22年目の記憶のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
630

観たい人
966

投稿者:二 2021年09月18日

役が憑依して突然喋り出すとこにゾクっとした

結局台本読むだけでいいって言うならなんで思想教育までさせたんや…

投稿者:ムーニーズ 2021年09月09日

いや〜ソル・ギョング、すごいなー
そして、老けメイク?が各俳優さん、リアル!

重い話なのかな?と思ってたけど、ちょっとクスッと笑えるコメディ要素なんかもあって、ちょっと感動した一本。

投稿者:かとう 2021年09月08日

金になりきって(この言い方はきっと良くない)周りが引いてるのにベラベラ喋り続けるところが印象的なシーン

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

上質な家族の”愛”のものがたり

投稿者:masatana9 2019年09月11日

オーディションで将軍様になるべく、特訓また特訓。
そして将軍様になった男は最後に最愛の息子のために”父”になる。
上質な家族愛のものがたりだけど、笑う部分もシッカリ押さえてる。
ホント韓国の映画の質は・・・最高かも。

あのカメレオン俳優が今度は金日成になった

投稿者:アクアマリン 2019年07月13日

来たるべき南北首脳会談のリハーサルのために、韓国情報局は金日成のそっくりさんを育成する必要に迫られました。売れない俳優ソングン(ソル・ギョング)に白羽の矢が立ちました。拷問や演技特訓や暴食の末、ソングンは心底から金日成になりました。けれども会談はお流れになり、用済みのソングンはお払い箱になりました。ソングンの心が壊れました。22年後、ソングンは自分のことを金日成と思い込んでいる、認知症の老人になっていました。不純な動機から、息子テシクはソングンと同居生活を始めました。ソングンは記憶を取り戻すのか?息子テシクは父親の真意に気づくのか?コミカルとシリアスの緩急が絶妙です。全編ソル・ギョングさすがの独壇場です。韓国映画は依然としてハイレベルを見せつけてくれました。

国家に翻弄された役者キム・ソングン(ソル・ギョング)

投稿者:なんの因果 2019年07月05日

(2014年製作・韓国)
1972年、南北共同声明が発表される。韓国は初の首脳会談のリハーサルのため
北朝鮮指導者・金日成の役者を秘密裏に探す。

キム・ソングンはその頃、幼い子どもテシクが「お前の父ちゃんはナニやってんだ?」
とバカにされていて、ちょうど「リア王」の代役が回ってきたので、いい所を見せようと
張り切っていた。ところが緊張して上がってしまい、失敗して息子は増々バカにされた。
キムは今度こそと、オーディションに必死にしがみつく。

いやはや、会談のリハーサルのためオーディションして役者を募るなんて、韓国って・・。
しかもその選考基準が恐ろしい。演技はヘタが有利、何があっても口を割らない。
目隠しされゴーモンされても耐える・・国家権力の考える事は、理不尽こそが正義?
ともあれ、キム・ソングンはフイルムやラジオを聞いて必死に金日成の研究をする。
もはや、金日成が乗り移ったような完成度!
しかーーしっ、ナンタルチア、会談は幻に終わってしまう。

物語は一気に22年後を描く。年老いたソングンは記憶を失っているが、自分を金日成だと思いこんでいた。(いやそれだけヒドイ訓練だったのですよ)息子のテシクは、商売不振で借金まみれ、取り立て屋に追われる毎日。
だが、ここからがソル・ギョングの真骨頂だ。さすがの演技から目が離せない。
ソル・ギョングを迎えて凡庸な結末であるわけない。
ジワジワ感動するラストです。ガッツリ、泣いてください!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する