1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 本・コミック
  4. コロナ・DX・AI。未来を見通す入門書としておすすめしたい『ニューノーマル時代にお金を育てる』【週末エンタメのススメ】

コロナ・DX・AI。未来を見通す入門書としておすすめしたい『ニューノーマル時代にお金を育てる』【週末エンタメのススメ】

ニューノーマル時代にお金を育てる

AI、DX、コロナ。
こんな単語を浴び続けたのが2020年。
特に人との接触を避けるニューノーマル時代の到来に、この先一体どんな未来が待っているのか、ワクワクしながらも不安ばかりが募る人も多いのではないでしょうか。
果たして仕事がなくなってしまうのか、東京海上日動が出したような全社員副業OKのような時代がきたときに、果たしてその波を乗り越えることができるのか。
そんなビジネスマンにピリリと刺激を与えてくれる入門書『ニューノーマル時代にお金を育てる』を紹介します。
おしゃれなデザインからは想像できないほど、濃い内容が詰まった1冊です。

<ニューノーマル? なパパママにおすすめしたい3つの理由>

1.お金の育て方ではなく、未来の生き方が書かれている
2.20代から40代くらいをターゲットにした話題が多い
3.そもそもNewsPicksの本なので質は担保されている

1.お金の育て方ではなく、未来の生き方が書かれている

僕はこの本を「お金の話」だと思い、実は購入しました。
でも、実際読んでみると違ったのです。
これ、この先に訪れる「ニューノーマル」という新しい時代の、新しい波の乗り方を教えてくれている本だったのです。

例えば、投資が注目されている理由って、なんだと思いますか?
僕が思うに「時間的な余裕ができた」「収入が減った」「副業でお金を稼ぐ力が増えた」「貯蓄の意味のなさが広まった」などなど、いろいろな理由があると思うのですが、ひとえに「コロナウイルスの登場」によって時計の針が急激に早く進んだ結果なんだと思うんです。
だから、お金のことについて学びたい理由は人それぞれだと思いますが、確実に新しい時代を乗り越える、生き抜くために、今まで以上に「お金を育てる」ことが大切だと日本人の誰しもが直感したのだと理解しています。
だから、こんな僕でも投資してみようかなとか思うわけで。

経済アナリストの森永康平さんの特集記事があるのですが、暮らしのレベルとして、日本は一億総中流社会から中間層がふるいにかけられて、2極化の一途をたどる未来が予想されると話しています。
稼げる層に回るにはどうするか? そんなことを考えたときに、やはり投資の頭が必要だということを強く実感しました。
「働いてお金を稼ぐだけ」の現在から、「働いていない時もお金がお金を稼ぐ」未来をつくれるように、それはまるで投資家のように考え、行動しなければならないと。

そのほかにも、探検家の髙橋大輔さんの記事では「サステナブル」という一見お金とは縁遠い話ですが、彼の活動が感動を呼びお金を払うに相当するという、クラウドファンディングのような価値づくりもまた、新しい時代の流れ。

こうした内容が詰まっているので、少々アクセルをぐっと踏まないと読み切れない章もあると思いますが、未来の生き方を学ぶ入門書としてはとても素晴らしい内容かなと思います。

2.20代から40代くらいをターゲットにした話題が多い

そして、本書はキャスティングも素晴らしい。
椎木さんのインタビュー記事もありますが、完全にU30世代向けの記事。もちろん、その世代を理解したい人にもおすすめ。
マキタスポーツさんをはじめとした「東京ポッド許可局」という組織のインタビュー記事は40代にハマるでしょう。
そして、こうした記事はエンタメ性が高く、身近な話題を盛り込みつつ、うまく編集されています。

例えば、椎木さんの記事。20代のSNSとの付き合い方だったり、インフルエンサービジネスの今と未来。そんな話題が多く、これからの時代と切っても切り離せない大切なテーマについて、しっかりと深く語ってくれています。
東京ポッド許可局については、ライブができない、仕事がなくなったという芸人さんの現在から、ライブ×オンラインの現在と未来についてしっかりと当事者としてリアリティを持って話してくれています。

こうした話題って、なかなか業界にいないと肌で感じることはできないと思います。他の記事よりもとても読みやすいので、ぜひこの辺りから読みつつ、少し堅めな内容を読んでいく読み方をおすすめします。

3.そもそもNewsPicksの本なので質は担保されている

全記事通して思ったことは、NewsPicksが出版している本なので、まあ記事の編集レベルが高い(幻冬社とも言える)。
読んでいて、理解できないことはほぼないし、記事の最後にグラフィックレコーディングのような形で、1ページで話の内容を図解したイラストが差し込まれています。
これを読むだけでも、内容を大体理解できるので、相当編集力が高いなと。
1冊800円(税抜)。新書を買う気持ちで買うと、当たり外れの多い新書よりも、確実に情報収集できるのでおすすめです。

ぜひ、この週末はおしゃれな雑誌をコーヒー片手に読みながら、「パパ・ママはかっこいいだろう!?」とドヤってみてください。

『ニューノーマル時代にお金を育てる』を体験するならこちらから

ニューノーマル時代にお金を育てる

ニューノーマル時代にお金を育てる

著者:NewsPicks
出版社:幻冬舎

【Editor】お弁当パパ/伊東寛雄

伊東寛雄(いとう・ひろお)。一姫二太郎(5歳♀、1歳♂)を子に持つ父親。毎朝こどものお弁当をつくってSNSに投稿するのが日課。スマイルサプリでは子育て中の妻に”作品をプレゼントする”シーンを妄想して記事を書いている。稀に音楽熱が燃え上がり、音楽関連の記事を書くこともある。

執筆記事
【スマイルパパ】記事一覧 【パパサプリ】記事一覧 【スマイルサプリ】記事一覧 【サクセスサプリ】記事一覧 【週末エンタメのススメ】記事一覧

SNS
Twitter(@chiromanpapa)

スマイルサプリとは、日頃子育てや家事で大忙しのママを笑顔にできるような作品(映像、本・コミックなど)を紹介しています。

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST