オフィシャル・シークレットのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.8

観た人
1321

観たい人
4578

投稿者:Adele 2021年05月15日

キーラのファンなのですが、期待しないで鑑賞したら、その通りでした

実話を元にしているから、淡々と進むだけで、少し盛り上がりに欠ける感じ…

主人公のキャサリンは旦那さんや友人、弁護団に恵まれたからよかったものの、そうじゃなく終わった人達も大勢いるわけで…

2003年のイラク攻撃に至るまでの詳しい経歴は詳しくは知らなかったので、正直、途中ちんぷんかんぷんになる時がありました

しかも、あれだけ苦しませ、振り回しておいて、何?あのラスト???
すごいびっくりしたし、拍子抜け…

豪華キャストを無駄遣いというと言い方悪いですが、多少そんな風に感じました

投稿者:ゆこちん 2021年05月15日

最初は感情的になってリークしたいともちかけておいて後日やっぱり取り消したいなんて軽はずみ過ぎじゃないの‥と思ってしまった。

周りをしっかりした人達に守ってもらえて良かった〜

投稿者:Rodriguez 2021年05月14日

キャサリン・ガン事件。
イラク戦争に際するノンフィクション。
リーク自体は軽率だが非常に勇敢な女性の信念に一票。
フセインへの武力攻撃は大量破壊兵器の有無に関わる事をマット・デイモン主演の『グリーンゾーン』でも学んだが、一方では政府の裏工作も存在していたのか。
キーラ・ナイトレイの迫真の演技とレイフ・ファインズの安心感。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

実話作品としても、サスペンス作品としても素晴らしい

投稿者:ラストシアター 2021年05月08日

2003年、イラク戦争の開戦直前に起きた英米政府を揺るがせた世紀の告発事件の実話

英国の諜報機関GCHQで働く女性が米国の諜報機関NSAからイラク攻撃の米国の違法工作を知る

真実を告発する緊張感の展開に引き込まれる

サスペンスとしても完成度が高く素晴らしい

国家機密より、ずっと大事なこと!!

投稿者:カマンベール 2021年05月07日

2019年(イギリス/アメリカ)監督:ギャビン・フッド
イラク戦争開戦前夜にイギリスの諜報機関に勤務する女性が取った行動の実話です。
女性の名前はキャサリン・ガン。
まだ30歳足らずのGCHQ(英国諜報機関)の中国語分析官。
ガンは2003年アメリカのNSA(アメリカ諜報機関)よりきたメールに衝撃を受ける。

それは米国ブッシュ大統領が、イラク戦争開戦するために国連の支持を得るため、途上国の票を集めるための違法工作の依頼メールだった。

イラク戦争が起これば罪のないイラク国民が犠牲になり、イギリスの兵士も命を落とすだろう!!
《国家機密を守るより、国民の命、イラク人の命を守りたい》

キャサリンはリークを決意し、実行する。
2週間後、オブザーバー誌面をリーク記事が飾る。
しかしイラク侵攻を止めることはできなかった・・・
そしてキャサリンは逮捕されてしまう。

勇気ある女性キャサリン・ガンをキーラ・ナイトレイが演じています。
トルコ移民の夫を持つキャサリンは国家に弱みを握られているようなもの。
それでも人権弁護士のエマーソン(レイフ・ファインズ)や、オブザーバー誌の記者フライト(マット・スミス)の後ろ盾もあり、毅然と法廷に立ちます。
法廷場面はやや意外な方向へ!
残念ながら、リーガル・サスペンス要素は少ないです。

それにしても完全にジョージ・W・ブッシュ政権の汚点であり、世紀の大失敗
「イラク戦争、イラク侵攻」は誰をしても止めることが出来なかった。
その事実は重たいです。
イギリス国民の70%以上が反対しようが、ブッシュの愛犬と笑われていたブレア首相を
誰も止めることは出来なかったのです。

しかし国家に背くと言うことは勇気ある行動。
多くを失う覚悟が要ります。
信念に従ったキャサリン・ガンの勇気に拍手を送ります。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する