シグナル100のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.7

観た人
1087

観たい人
2601

投稿者:LEGION 2020年07月02日

高校のあるクラスが担任に100の決まった行動を取ると自殺してしまう催眠をかけられ、それぞれが生き残ろうとする物語。
この系統の映画では生き残りのサバイバルをさせる目的を明確に提示するべきだけどこの作品には全く映画内での行動の真意が不明なので映画を理解しにくかった。説明される理由もあるけどなぜそのような結論に至るのかと思う場面が多々ありほとんどが理由≠行動になってる。それに加えてほとんどの登場人物に人間らしさを感じなかった。普通死に人間が追い込まれた場合、安易に行動が取れなくなってしまうはず。どんな行動が自殺する催眠になるのか分からない状況下で果敢に勇敢な行動を取る人には「もともと自殺をしようとしてて生きることを諦めていたから行動できるのか」と思っていたけどそういうわけでもなくて全く登場人物に感情移入出来ず楽しめなかった。
自殺する催眠にかかる百個の条件の定義が曖昧すぎる。例として〇〇に触れるという条件ではその〇〇を布の上から触れたとしても条件を満たしてしまうのか。そういう点も踏まえて登場人物が騙し合うわけだけど単純に高校生とは思えないほど頭が悪く見てられないほどに見苦しい。
大枠のストーリーを固める素材の作り方が雑すぎて映画がつまらなくなっている。楽しめるとまではいかない。

投稿者:ニーナ 2020年07月02日

シグナル100個もいらんwwww

だったらちゃんと1つ1つ何があるか見たかったのにちらっと見えた中にあった1つが"下着姿で土下座"ってゆう。
イジメでもない限りそんなんわざわざやる奴いないわ!w・・・て事は周りが集団で協力し合って裏切り行為が始まり1つ1つやらせるって事?!(それはワクワクする)
と思ったら指差しのみという弱さ。笑いしかない。酒もどこから持ってきた?他のクラスの生徒ゼロもという奇跡。
とにかく死に方がパーリナイ↑↑
88分だからテンポ良く死んでくし自殺が多種多様でそこだけ飽きなかったかな。

せっかく友情で少しはこの映画の良い所が出てきたっていうのに最後のシーンで全部台無し!
橋本環奈も私なんでこんな事してんだろとか思いながらやってたはず。だって意味不明だもん。デーモン閣下かと思ったもん。デーモン閣下なんも悪くないのに(何の話)

和田の狂気っぷり好き。この手の映画はみんな最後男らしくて好き。

投稿者:kazata 2020年07月01日

"シグナル"繋がりで、以前1巻だけ原作漫画を試し読みしたことがある本作をウォッチ。

『バトル・ロワイアル』をスケール・ダウンさせて、かつ社会的なメッセージ性や風刺を排除して、単なるサバイバルゲーム化したヤツ……ってことは「まぁそうなるよね」的なところに落ち着く橋本環奈万歳映画でした。

(栗山千明っぽいキャラもちゃんと出てくるしね…)

集団催眠で共通の自殺トリガーを仕掛けて(しかも100個も!)超人的な能力まで発揮させることがそもそもできるのか…なんて無茶な設定に対しての無粋なツッコミは入れないけども、、、どうせなら自殺トリガーは各個人に固有性を持たせて(主役含めて個性が埋没しちゃってるから)、それぞれの死と関連づけた方が良かったんじゃないかな。その方が青春映画に必須な成長も描けるし……
(ってか関連づいてるものとそうじゃないものがごっちゃになっていて雑な印象なんだよね…まぁこの辺は原作の問題かもだけどさ)

(まぁ明らかに一人目の催眠のかけ方は非現実的な演出だから、そもそもリアリティーレベルはかなり低いんだけども)

…とは言えいろいろ破綻しているのも事実なんで、その破綻っぷりを楽しめればまだ良かったんですが、、、でも決着のつけ方は雑&頭悪すぎでしょ!!

(自殺トリガーの"泣いたらアウト"と"10秒以上見つめ合ったらアウト"はみんな連発しまくってる気がするけどね…)

(『鈴木先生』の"神田マリ"こと工藤綾乃ちゃんが唯一テンション上がるキャスティングでした)

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

他のネタバレサイトで見たら分かる

投稿者:こぶた 2020年06月26日

私としては、全員生き残れる答えたがあったらなあって
橋本環奈が出てるって事で分かるよね~

男子サッカー部員同士が仲良しです…

投稿者:コタロウ(!) 2020年06月26日

樫村(橋本環奈)たち36名の生徒は、教師・下部の催眠に罹ってしまう。
彼らには『特定の行動(シグナル)をとったら自殺する』という暗示がかけられた。
しかも、シグナルは100個もあるという。
「泣く」「携帯を使う」などのシグナルで自殺する者を目にして狂乱する生徒達。
下部は「自分以外の全員が死ねば、催眠は解除される」と言い残して自殺する…

男子生徒・和田の「100のシグナルのうち50がわかった」という発言を端緒に、
生徒達の間に対立が生じる。
ちょっと高見広春の「バトル・ロワイアル」を思わせる展開。

舌を噛み切ったり、電球を咥えたりと描かれる自傷行為の数々にはハウッ!となる。
しかし、印象に残ったのは「蒼汰、愛されてんなー」だった…
蒼汰、桐野、西園寺、藤春のサッカー部員同士の絆が固いw
なんなら敵役の和田ですら蒼汰が気になって仕方ない感じなんですけど…
毅然とした素敵なヒロイン・樫村は、蒼汰に守られる必要が生じない。
蒼汰が全力で守っているように見えたのは、西園寺だった。
「聖也!」なんて呼んじゃってさー…
ヒロインは「樫村」って名字呼びなのに…

竹葉リサ監督作品。
グロテスクなシーンに汚らしさがなくていい感じ。
無惨に死んだ人物の死に顔が安らかだったことも印象が良い。

価値観

投稿者:げろんぱ 2020年06月21日

価値観は人それぞれです。この映画を見る価値があるのか?と問われたら少なくとも自分は見る価値なし。と答えます。
ただただ、ムダにクラスの生徒が1人になるまで死んでいくだけの映画です。
主演橋本環奈。はい、生き残ったのは誰だかおわかりでしょう。見たい方はどうぞ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する