ラ・ヨローナ ~泣く女~のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
2692

観たい人
3570

投稿者:Bee 2019年10月16日

ゾクっとする怖さです。
ビビリなので何度か驚きました‥苦笑

しつこいのと狙った獲物は逃さないという感じで付き纏ってくるので、その怖さもあります。
元神父さんの「じゃじゃ〜ん」
ちょっとクスッとしました。
お母さんのごまかしにノリを合わせてくれたのかなと笑

怖くないってコメントも多いけどウチ的にはあれでも怖い方に入るかと思う。

最初の息子2人を殺すのは何気にゾワっとしました‥。
白いレールで顔が隠れてるせいなのか、そのシーンが不気味に感じた。

投稿者:anguish 2019年10月15日

ラ・ヨローナ、浮気に腹を立て夫の大事な、自らの子供を溺死させる。それでも飽き足らず、悪霊になってデビュー。

主人公の家族が反抗的で登場人物全てポンコツ。ある程度ホラーを観ていたらストーリーはあるあるでもの足らず、怖くない。伏線があった事を後で思い出したがそこだけ「おー」と思った。そんな服で来たんかい。

投稿者:エアール 2019年10月15日

あれ?アナベル人形じゃん!!
あれれ?神父様が言う心霊現象の専門家ってもしかしてウォーレン夫妻か??
なるほど…ジェームズ・ワンがプロデューサーとして参加していると知って
ここの繋がりはそういうことかと合点がいきやした。


中南米に語り継がれる、
日本でいうところの”口裂け女”とか都市伝説のような類になるのかな
メキシコ発祥の古くから伝わる怪談話
”哀しきヨローナ”を題材にしたホラー作品になります。

諸説あるようですが
劇中で語られる伝説ですと
すすり泣く”ラ・ヨローナ”の呪い
ということで…
ーー”ラ・ヨローナ”の意味は”泣く女”
メキシコのとある村にて
村で評判の美しい女が
村を訪れたハンサムな牧場主と出会い恋に落ちる。
互いに一目惚れをした2人は
村人の反対を押し切って結婚し
その後2人の子宝にも恵まれる。

がしかし女は知ってしまう、
夫が若い女と浮気したことを。
嫉妬に狂った女は
愛する我が子を川で溺死させる。
夫のかけがえのない宝物である子どもを奪うことで
絶望を味あわせるために…

我に返った女は
我が子の死体を目の前に愕然とし
冷たくなった体を抱き寄せ泣き叫ぶ。
そして同じ川で自らの命を絶ったのである。


この日から女は
失くした子どもを探し
すすり泣きながら彷徨い続けている。
そして見つかった子どもは
死んだ子の身代わりとして連れ去られてしまう、のだそうだ…
”良い子にしていないと※※が来るぞ”
ってきな、笑
子どもを躾ける時に親が言って聞かせる話として有名なお話らしいですね。


本作では
1970年代のロサンゼルスを舞台に
児童相談所でソーシャルワーカーとして働く、
2人の子をもつシングルマザーのアンナが
担当する家庭の子どもが不可解な死を遂げたことをきっかけに
ほどなくして女の”泣き声”を
母子ともに聞いてしまう、と。。

その日を境に
不可解で恐ろしい現象の数々に見舞われ
追い詰められていくアンナや子どもたち、クリスとサマンサ。
身の危険を感じ教会へ助けを求めたアンナと子どもたち、
そこで神父より語られたのは
呪われたすすり泣く女”ラ・ヨローナ”の存在だった…

元神父で、教会より追放された呪術医 ラファエルの協力も得て
嫉妬により人間から殺人鬼、そして悪霊へと化けた”ヨローナ”を相手に
立ち向かうことを決意するアンナと子どもたちであるが…


溺殺魔 セバスチャン・ドナーを思い出すな〜
奴は本当に水のあるところからしか
出現しませんでしたけど、
そういう意味では今回の”ヨローナ”はもうちょいタチが悪い。
水たまり、プール、浴槽、
水を連想させる場所でもちろん出ても来ますけど、
家の中とか、水と関係のない場所でも
昼夜問わずに出てきますからね〜
なかなかの強者です、笑


意味深な、まるで呪文のような言葉を発しながら迫り来る、
つかまれた腕には痛々しい火傷のような痕、
白いドレスを見に纏ったずぶ濡れの女、
すすり泣く声、
子どもを支配し溺死させる、…
ジワジワときますね〜恐怖が、笑


主人公 アンナにリンダ・カーデリーニ。
「グリーン・ブック」や「ハンター・キラー」など
ここ近年で良作に続々と出演してる女優さんですね。
それからちゃっかり気付いてしまったんですが
アンナがケースワーカーとして携わるアルバレズ家のママ パトリシアにはパトリシア・ヴェラスケス!!
我が子らを”ヨローナ”から守ろうと
必死に隠していたんですけどねぇ〜
残念ながら攫われてしまうママさん役でしたね。
「ハムナプトラ」では美女 アナクスナムンを演じていたのが印象的でしたけど、
こう久々に別の作品で観ると
いろんな意味でショックがね、笑


嫉妬から我が子を失った哀しい女の物語というのが
やはりインパクトがデカくて
個人的にはホラーというよりも
人間味のある切ないお話だったな〜という印象です。

アンナ、ラファエル、クリスとサマンサの勇姿もあって
終盤の対決はそれなりに見応えもありますので
エクソシストではないですが、そっちが好きな方も
楽しめちゃったり…なのかな!!
おそらく、笑

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

子供たち、勇敢でした。

投稿者:メーテル 2019年10月14日

エクソシストっぽいお話。
子供たち すごく頼りになって
悪霊を追い払いました

うーーーん

投稿者:ヤブ医者どんべえ 2019年10月12日

物理攻撃で死ぬ悪霊・・・。

LLORONA

投稿者:Goose 2019年10月12日

怖さは死霊館のシスターとかMAMAの方が上かな。
頼みの呪術師はいまいち力不足というお約束、狙われてる最中にお人形さん取って来なきゃ!と足を引っ張る子供にイライラ度MAX、結局最後は母親の手で〆とこの手のホラーではストーリーも平凡。
ちなみに一番驚いたのはヨローナの生前の素顔。大変申し訳ないが村一番の美人だった・・?

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

貞子・さだこ・サダコ・・・・・・ラヨローナ

投稿者:いもちゃん。 2019年09月07日

面白かったです。

ハッピーエンドなの?
ほんとうに
ハッピーエンドなの?!

レビューをもっと見る・投稿する