「ひとよ」のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.8

観た人
8567

観たい人
15930

投稿者:Yosuke 2021年02月25日

15年前、家庭内暴力を振るう父を殺した母、日々の嫌がらせや犯罪者の家族というレッテルを貼られて生活をしてきた子供達の今

時は15年前に止まったままだった

見ていてとても苦しかった

簡単に人のことを調べられる昨今、
ネットで騒がれ
落ち着いてもまた何かで騒がれる

例えどんな理由であろうとも
犯罪を犯した家族は生きてゆけない

私自身の中で、この映画の余韻を見てしばらく時間が経った今でも引きずっています

投稿者:虎吉 2021年02月23日

あの殺人は、
善だったのか悪だったのか…
という言葉が、耳に残った。

最後の蔵之介さん親子のくだりは必要だったのかな?

投稿者:hmsuga 2021年02月23日

田中裕子さんはじめ出演者の熱演は素晴らしかったがただただ不幸な家族の葛藤を描いた作品。
途中やめようと思ったけど頑張って観て、最後にやっと光が見えた。
でも好きな種類の作品ではないなぁ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

この家族が特殊とはいえないが

投稿者:bell 2021年02月15日

 世間の風当たりや自分たちのジレンマを、この家族はいつも他者のせいにしていて、そんな自己中心な無関心さに、観ていて苛立ちを感じてしまう。
 母こはる(田中裕子)が万引きをしたときの社長の台詞が面白かった。「くだらなくても間違ってても巻き込まれてやれよ。こうやってしか気持ちを伝えられない人でしょ」相手を責めるよりも、相手の気持ちに乗っていけるくらいの余裕もときに必要なのだろう。
 子を思う親の気持ち、親に伝えられない子の気持ち。親と子のそんなギャップはいつも在りがちで、それは時間が経たなければ、わかり得ないことでもあるのかもしれない。
「自分にとっては特別なだけで、人にとっては何でも無いんですよ。それでいいじゃない」母こはるの台詞が人と人をしっかりと捉えてくれた。
 この映画は、特殊でも何でもなく、親子間の断絶や介護疲れによる断絶など、追い詰められた人々をクローズアップして映す。それはメッセージとして痛々しく伝わってくるけど、逆にメッセージを詰め込みすぎて、全体的に窮屈な感じがした。こんなに複雑に絡めるなら、殺された父親の背景も知りたいし、もっとゆったりした作りでも良かったのではないか。それに田中裕子ファンとしては、役柄とはいえなんだか可哀想な気がしてしまった。★★★☆

ひとよ

投稿者:かりん 2021年01月26日

田中裕子が好きでみました。

嫌いじゃないけど

投稿者:なおくん 2020年11月19日

兄弟に見えないのよw
遺伝子引き継いでないでしょ? とつい言いたくなるほどw
引き込まれなかった原因これかぁ。。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する