ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.9

観た人
66885

観たい人
66108

投稿者:ココア子 2020年11月01日

シャロンテート事件の話だと思ってたので
車が邸宅に近づくと

くるぞ、くるぞ、とドキドキしたが
あっ、そっちなのねってことで

それはそれで良し

投稿者:ShunsukeAkima 2020年11月01日

タランティーノ風、ハリウッドのおとぎ話。そう、これはあくまでおとぎ話!(見終わってから解説ぶち読んだ)
事実としてある「シャロン・テート殺人事件」を基に落ち目の俳優とその相棒のスタントマンの再起と友情を描き出す。
ディカプリオがはまり役です。情緒不安定な所とか悪態つく所とか見ていてなんだか爽快。そして一見無口なブラピのかっこよさが最後までほとばしってます。
それだけでも見ていて面白いけど、やはり事実にフィクションを織り混ぜて、おとぎ話を作るというタランティーノ監督の作風に脱帽です。最後にばちっとタイトルを出す所も個人的には好きなところです。
ブルース・リーのシーンとエンディングロールはウケました。
西部劇をまた見たくなりますね。
マーガレットクアリーが美人でした。

投稿者:KiyokoWatanabe 2020年11月01日

見始めて直ぐに止めて、シャロンテート事件を検索。止めてしまったけど、事件を知ってから観てよかった!

映画好き好みの映画。
伏線を回収するストーリーとラストに興奮。そしてホッとしました。

ディカプリオのプールでビックリするシーンは見れてよかった(笑)最高(笑)
リックが憎めなくて可愛くてよかった。

ブラピ、やっぱりカッコいいー♡
何しててもカッコいい。
50代であの色気、やばいです。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

一度たりとも笑えませんでした

投稿者:かつ 2020年10月13日

2019年 アメリカ・イギリス製作映画
原題:ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD

やっと重い腰を上げて観ましたが、とにかく長かったです。
100歩譲って長くてもいいから観ていてこの話は何処へ向かうのか観ているこっちに親切な作りであってほしいと、そこが残念でした。
要素が散らばり過ぎて何を軸にしているのかも良く分からず、ブラット・ピットとレオナルド・ディカプリオの二人も個性がぶつかるせいか、どっちがメインになの?と混乱します。落ち目のハリウッドスターとそのスタントマン。
観ていて、だから?それで?とつい突っ込みを入れたくなった。ハリウッドの黄金時代の様々なシーンは懐かしくもありましたが、後味を悪くしたのが
シャロン・テート事件。この事件をまさかのコメディ要素のある作品に挿入していいものなのか疑問が残るし、配慮を欠いたのではと思う。
音楽も32曲とふんだんに使っているようですが、これ!というインパクトのあるテーマ曲がなかったのも残念。
結局は色んなテレビドラマや映画のシーンが出てくるからかもしれません。スティーヴ・マックイーンを演じたダミアン・ルイスに関してはコメントを控えますが、あの「大脱走」の映画のシーンが合成で使われたのは良くも悪くも複雑な心境になりました。
DISCASさんの括りはコメディとなっていますが一度も笑えなかった。
始めて観る方はシャロンテート事件をベースになっているという事を加味して心構えを!

凝りに凝った映画ですが、我慢も必要

投稿者:mn 2020年07月19日

シャロンテート事件とかヒッピーとか、マカロニウェスタンが流行った時代のことなど知らないとついていない映画ですかね。特にTVに映画が食われたことにも哀愁を感じる世代でないと。リアルタイムで経験しているとしたら70歳代前半の方でしょう。それより若い方にはかなりの解説と我慢が必要な映画です。さて細かいところに凝りに凝って作られた映画です。最後の迫力は前作ヘイトフル8よりパワーアップしています。全体に評点低いのは仕方なし。私には十分に楽しめる映画でしたが、タランティーノもそろそろ行き詰まりかな?

期待しただけに、

投稿者:いわし 2020年07月08日

ほんとに残念な内容でした。

ストーリーが無く、
盛り上がりも無く、
感動もひねりも無く、
延々とたいくつな男二人の会話に付き合いました。

中盤過ぎからは早く終わって欲しいとさえ思いました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する