1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 本・コミック
  4. “作品力×企画力”――書店員プロデュース『TSUTAYA文庫』2020年12月のラインアップ

“作品力×企画力”――書店員プロデュース『TSUTAYA文庫』2020年12月のラインアップ

TSUTAYA文庫

TSUTAYA文庫とは

合計100作品、300万部突破!(2020年3月時点 累計発行部数)
今読んでほしい作品を発掘して、表紙・POPデザインを書店員が新たにプロデュース。数々のヒットを生み出している読者至上主義企画です。

2020年12月のラインアップ ※展開開始時期は店舗により異なる場合がございます。

真夜中の果物-フルーツ-

真夜中の果物-フルーツ-

著者:加藤千恵
出版社:幻冬舎
出版年月:2011年2月
定価(税込):544円
プロデュース内容:表紙・帯・店頭用POP

ここがオススメ!

1話4pほどの短々編でつづられる女性の想いの一瞬を切り取った作品集。都合のいい時にだけ連絡してくる男への想いや、過去に愛した人への想いなど赤裸々でズキッと響く切ない気持ちが詰まっている切ない1冊です。

あらすじ

久しぶりに再会した元彼と飲むビールの味、男友達と初めて寝てしまった夜の記憶、不倫相手が帰っていった早朝の電車の音…。まっすぐ進まない恋をしている人にだけ見える景色がある。せつない記憶を切り取った三十七のショートストーリーに短歌を添えて贈る、『ハニービターハニー』の原点。甘くて苦い恋を描く、人気歌人の処女小説集。

作品詳細

ロートケプシェン、こっちにおいで

ロートケプシェン、こっちにおいで

著者:相沢沙呼
出版社:東京創元社
出版年月:2015年1月
定価(税込):858円
プロデュース内容:表紙・帯・店頭用POP

ここがオススメ!

学生時代の青さと黒さが痛いほど書かれている青春小説と伏線の収縮によるミステリーとしての2つの顔を持つ濃厚な1作。人間関係のズレからイジメへと発展していくあまりにリアルな状況、そしてそこにある人としての成長。感動が心に刺さる名作。

あらすじ

せっかくの冬休みなのに、酉乃初と会えずに悶々と過ごす僕を、クラスメイトの織田さんはカラオケへと誘う。当日、急に泣きながら立ち去ってしまった彼女にいったい何があったの?学内では「赤ずきんは、狼に食べられた」と書き残して不登校となった少女を巡る謎が…。僕は酉乃に力を借りるべく『サンドリヨン』へと向かう。女子高生マジシャン・酉乃初の鮮やかな推理、第二集。

作品詳細

マツリカ・マハリタ

マツリカ・マハリタ

著者:相沢沙呼
出版社:KADOKAWA
出版年月:2016年8月
定価(税込):792円
プロデュース内容:表紙・帯・店頭用POP

ここがオススメ!

マツリカシリーズ第2弾。短編で日常の謎を解く学園ミステリー。読み始め普通のキャラミスだなーと思って読んでいると…。ついつい声が漏れてしまうような気持ちよすぎるラストをぜひ味わってほしい。

あらすじ

柴山祐希、高校2年生。学校の向かいにある廃墟ビルに住み、望遠鏡で校舎を観察している美少女・マツリカに命じられて、学校の怪談を調べている。新学期、クラスになじめない柴山の下に、1年生の時に自殺した少女の霊が、ときどき校内に現れるという情報が舞い込んできた。その真実を突き止めるため、捜査を開始したが、調べていくうちに…!?

作品詳細

嫉妬 Hayashi Mariko Collection

嫉妬 Hayashi Mariko Collection

著者:林真理子
出版社:ポプラ社
出版年月:2009年08月
定価(税込):748円
プロデュース内容:表紙・店頭用POP

ここがオススメ!

残酷で切ない嫉妬の感情による女性同士のドラマを集めた短編集。林真理子先生だからこそ書けるリアルな描写に目を背けたくなりつつも読む手を止める事が出来なくなります。表紙のいくえみ綾先生のイラストも最高の1冊です。

あらすじ

高校時代、やけに男を魅きつけた尾高裕美に。東京で生まれ育った美貌の同級生の吉岡暁子に。海外生活をしてきた同僚のエイミーに…。そのおさえても湧き上がる黒い嫉妬の感情に飲まれていく男女を鋭い筆さばきで描いた、切なくも残酷な傑作短編集。

作品詳細

月のない夜に

月のない夜に

著者:岸田るり子
出版社:徳間書店
出版年月:2020年12月
定価(税込):693円
プロデュース内容:表紙・帯・店頭用POP

ここがオススメ!

心理的なイヤミスという意味でこの作品を超えるものは無いとすら思えるほど心をえぐってくる心理ミステリー。依存する側も支配者側もそれにより人として壊れていく。関係性というものほど怖いものはないのではないのだろうかと恐ろしくなる1冊。

あらすじ

他人の寂しさを嗅ぎわけ、やがて心を支配する女が死体となって発見された。東京で暮らす月光(つきみ)のもとへ、故郷の京都で暮らす双子の妹・冬花が殺人罪で逮捕されたという連絡が入った。被害者は冬花の高校時代の同級生・川井喜代。二十年前、冬花を弄んだ喜代が許せず二人を引き離したはずだったのに。帰省した月光は、冬花に思いを寄せる男・杉田とともに真相解明に乗り出す。

作品詳細

今の時期にオススメ

今回のテーマ「冬のおすすめ本!暖かくしてじっくりと読みたい満足度の高い本」

冬が駆け足で近づいてきてます。日に日に寒くなってきてるそんな時に
お家で暖かくしてじっくりと読みたい満足度の高いこの1冊、ぜひお試しください!!

おすすめを見る

気分別のオススメ

驚愕の展開驚愕の展開(2)心が晴れる涙があふれる恋い焦がれる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

加藤千恵

生年月日1983年11月10日(37歳)
星座さそり座
出生地北海道旭川市

加藤千恵の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST