空母いぶきのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
3540

観たい人
4113

投稿者:ハヤシダイスケ 2020年01月27日

なんとなく覚悟はして観たので、脚本の説教臭さは置いといて、致命的にこの監督さんの演出がダサい。観ていて恥ずかしくなるような、中学生の頃だったら喜ぶかも…な場面が多過ぎるのと、若い役者さんの必死なザ・芝居と、力入り過ぎベテランのザ・芝居がリアリティを削ぎ、冷めてしまう。「邦画の割にCG部はなんとか観るに耐えるものだった」なんて事を評価の一部にしなきゃならないなんて寂しいじゃない。。でも本当、同じ感じを繰り返す海戦をなんとか頑張って観せてくれたのと、その辺だけでした。

投稿者:MNRLAY 2020年01月26日

状況は異なるけど日本の危機における対応を官僚中心に描いた『シン・ゴジラ』に対して、こちらは前線にいる自衛隊中心に描かれてて、前線だからこその緊迫感に満ちていた。こんな状況、いつ来てもおかしくないと思える。

今作、いぶきの艦長は攻撃することで守れるものがある、という専守防衛とも政府の思惑とも異なるスタンスで判断していくわけだけど、それが吉と出るか凶と出るかは状況とか相手の出方次第だろうし、現場にいる人の冷静な判断というのは本当に大切だと感じた。外野が断片的な情報だけで好き勝手言うのとは責任や覚悟の重さが違うね。

投稿者:けいた 2020年01月26日

世論的には意外にも評価低めなのかな?
フィクションではあるけど、今の日本の立ち位置とか考えると
今だからしか伝わらない、今だからこそ発信できる映画のようにも思えました。
個人的には内容だけでなく、ハラハラ感もあり楽しめる部分もありました。
原作みていないので、その評価は抜きです。
点数での評価は難しいですな。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

やっぱり観るんじゃなかった

投稿者:ラストシアター 2020年01月22日

つまらない映画だな

戦闘映画で、全く緊迫感がない

何と戦ってるのかが分からない

戦ってる相手が見えない

いつもにやけてる艦長

緊張感の無い政府

迫力のない戦闘シーン

何のための記者とデスク

意味不明のコンビニシーン

文句をあげたら切りがないね

久しぶりに酷い映画を観たな

見る価値ないね

^_-☆

原作と違いすぎ

投稿者:ぴか 2020年01月19日

原作と違いすぎ。
原作では中国が敵国なのに、映画では中国が国連軍の一員として
日本を助ける。
どうなってるの?
戦闘シーンはスピード感があって良い。

3

投稿者:1か3か5です。 2020年01月19日

3

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する