ますます盛り上がりを見せる『終わりのセラフ 名古屋決戦編』の主題歌を歌うのは、fripSide&やなぎなぎ!

fripSide

数奇な運命に翻弄される主人公の優一郎と親友・ミカエラを中心に、吸血鬼との激闘を描くTVアニメ『終わりのセラフ 名古屋決戦編』。激しいバトルに加え、複雑に交錯する登場人物たちの心情も見どころだ。OPテーマ「Two souls -toward the truth-」は、fripSideらしいシンセベースのサウンドと仲間との絆を描いた歌詞が印象的な疾走感あふれるナンバー。切ないメロディと南條のクリスタルヴォイスが、どんな状況にも屈しない優一郎たちの強さとリンクしている。

PROFILE

八木沼悟志プロデュースによる音楽ユニット。2008年にメジャーデビューを果たす。現在ヴォーカルを務める南條愛乃は、ソロ名義や声優としても活躍中。代表曲は「only my railgun」(TVアニメ『とある科学の超電磁砲』主題歌)など。

Two souls -toward the truth-

Two souls -toward the truth-

12.2 on sale & RENTAL

初回限定盤(CD+DVD):
GNCA-0398 1,800円(税抜)
通常盤(CD):
GNCA-0399 1,200円(税抜)
TSUTAYA 予約/購入特典
ブロマイド
※【対象商品】初回限定盤


やなぎなぎ

聖歌のように荘厳な幕開けのEDテーマを歌うのは、透明感あふれる歌声が支持されているやなぎなぎ。アニメの世界観を彼女ならではの感性で捉えた歌詞からは、戦わざるをえない状況下に置かれたキャラクターたちの複雑な心情が浮かび上がってくる。作曲・編曲は、Elements Gardenの藤間仁が担当。テンポチェンジと印象的な転調によって、彼女の歌声がよりドラマティックに響く。なお、タイトルの“オラリオン”はギリシャ語で“祈る”という意味を持つ。

PROFILE

2006年から音楽活動を開始し、2011年TVアニメ『あの夏で待ってる』EDテーマ「ビードロ模様」でメジャーデビュー。繊細な歌声を活かし、メジャーとインディーズの垣根を越え、幅広く活躍中。

オラリオン

オラリオン

12.9 on sale & RENTAL

初回限定盤(CD+DVD):
GNCA-0406 1,800円(税抜)
通常盤(CD):
GNCA-0407 1,200円(税抜)
TSUTAYA 予約/購入特典
ポストカード
※【対象商品】初回限定盤

(文:MADAO)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST