1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 本・コミック
  4. 30代会社員がオススメするビジネス書のバイブルはこれだ!【週末エンタメのススメ】

30代会社員がオススメするビジネス書のバイブルはこれだ!【週末エンタメのススメ】

起業の科学 スタートアップサイエンス

20代後半に「新規サービス立ち上げ」チームに入り、自分の力のなさを痛感したことがあります。

カスタマージャーニー?
KPIにKGI?
PSFにPMF?

いやいや、そんなの聞いたことがあるけど、勉強したことも教わったこともありませんでした。
そんな時に出会ったのがこの1冊、『起業の科学 スタートアップサイエンス』です。
3年ほど前に購入した本ですが、とにかく廃れることなく、今でもことあるごとに参考にしています。

とにかく、サービスの作り方の基本を学べる1冊

騙されたつもりで、1ページ目から腰を据えて読んでほしい。
スタートアップが世の中の課題に気づき、その解決方法のアイデアを思いつき、サービス化するまでの流れが事細かに書かれています。
とにかくインプット、アウトプットを繰り返し、アジャイル的にスピード感を持って推し進めていく。そのHow toがよくわかります。
第1章「Idea Verification」、第2章「Customer Problem Fit」、第3章「Problem Solution Fit」、第4章「Product Market Fit」、第5章「Transition to Scale」という構成になっています。

…なんのこっちゃ? というタイトルばかりですが、ストレスなく読み進めることができます。
なぜなら、すべてあるプレゼンのスライドを書籍にしているからです。すんなり頭に入ってくる。
この構成方法は、素晴らしいなと思いました。

まず体験してほしい3つのポイント

もちろんスタートアップの方法論に特化しているので、部分部分では現場で使いにくい部分もあるとおもいますが、以下だけは必ず使えると思います。

1.リーンキャンパス:サービスの整理にめちゃめちゃ役に立つ

サービスが一目でわかる整理ができる

サービスが一目でわかる整理ができる

2.カスタマージャーニー:ターゲットを見極める上で重要
※ただ、個人的にはこの概念が少しずつ変わる(なくなるかも?)なんて思っています。

様々な流派があると思うが概念は変わらない

様々な流派があると思うが概念は変わらない

3.AARRR(海賊指標):顧客の獲得から利益を生み出すまでの流れを指標化できる

新しい概念は出てくると思うが根本は変わらない

新しい概念は出てくると思うが根本は変わらない

もちろん、これだけではサービスは作れないので、その他もこの本に書いてあることを実践してもらいたいですし、何より顧客の声を実際に聞いてどんどんサービスを最適化していかなければなりません。
この流れを知っていると知らないとでは、仕事のパフォーマンスが変わってくるので騙されたと思ってこの本を買って読んでもらいたいです。

気になる方はこちらから

起業の科学 スタートアップサイエンス

起業の科学 スタートアップサイエンス

出版年:2017年
著者:田所雅之

【Editor】お弁当パパ/伊東寛雄

伊東寛雄(いとう・ひろお)。一姫二太郎(5歳♀、1歳♂)を子に持つ父親。毎朝こどものお弁当をつくってSNSに投稿するのが日課。スマイルサプリでは子育て中の妻に”作品をプレゼントする”シーンを妄想して記事を書いている。稀に音楽熱が燃え上がり、音楽関連の記事を書くこともある。

執筆記事
【スマイルパパ】記事一覧 【パパサプリ】記事一覧 【スマイルサプリ】記事一覧 【サクセスサプリ】記事一覧 【週末エンタメのススメ】記事一覧

SNS
Twitter(@chiromanpapa)

スマイルサプリとは、日頃子育てや家事で大忙しのママを笑顔にできるような作品(映像、本・コミックなど)を紹介しています。

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST