現在放送中のTVアニメを彩る、fripSide“らしさ”全開の爽快デジタルポップチューン

fripSide

fripSide

同名のライトノベルを原作とするTVアニメ『クロックワーク・プラネット』が、現在放送中だ。舞台は、寿命を迎えて滅亡した地球を、“Y”と名乗る伝説の時計技師がクロックワーク(時計仕掛け)で再構築した世界。落ちこぼれだが、あらゆる音を正確に聞き分ける能力を持つ高校生・見浦ナオトと“Y”が残した自動人形(オートマタ)の少女・リューズ、天才時計技師の少女・マリー、マリーの機械化ボディガードで戦闘のスペシャリスト・ハルターを中心に展開するアクションファンタジー。様々な歯車が埋め込まれた都市や部屋など、特異的なヴィジュアルにも注目だ。

主人公ナオトのCVを担当するのは、声優の南條愛乃。同作のOPテーマは、彼女がヴォーカルを務めるユニット・fripSideによる「clockwork planet」。流麗なストリングスやハードなギターをアクセントに、シンセサイザーを前面に押し出したサイバートランス風のサウンドに、伸びやかでクリアな南條の歌声。“これぞfripSide!”と言える、高揚感を煽るナンバーだ。特に、流れるようなメロディラインにのったハイトーンヴォイスが耳に心地よく、楽曲の世界観にスッと引き込まれてしまう。

歌詞は作品との距離感が近く、“君”と出会ったことで成長していく“僕”の目線で描かれている。“君と繋がる大切さを知る”“この目に映る景色をずっと守りたいと強く思った”といったフレーズが、物語が進むにつれて主人公たちの絆が深まり、陰謀に立ち向かっていく姿を想起させる1曲だ。

(TEXT:MADAO)

PROFILE

八木沼悟志プロデュースによる音楽ユニット。2009年に南條愛乃をヴォーカルに迎え「only my railgun」で“第2期fripSide”をスタート。今秋には全国ライヴツアーと、第1期fripSideの楽曲のカヴァーアルバムをリリースすることが決定している。

clockwork planet

clockwork planet

SINGLE
5.3 RENTAL & on sale

初回限定盤(CD+DVD):GNCA-0495 1,800円(税抜)
通常盤(CD):GNCA-0496 1,200円(税抜)
TSUTAYA 予約/購入特典
オリジナルブロマイド
※【対象商品】初回限定盤

⇒作品紹介・レビューを読む

>アニメ関連情報をひとまとめ!「あにツタ」特集はこちら

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST