稿者:TAKUTO 2019年07月20日

ドラッグと不協和音と不愉快。
芸術性、雰囲気に突出している作品。

キャッチコピーや副題から、もっとぶっ飛んでいる作品と予想していた。
ドラッグ系の映画。

ヨハン・ヨハンソンさんの音楽が映像にマッチしていて、重みを感じる。

投稿者:Alejandro 2019年07月20日

ニコラス復活!!!

ニコラス覚醒!!!
と言わしめる作品

映像もすごい!!
ただスプラッター苦手な人はしんどいかも

投稿者:takanoひねもすのたり 2019年07月19日

武器人間のXYZフィルムなので、ゴアをある程度期待して鑑賞。
音楽はヨハン・ヨハンソン。
ごうーんという重低音に、赤を基調にした画面…軽くトリップできそうな色と音です。

妻マンディを狂信カルト集団によって火刑にされたレッドは、愛用のクロスボウとマンディの灰を混ぜだ手製の武器で、殺した奴等に復讐する話。
 
そもそも教祖がマンディをカルトに加えたかったのだけど、教祖がばばーんと全裸を晒したところマンディさんが大爆笑、ぼかしてあったけど、あれ最初は全おっきしてたのが、45度に下り…いやモノの価値は大小じゃないと思うんですけどね。これみよがしに披露されると、こんなもんかよゲラゲラって笑いたくなるのも分かります。
ま、それが逆鱗に触れて火刑になっちゃった訳です。不憫。

そのあとニコラスがトイレでパンいちで号泣しながら、ジャックを呷るのを止めないところ。
うおあああ→ごくごく→うわああ→ごくごく。
ニコラス劇場です 笑

その後謎のトレーラーハウスに住んでる知人に武器を引き取りにいく。
「カルト集団を狩る」
「シーズンなのか」
分かってる会話だなあ…クールです。

愛機クロスボウとマンディの遺灰を混ぜ込んだオリジナルの斧を持ち、レッドは復讐へ突き進む。

カルト団の前にバイカー3人がヤバめ。
ラバーがぬらぬらしてるし、ひとりはヘルレイザーみたいだし。
しかし意外にもあっけなく退場。
バイカーのアジトでヘンな粉末をひと舐めしたら、レッドは強烈な幻覚に襲われる。
が、そのおかげでカルト団の本拠地の情報を摑む。

トラシャツきてたらトラが出てきた。
トラーーーーーもふりたい!

カルトの本拠地に乗り込み、お口にざっくり、脳天にざっくりと殺りすすめ次はチェーンソー対決へ。相手のチェーンソーがどえらい長くて笑った。しかしレッドはただでは殺られない。
チェーンを利用して奴を始末。

さてあとは教祖のみ。どう〆ようか。

全体的にテンポどこー?な、まったり展開。
2時間ちょっとは少し長いかな…2時間以内に収めてくれればもう少し間延びしなかった気もしないでもない。

ただニコラスの顔芸は抜群で、ジャックをがぶ飲みしながら嘆く姿や、血で真っ赤な顔して目だけがらんらんと白く狂気的な顔とかは、さすがでした。

厨2病的なオリジナルの武器も良き。
あと気になって仕方なかったのは、レッドが着ていたトラシャツ。
本物のトラも出てきたし、何か意味があるのかしらん。

狂気顔のニコラスは迫力だったなあ…スプラッターやらせたらいいんじゃなかろうか…。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

マンディ 地獄のロード・ウォリア―

投稿者:ぴゅうた 2019年07月07日

最初わけがわからなくて観るのを中断しようかと思いましたが、途中から意外と面白くなってきて最後まで観られました。酷評するほどではなかったです。

最近は最低映画量産俳優になってしまった。

投稿者:noribow 2019年06月10日

ニコラス・ケイジは最近はクソ映画ばかり出ています。
そんなに金欠なんでしょうか。

この映画もその一つでなんのこっちゃって感じの内容で、否、内容なんか何もありません時間の無駄の最たるもんです。

意味不明

投稿者:swift man 2019年05月11日

ニコラスケイジの作品だから・・・と選んで大失敗する映画。正直なんだかさっぱりわからん。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する