ドッグマンのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
2429

観たい人
5891

投稿者:ANT 2021年07月24日

「動物は殺したらダメ」とか「友達は裏切ってはいけない」みたいな極端な善悪の判断はつくけど「自分を利用してくる人との縁は切っていい」とか「盗みを働いた友人のおこぼれをもらってはいけない」みたいな繊細な道徳観が薄いせいで悪人にも善人にもなれない主人公の感じが非常にリアル。

全方位にいい顔したいせいでどの派閥にも属せない人が一番不幸なのかなと思った。この監督が実際に何を伝えたかったのかは知らないが、自分の立場をハッキリさせられないとこうなるよ、と警告されている気分になった。今後板挟みになりそうになったらマルチェロの最後を思い出して我に返ろうと思う。

投稿者:sumiremami 2021年07月21日

ドッグマンってそういう事…?

ここで終わらないでお願いと思ったところで終わった。

映像としての世界観は好きだけど、思った感じとは違った。。

投稿者:jeansa 2021年07月12日

That was good.
Remind : don't be friend with bad guys!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

あなたならどうする?

投稿者:daichan 2020年08月23日

最後までドキドキしながら見た
大好きな犬の仕事、可愛い娘、友達でもあり客でもある隣人たち・・・大切なものに囲まれたマルチェロの人生に、シモーヌの圧倒的な暴力が忍び込んでくる「俺たち友達だよな?」ドラッグを無心し、盗みの片棒を担がせ、怪我の治療をさせる、あげくのはてに隣家へのバレバレな盗みの手引きまで・・・報酬らしい報酬もなく 不条理である モヤモヤする しかし反抗しても軽くひねられるだけ、遠くへ逃げることもできない もし自分だったら?もっと器用に立ち回れたか?
やっぱりマルチェロと同じようにしか行動できなかったのではないか?

ドッグマン

投稿者:ぴゅうた 2020年07月16日

最後まで飽きずに観られましたが、主人公に感情移入できないので、もう少しだけ魅力がほしかったです。

彼は、"ドッグマン"なのか

投稿者:ラストシアター 2020年04月21日

イタリアの寂れた田舎町で

乱暴者の大男が町を暴力で支配していた

町のチンピラヤクザみたいな存在だな

大男は、犬のトリミング店(ドッグマン)の
気弱な小男を脅してやりたい放題

お互い唯一の友達と呼べる存在だった
 
だが、小男にがまんの限界がくる

自分のため、町のためと思った

だが、虚しさしか残らない

そんな小男をマルチェロ・フォンテが見事に演じて

2018年カンヌ国際映画祭男優賞を受賞した

納得の受賞だと思う

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する