1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 本・コミック
  4. 『TSUTAYA文庫』気分別のオススメ本「冬のおすすめ本!暖かくしてじっくりと読みたい満足度の高い本」

『TSUTAYA文庫』気分別のオススメ本「冬のおすすめ本!暖かくしてじっくりと読みたい満足度の高い本」

TSUTAYA文庫

TSUTAYA文庫とは

合計100作品、300万部突破!(2020年3月時点 累計発行部数)
今読んでほしい作品を発掘して、表紙・POPデザインを書店員が新たにプロデュース。数々のヒットを生み出している読者至上主義企画です。

今の時期にオススメ!
今回のテーマ「冬のおすすめ本!暖かくしてじっくりと読みたい満足度の高い本」

冬が駆け足で近づいてきてます。日に日に寒くなってきてるそんな時に
お家で暖かくしてじっくりと読みたい満足度の高いこの1冊、ぜひお試しください!!

殺人鬼にまつわる備忘録

殺人鬼にまつわる備忘録

著者:小林泰三
出版社:幻冬舎
出版年月:2020年9月
定価(税込):803円
プロデュース内容:表紙・帯・店頭用POP

ここがオススメ!

面倒臭くなるとすぐ殺す。人の記憶を書き換える能力を持つ「最悪でゲスな殺人鬼」と、時々今の自分状況すら分からなくなる。数十分しか記憶が持たない「記憶障害探偵」の推理戦!記録に残らない殺人を記憶が残らない探偵がどうやって実証するのか!?

作品詳細

七回死んだ男<新装版>

七回死んだ男<新装版>

著者:西澤保彦
出版社:講談社
出版年月:2017年9月
定価(税込):792円
プロデュース内容:表紙・店頭用POP

ここがオススメ!

ループものミステリーの定番的大傑作。祖父の死を回避するため、何度も同じ日を繰り返す少年。ラストの鮮やかな伏線回収と、読みやすくてライトなのに、どこかレトロさを感じる味のある文章。小説としての到達点の1つがここにあります。

作品詳細

遅すぎた雨の火曜日

遅すぎた雨の火曜日

著者:笹沢左保
出版社:徳間書店
出版年月:2020年5月
定価(税込):880円
プロデュース内容:表紙・帯・店頭用POP

ここがオススメ!

23歳の女性誘拐犯の目線で書かれる本作。なぜ全ての生活を捨ててまで犯罪を犯すのか?女性である彼女がどうやって成人男性を「誘拐」するのか?手に汗握る展開と、笹沢作品ならではの「仕掛け」に注目。今一番読んで欲しい、手に汗握るビターな犯罪小説。

作品詳細

生きてるうちに、さよならを

生きてるうちに、さよならを

著者:吉村達也
出版社:集英社
出版年月:2007年10月
定価(税込):627円
プロデュース内容:帯・店頭用POP

ここがオススメ!

「はじめに」と「おわりに」までの物語は、ある男性の人間性の変化を読ませる。あまり知られていない、傑作どんでん返しと紹介されることの多い本作。この極上の人間ドラマをぜひ楽しいでいただければと思います。

作品詳細

気分別のオススメ

驚愕の展開驚愕の展開(2)心が晴れる涙があふれる恋い焦がれる

このタグがついた記事をもっと見る

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST