1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 本・コミック
  4. 【今読みたいマンガ】劇場版アニメが9月11日より公開! 紀伊カンナ『海辺のエトランゼ』

【今読みたいマンガ】劇場版アニメが9月11日より公開! 紀伊カンナ『海辺のエトランゼ』

海辺のエトランゼ

(C)紀伊カンナ/祥伝社 on BLUE comics

心が洗われるようなボーイズラブ

小説家の卵の橋本駿と海辺に物憂げに佇む少年、知花実央。そんなふたりの初々しくも、もどかしい関係を描く、紀伊カンナの『海辺のエトランゼ』(祥伝社刊)が、BLアニメレーベル「BLUE LYNX」の劇場版アニメとして、2020年9月11日より公開!

本作では、原作者の紀伊カンナ本人が監修、キャラクターデザインを担当、制作は2Dおよび3Dアニメーションを主軸とした映像制作を行っている、老舗スタジオのスタジオ雲雀が務める。主役の2人の声優には村田太志(駿役)と松岡禎丞(実央役)を迎え、駿と実央の繊細に揺れ動く心を表現する演技にも注目だ。

静かにくり返す波の音。満天の星空。ゆったりと流れていく時間。訪れたものすべてを包み込む沖縄の離島で、純粋で、あたたかく、でも不器用なふたりの恋が育まれる。

(C)紀伊カンナ/祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会

出会い編

海辺のエトランゼ

紀伊カンナ

海辺のエトランゼ

3年前、2人は沖縄の離島の海辺で出会った。小説家の卵でゲイの橋本駿は、物憂げに過ごす高校生・知花実央が気になりナンパめいた声をかける。日に日に距離を縮めた2人だったが、実央は島を離れることに。そして3年後、島に戻ってきた実央は「3年考えた。男でも駿が好き」と迫る。しかし駿はいざ実央と恋人同士に、となると1歩を踏み出せなくて――。

お店で借りる お店で買う ネットで買う

実家編

春風のエトランゼ

紀伊カンナ

春風のエトランゼ

現在4巻まで発刊中

小説家の駿は沖縄の離島を離れ故郷・北海道へ向かっていた。 島で出会った年下の恋人・実央を連れて。かつて、幼なじみとの結婚式をゲイだと言って逃げ出して以来、駿は実家とは絶縁状態でいたが、父親が病気と聞き、一度帰ることにした。 迷惑をかけた実家に男の恋人。駿にとっては気まずい帰省だったが、親を亡くした実央には――。

お店で借りる お店で買う ネットで買う

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

松岡禎丞

生年月日1986年9月17日(34歳)
星座おとめ座
出生地北海道

松岡禎丞の関連作品一覧

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST