九月の恋と出会うまでのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
1989

観たい人
4077

投稿者:hawaianCT 2019年10月17日

SFの設定が必要だったのか、わからないんですが、それがないと興行が成り立たないレベルの普通の恋愛映画です。
作り手の力の入れ具合もソコソコ。

でも高橋一生さんと、川口春奈さんはとても素敵な人達ですし、役柄もイメージ通り。コートも似合うし、見栄えもとても良いです(東京なら9月はtシャツですが)。
そもそも高橋一生さんの普通の恋愛ものって、何かとても貴重。

彼女を救う運命の相手を探しながら、急速に惹かれ合うふたりの物語。

何が楽しいって、異性と惹かれ合っている時だと思うので、まあとても微笑ましい映画です。

投稿者:Nちゃん 2019年10月16日

あるマンションに引っ越してきた志織は、新しい部屋で「こちらは1年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」という不思議な声を耳にする。
その声は強盗殺人に遭うところだった志織を助けるため、未来から届いた誰かの声だった。
志織からこの不思議な出来事の相談を受けた小説家志望の隣人・平野は、志織が本来遭うはずだった強盗から助かったことにより、タイムパラドックスが生じてしまうことに気がつく。
それは過去の出来事を変えたことで、1年後に志織の存在が消えてしまうことを意味していた。


時々、ん?と思うところがあるけど、まあそこは無視するにしろ、タイムパラドックスが起こっている説明に無茶がありすぎるし、最初から平野がシラノになるという展開に分かっていながらも無茶がありすぎるんよなあ。
こんな小説絶対おもしろくないだろ笑

タイムパラドックスになる瞬間一瞬ファンタジーちっくになるのもダサい。

でもこの映画はかわいい川口春奈が最初から最後まで堪能できるのが最大の見所かもしれない。まじでかわいい。天使。

投稿者:美紀ちゃん 2019年10月16日

andropの曲が染みる。ストーリーにあのうっちーの声がジャストマッチしていてテーマソングが最高でした。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

「物語はその恋を見つけた日から始まる」

投稿者:hinakksk 2019年10月09日

 運命の人と出会って恋をする、きっとそれは奇跡なのだ。所々、音楽が大げさで盛り上げ過ぎな演出はあるけれど、とても爽やかで清々しいラブストーリー。

 ファンタジー、タイムトラベル、サスペンス、三角関係、等々、少しずついろんな要素が混じっている。けれど、利他的な愛は美しく、時を超えてきらきらと輝く。

 相手を想う純粋な気持ちが奇跡を起こす。平野の、彼女を思いやる本気の男気が、潔く、切なく、とても格好いい。

3

投稿者:1か3か5です。 2019年09月28日

3

投稿者:ネットレンタル愛好者 2019年09月21日


レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する