サムライマラソンのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.9

観た人
2270

観たい人
3080

投稿者:TooL 2020年11月24日

なかなか時代ものは緩急があまりないから盛り上がるまでは退屈だったかなぁ。

ほんと急に盛り上がり出すからビックリする笑

もっとほんわかストーリーと思ったら、けっこうまじめ。
あの手この手のマラソンドタバタを期待してたからちょっと期待はずれたけど、まぁこれはこれで楽しめた。



ただ「遠足(とおあし)」と言う言葉があるということは本当にこれが日本のマラソンの発祥なのかどうかは微妙やない??

投稿者:sujiko 2020年11月22日

監督が外人で出演陣がとても豪華という前情報しか知らずに視聴。
勝手に牧歌的なイメージ持ってたら、PG12作品らしく、もののけ姫並みに首が飛ぶ。
森山未來の馬上での筋骨隆々な姿に見惚れる。
内容的には佐藤健がハードボイルドギャグ並のうっかりさんだったためにしでかしちゃった感があるんですけど、どうなんでしょ。

投稿者:Kie 2020年11月15日

歴史のできごとは現在のわたしたちにとって、少なくとも映画の影響があるから、こんな歴史もあったかもしれないという自由な視点で撮影されたと聞いて観たら、ものすごくスーッと入ってきた。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

現在の当たり前のことの裏には

投稿者:いなり山 2020年08月12日

思ってたのとだいぶん違っていたけど、予想以上に楽しめました。

ベテラン武士とこどもの掛け合い、これからの時代の女性の見本みたいな姫様、首を切るのもこの時代ありだろうなあという感じ

血なまぐさいマラソンでシラけた

投稿者:勇光 2020年08月07日

面白かったのは出だしだけ。浦賀に来たペリーが英語を話すと、オランダ語しかわからない通訳が困ってしまうシーンだけは笑えた。が、あとはつまらなかった。

全体に群像劇っぽいつくりになっていて、小さなドラマをいくつか並行して走らせるつくりになっているのだが全部が中途半端。
まず、マラソン大会を主催した安中藩の殿様の娘が家出をしてマラソンに参加していたが、なんでそんなことをしてるのかよくわからなかった。
それから、公儀の隠密がマラソン大会を反政府運動と勘違いして間違った手紙を公儀に送り、それが間違いだと気づくと、安中藩主をまもるために公儀が送ってよこした刺客たちをどんどん殺すのだが、これもよくわからなかった。本籍は公儀なのだから刺客を助けるのがスジなのに、なんでや・・って話。この件はいくつかのドラマのうちのひとつというよりメインのストーリーとなってしまっているのだが、泣かせどころがないうえに溜飲が下がる話でもない。
また、優勝候補の若者が弓で太ももを射られているのにそのまま走り続けて先頭グループに混じってゴールしたり、肩を鉄砲で撃たれた姫さまが痛そうな顔もせずにケロリとして走りつづけるのもいかがなものかと思った。
あと、竹中直人が年齢制限をこえた歳なのにさしたる理由もなく知人の子どもと一緒にマラソンに参加していたが、これもドラマにはなっていない。

もっとマラソンに集中して、だれが勝つかとか、和式の走り方と洋式の走り方でどっちが有利かとか、皆から完走は無理だと言われていたオンボロ侍が根性を見せるとか、そういう話にするべきだったと思う。人情ドラマを入れたければ、それこそ貧乏な下級武士が隣家の病気の子どもの薬代を稼ぐために一攫千金をねらって走るとか、そういう美談を入れるとよかったろう。で、ナマイキな家老の息子を負かして溜飲を下げるというようなストーリーの方がずっとよかったと思う。

ちなみに、和式の走り方というのは、右足を前に出すときには右手を一緒に前に出す走り方で、これだと着物が着崩れないうえに腰をひねらないので長く走っても疲れづらいそうだ。

面白かったです。

投稿者:スヌーピー 2020年05月29日

出演者が豪華で驚きました。最初ストリーが少しわかりづらくて戸惑ったのですが見ているうちに段々と面白くなってきました。出演者の演技も良かったです。佐藤健さんが主役だけど一人だけが目立つって感じではなく全員が主役のような感じがしました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

あまりにもB級映画

投稿者:CASSHERN7 2019年07月30日

『超高速!参勤交代』のようなストーリーを期待していましたが、他の方のレビューもあるようになにも盛り上がりもなく、感情移入もありませんでした。
映画館で観なくてよかったです。

レビューをもっと見る・投稿する