ロボット2.0のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
622

観たい人
1487

投稿者:ヒー 2020年08月06日


前作の方が面白かったです。
チッティが、登場するまでが、微妙に感じましたが、助手のニーラの活躍や意味のわからない使い方のCGを使ったアクションシーンなどは、面白かったです。環境問題や、スマホによってのくだりはあまりいらないと感じました。インド映画のよくある歌のシーンが、あまり今回は、無かったで、少し残念に感じました。続編あったら
観たいです。

投稿者:おシゲ 2020年08月01日

ちょいちょい主人公側の方がやってること悪役じゃねーか!ってツッコみたくもなる。ただスーパースター、ラジニカーント様の前ではそんなもの関係なし!!
勢いとエネルギーそして少しのメッセージ性が絶え間なく押し寄せて来るから疲れてるときは観ない方がいいです。万全の体調で観るべし。

投稿者:rrrrry 2020年07月31日

試写会イベントで観たのですが、アクションスゴい、荒唐無稽、めちゃくちゃ面白い映画で☆5としたかったのですが、前作「ロボット」のテーマ性が素晴らしかっただけに、どうしても物足りなさがあった。前作が良すぎた。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

なんじゃこりゃ

投稿者:サラナダ 2020年06月06日

ふざけた映画でしたがアイデアが面白かったです
途中ちょっと飽きてしまいましたが
なんとか最後まで観れました。
最後にインドらしくダンスがあるんですが
これが下手くそでとても笑えました。

機械仕掛けのラジニカーント

投稿者:恋次郎 2020年04月04日

AIとの対決で破壊されたティッティが復活します。
今度の敵は怨霊となったバードマン。
監督の執拗な中2病のイマジネーションは前作に続き爆発です。
特にスタジアムの戦いからラストまでは息をもつかせぬ展開。
CG合成がすごいです。特にカメラワーク。
歌とダンスがお好きな方はエンドロールでたっぷりどうぞ。

環境問題おりこみつつ、怪鳥vsロボット(ミニロボ付)

投稿者:くまげらの森 2020年03月14日

カラスが群れ飛ぶ夕暮れ、一人の男が鉄塔によじ登る。
「神様、お許しください・・」
(すわ、飛び降りるのか?と思ったら、縄をかけて首を吊りました・)
この人は誰なんでしょう?
場面が変わって、インドの街から、人々の手からすべてのスマホが空中に吸い込まれた。
無数のスマホは合体して、一羽の巨大な怪鳥モンスターに変化し、人々を襲い始めた。
スマホの数もすごいが人の密集度もすごい。さすがインド。そして、・・・
通信大臣は、体内でスマホが爆破して木っ端みじん!
携帯業者はノドを詰まらせてお腹が発光してピカピカ、悶死。

この事態に、ついに登場したのが、ラジニカーントが二役の、パシー博士とロボットの『チッティ』。
今作は90億円の製作費を投入、3000人以上の技術スタッフが参加。
そのかいあって、CGを駆使した映像は、迫力があり細かい所まで美しく、芸術的でさえある。
おまけに、インド特有の「よくわからない展開」という要素もあって、笑いにつながる。
サッカースタジアムで怪鳥とチッティが戦うのは見せ場なんだろうけど、確かにアゼンとするが、
あのチッティが大増殖して、団子状態になってサッカーボールに変化するのはなんの意味があるのかと思った。
そしてやたら長い。怪鳥見飽きた。バトルシーンがいつまで続くんだ!

しかし本作はインド・エンタメ映画らしくもなく、社会的問題を詰め込んである。
いわゆる電磁波問題。電磁波が渡り鳥などの感覚に影響して、鳥が死んでしまうという。
『鳥を救え、携帯を使うな!』と訴えても人々は使う。
なので、最初に登場した男は自殺して負のオーラをまとい、怪鳥になったらしいです。
(でも、いまさら感強くて。何もインドが今それ言うか?ねぇ。)
増殖するロボット3.0も可愛いし(一体ほしい)
ニラー役のエイミー・ジャクソンが可愛くて素晴らしい、釘づけ!(一体ほしい。無理か)
特に得るものもないけど、面白い映画ではありました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する