1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 本・コミック
  4. 【マキシマム ザ ホルモン×アニメ・映画まとめ】アニメ『終末のワルキューレ』の楽曲書き下ろし記念にまとめてみました。【スマイルサプリ】

【マキシマム ザ ホルモン×アニメ・映画まとめ】アニメ『終末のワルキューレ』の楽曲書き下ろし記念にまとめてみました。【スマイルサプリ】

終末のワルキューレ

こんにちは、スマイルサプリです。

2021年アニメ化、個人的期待度ナンバーワンの作品『終末のワルキューレ』。
もちろん、原作の内容も素晴らしいのですが、注目はそのタイアップ曲!!
なんと、マキシマム ザ ホルモンの『KAMIGAMI-神噛-』という新曲なのです!
2021年アニメ化『終末のワルキューレ』の詳細はこちら!(公式サイト)

そして、ホルモンはこの新曲をYouTubeで発表。発表の前に、サビをいろいろなアーティストに歌ってもらうという企画を実施しており、参加アーティストにはYOASOBIのAyaseさんや奥田民生さん、Mr.Childrenの桜井さんなど、錚々たる面子が参加していました。


この楽曲のサビの歌詞を見たときに、まさにこの作品のために書き下ろされた一曲であることを直感!!
他にも予想を的中させた方は大勢いました。正しく恐れることが、家族の笑顔につながると思うからこそ、今回のテーマ設定です。

Twitter

こうした、大好きなバンドの曲が使われるとその作品への愛情がますます湧いてきますよね。
DEATH NOTEの時も興奮したなーと思い出してしまいました。
なので、今回はマキシマム ザ ホルモンの楽曲が使用された原作とアニメ・映画をご紹介したいと思います。

マキシマム ザ ホルモンの楽曲が使用された映画・アニメの一覧

1.2003年/アニメ/エアマスター/ROLLING1000tOON
2.2005年/アニメ/闘牌伝説 アカギ/アカギ
3.2006年/アニメ/DEATH NOTE/<OP>What’s up,people?!、<ED>絶望ビリー
4.2011年/ドラマ/QP/ブラック¥パワーGメンスパイ
5.2013年/映画/キック・アス ジャスティス・フォーエバー/便所サンダルダンス
6.2015年/映画/ドラゴンボールZ 復活の「F」/「F」
7.2019年/映画/血まみれスケバンチェーンソーRED/包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ(血スケREDmix)、ロックンロール・チェンソー
8.2021年/アニメ/終末のワルキューレ/KAMIGAMI-神噛-

1.2003年/アニメ/エアマスター/ROLLING1000tOON

エアマスター/アニメ

アニメ

エアマスター

●制作年:2003年
●メーカー:フロンティアワークス
●声の出演:朴ロ美、金田朋子、鈴木麻里子、あさのますみ、ゆかな(野上ゆかな)、土井美加、子安武人、堀内賢雄

エアマスター/漫画

原作漫画

エアマスター

●著者:柴田ヨクサル
●出版社:白泉社

ROLLING1000tOON

エンディングテーマ

ROLLING1000tOON

●リリース年:2003年
●アーティスト:マキシマム ザ ホルモン
シングル『延髄突き割る』などに収録楽曲。

アニメ『エアマスター』は、『ハチワンダイバー』の柴田ヨクサル先生の「格闘×ギャグ×コギャル」漫画が原作。空中技を得意とする女子高生が主人公で、その戦闘スタイルが”エアマスター”と呼ばれるようになったらしい。正直、僕はまだ読んだことがないのですが、レビューを読むと好き嫌いが分かれる作品のよう。これを機に読みたいと思います。読んだことがある方はぜひ、教えてください。

2.2005年/アニメ/闘牌伝説 アカギ/アカギ

アカギ/アニメ

アニメ

闘牌伝説 アカギ

●制作年:2005年
●メーカー:バップ
●声の出演:萩原聖人、小山力也、玄田哲章、中田浩二、高木渉、田中秀幸、風間杜夫、津嘉山正種

アカギ/漫画

原作漫画

アカギ 闇に降り立った天才

●著者:福本伸行
●出版社:竹書房

アカギ

エンディングテーマ

アカギ

●リリース年:2005年
●アーティスト:マキシマム ザ ホルモン
シングル『ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ』などに収録楽曲。

「ポン! カン! チー! フリテン! ツモ!」と麻雀用語が連発するホルモンの曲、『アカギ』。この曲が使用されているのが、カイジも手がける福本先生の作品『アカギ』。大学生の頃、周りにはカイジよりアカギを読んでいる学生雀士が大勢いたなー、、、個人的には「燃え上がって、あがって、アガって逝け」というフレーズと「鳴りやまない俺の風」。あとで紹介する『絶望ビリー』や『「F」』と同じく、作品の世界観をしっかりと注ぎ込んだ一曲。たまらんですね。※熱心な読者の方に指摘されて、追記しました。

3.2006年/アニメ/DEATH NOTE/<OP>What’s up,people?!、<ED>絶望ビリー

DEATH NOTE/アニメ

アニメ

DEATH NOTE

●制作年:2006年
●メーカー:バップ
●声の出演:宮野真守、山口勝平、中村獅童、平野綾、工藤晴香、小林清志、佐々木望、日高のり子、内田直哉、内藤玲

DEATH NOTE/漫画

原作漫画

DEATH NOTE

●著者:小畑健、大場つぐみ
●出版社:集英社

<OP>What’s up,people?!、<ED>絶望ビリー

オープニングテーマ、エンディングテーマ

<OP>What’s up,people?!、<ED>絶望ビリー

●リリース年:2007年
●アーティスト:マキシマム ザ ホルモン
各楽曲ともにアルバム『ぶっ生き返す』などに収録。

『DEATH NOTE』。この作品はご存知の方も多いですよね。僕も学生時代に妙にリアルな、薄気味悪い漫画だなと思いつつも、ジャンプで1週目に必ず読んでいた作品でした。個人的にも世の中的にも大人気作品のために『終末のワルキューレ』同様、書き下ろされた楽曲が使用されました。それがエンディング曲の『絶望ビリー』。歌詞の随所にマキシマムザ亮君のセンス抜群の遊びが散りばめられています。こいつはすげーなというのを1つだけご紹介。

"免罪のワールド(WORLD) 制裁のワード(WORD)"

原作ファンで勘の良い方ならすぐわかりますね??
そう、主人公がノートで制裁を下すことができるは天才捜査官”L”がいない世界であり、”L”がいる世界では犯罪者がはびこる世界であることを、主人公目線で歌っているのだと思います。公式見解があるわけではないので、僕の個人としての推測です。あしからず…。

基本的に歌詞カード見ないと、意味不明な英語のような聴こえ方なので、興味ある方は歌詞を見ながら音楽を聴いてください。

4.2011年/ドラマ/QP/ブラック¥パワーGメンスパイ

QP/ドラマ

ドラマ

QP

●制作年:2011年
●メーカー:バップ
●出演:斎藤工、金子ノブアキ、渡部豪太、林遣都、KENCHI、窪田正孝、渡辺大、やべきょうすけ、田口トモロヲ、椎名桔平

QP/漫画

原作漫画

QP

●著者:高橋ヒロシ
●出版社:少年画報社

ブラック¥パワーGメンスパイ

エンディングテーマ

ブラック¥パワーGメンスパイ

●リリース年:2005年
●アーティスト:マキシマム ザ ホルモン
シングル『ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ』などに収録楽曲。

『クローズ』『WORST』などで知られる高橋ヒロシ先生の漫画『QPキューピー』が原作。不良漫画って『今日から俺は!!』しか読んだことがないので、これもこの後絶対に読もうと思います。ちなみにクローズの劇場版では10-FEETの曲が使用されていたり、ロックバンドとやっぱり相性抜群。
そして、この作品で使用された「ブラック¥パワーGメンスパイ」ですが、イントロからベースがめちゃくちゃかっこよくてコピーしました。懐かしい…。

5.2013年/映画/キック・アス ジャスティス・フォーエバー/便所サンダルダンス

キック・アス ジャスティス・フォーエバー/映画

映画

キック・アス ジャスティス・フォーエバー

●制作年:2013年
●メーカー:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
●出演:アーロン・テイラー=ジョンソン 、 クリストファー・ミンツ=プラッセ 、 クロエ・グレース・モレッツ 、 ジム・キャリー 、 モリス・チェスナット 、 クローディア・リー 、 クラーク・デューク 、 オーガスタス・プリュー 、 スティーブン・マッキントッシュ 、 モニカ・ドラン

キック・アス/漫画

原作漫画

キック・アス

●著者:ジョン・ロミータ・Jr.、マーク・ミラー
●出版社:小学館集英社プロダクション

便所サンダルダンス

応援テーマソング

便所サンダルダンス

●リリース年:2013年
●アーティスト:マキシマム ザ ホルモン
アルバム『予襲復讐』に収録楽曲。

『キングスマン』のマシュー・ヴォーン監督のアクション映画『キック・アス』の続編。監督はジェフ・ワドロウ監督に変わりましたが、監督のキック・アス愛が溢れた作品。大人向けの表現が大いに出てきますが、そこがキック・アスの魅力。また、アメコミを読んだことはないのですが、いつか原作も読んでみたい。
応援テーマソングとして使用されたホルモンの楽曲はイントロのリフがめちゃくちゃかっこいい「便所サンダルダンス」。頭を前後に振りたくなっちゃいます。当時某メーカーのガムのCMでも起用されていました。猿の惑星みたいなCM、覚えてますかね?ガムを噛むといきなり元気になっちゃうやつ。

6.2015年/映画・アニメ/ドラゴンボールZ 復活の「F」/「F」

ドラゴンボールZ 復活の「F」/映画・アニメ

映画・アニメ

ドラゴンボールZ 復活の「F」

●制作年:2015年
●メーカー:東映ビデオ
●声の出演:野沢雅子、堀川りょう、鶴ひろみ、佐藤正治、田中真弓、古川登志夫、草尾毅、緑川光、花江夏樹、皆口裕子

DRAGON BALL/漫画

原作漫画

DRAGON BALL

●著者:鳥山明
●出版社:集英社

「F」

バトルソング

「F」

●リリース年:2008年
●アーティスト:マキシマム ザ ホルモン
シングル『爪爪爪/「F」』などに収録楽曲。

この映画のレビューは前にも書きました。レビューを読みたい方はこちらから
もともと「F」という楽曲を勝手にマキシマムザホルモンが作っていました。完全にフリーザと歌詞でも言っています。この楽曲もベースのスラップをめちゃくちゃ練習してコピーしました。あと、カラオケに行ったら必ず歌います。あと、YouTubeにMAD動画が上がっていますが、これまた最高なので、ぜひ観てください。(まだあるかな?)
そんなドラゴンボール愛に溢れた楽曲が、フリーザのための映画に使用されるなんて、鳥山明先生、最高です。ゴールデンフリーザに進化するシーンで流れた時は、鳥肌が立ちまくりでした。「F」はシングル『爪爪爪/「F」』などに収録。

7.2019年/映画/血まみれスケバンチェーンソーRED/<主題歌>包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ(血スケREDmix)、<ED>ロックンロール・チェンソー、<劇中歌>予襲復讐

血まみれスケバンチェーンソーRED/映画

映画

血まみれスケバンチェーンソーRED/前編・後編

●制作年:2019年
●メーカー:バップ
●出演:浅川梨奈、あの、日高七海、替地桃子、護あさな、尾形穂菜美、範田紗々、寺井義貴、椿かおり、黒川鮎美

血まみれスケバン・チェーンソー/漫画

原作漫画

血まみれスケバン・チェーンソー

●著者:三家本礼
●出版社:KADOKAWA

包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ(血スケREDmix)

主題歌

包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ(血スケREDmix)

●リリース年:2004年
●アーティスト:マキシマム ザ ホルモン
シングル『包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ/霊霊霊霊霊霊霊霊』などに収録。映画では血スケREDmix版が使用されている。

ロックンロール・チェンソー

エンディングテーマ

ロックンロール・チェンソー

●リリース年:2005年
●アーティスト:マキシマム ザ ホルモン
アルバム『ロッキンポ殺し』などに収録楽曲。

 

予襲復讐

劇中歌

予襲復讐

●リリース年:2013年
●アーティスト:マキシマム ザ ホルモン
アルバム『予襲復讐』に収録楽曲。

いやー、全然知らなかったです。この漫画。映画も実際に観ることができていませんが、ホラー映画は苦手、、、でも包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ(血スケREDmix)は聴きたいのでレンタルしようと思っています。この楽曲にはかなり思い入れがあります。なんと、最初にベースをコピーした楽曲なのです。スラップができない時期、指弾きでかっこいい曲、レッチリと悩んだ末に、こっちをコピーしました。なのでこのバージョンかなり気になります。また、エンディングと劇中歌にもホルモンの楽曲が使われており、さすがバップ!!

8.2021年/アニメ/終末のワルキューレ/KAMIGAMI-神噛-

終末のワルキューレ

原作漫画

終末のワルキューレ

●著者:アジチカ 、 梅村真也
●出版社:コアミックス

さて、ついに『終末のワルキューレ』です。漫画は途中までしか追いつけていませんが、トールと呂布の戦いでどハマり。ゼウスとアダムの戦いも最高です。アニメは2021年。ワクワクがとまりません。
そして、マキシマムザホルモンの楽曲は『KAMIGAMI-神噛-』。サビの歌詞しか知りませんが、ゼウスとアダムの戦いが目の前に浮かぶような内容。さすがマキシマムザ亮君がアニメのためだけに書き下ろされた楽曲です。また、この楽曲をファンに伝える手段もしっかりとYouTube企画に載せてきているところなんて、最高のクリエイター。
まだ楽曲の発売情報などは出ていませんが、TSUTAYA NEWSでお知らせできると思いますので、ぜひチェックしてくださいね!

さて、今回はマキシマム ザ ホルモンの楽曲をテーマに、さまざまな作品を紹介しました!
次は10-FEETやアジカンなどでやってみようかな。

お弁当パパ/伊東寛雄

【Editor】お弁当パパ/伊東寛雄

伊東寛雄(いとう・ひろお)。一姫二太郎(5歳♀、1歳♂)を子に持つ父親。毎朝こどものお弁当をつくってSNSに投稿するのが日課。スマイルサプリでは子育て中の妻に”作品をプレゼントする”シーンを妄想して記事を書いている。稀に音楽熱が燃え上がり、音楽関連の記事を書くこともある。

執筆記事
【スマイルパパ】記事一覧 【パパサプリ】記事一覧 【スマイルサプリ】記事一覧 【サクセスサプリ】記事一覧 【週末エンタメのススメ】記事一覧

SNS
Twitter(@chiromanpapa)

スマイルサプリとは、日頃子育てや家事で大忙しのママを笑顔にできるような作品(映像、本・コミックなど)を紹介しています。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST