1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 本・コミック
  4. 今年こそチャレンジ! 新生活にもおすすめなお弁当作りが楽しく続けられるレシピ本【5選】

今年こそチャレンジ! 新生活にもおすすめなお弁当作りが楽しく続けられるレシピ本【5選】

チオベン

4月。新年度になり、心新たに新生活を送れていますか?
私は、毎年、今年こそ!とランチ用にお弁当作りを始めたいと思っているのですが、毎年なかなか続けられないことが悩みです。

今日は、お弁当作りが楽しく続けられるレシピ本をご紹介します。



チオベン 見たことのない味 チオベンのお弁当

チオベン 見たことのない味 チオベンのお弁当

出版年月:2014年03月
出版社:マガジンハウス
著者:山本千織

鮮やかなスタイリングと意外性のあるおいしさのお弁当が大人気。
代々木上原で「チオベン」を営む料理人・山本千織による初のレシピ集。

山本千織さんのことは、Instagramでたまたま見つけた美味しそうなお弁当(これが、まさにチオベン!)から知ったのですが、『プロフェッショナル-仕事の流儀-』という番組にも出演された、凄腕の料理人の方。

見た目も美味しそうだけれど、食べてみるとなんだか不思議な、「これは何の味だ…? わからないけど、美味しい!」と頭が混乱しながらも幸せな気持ちになるんです、と噂のチオベン。

「時間が経って更に美味しく」という、お弁当作りの現場から生まれた料理レシピの考え方や、盛り付けの手法等、人気お弁当屋のポリシーを本書から学べます。


チオベンの作りおき弁当

チオベンの作りおき弁当

出版年月:2021年3月
出版社:PHP研究所
著者:山本千織

華やかで芸術的な盛り付けと、ヘルシーなのにボリューム感のある食べ応えが大人気のチオベン。
山本千織さんの最新お弁当本がこちらの一冊です。

チオベンを一般家庭でも作りやすく、「作りおき」をテーマに紹介。
30種類の「作りおき弁当」ほか、肉や魚、卵を使った「メインのおかず」、野菜を使った「サブの常備菜」、忙しい朝にパパっと「すぐできるおかず」など、スパイスや香味野菜を使った食べ応えあるおかずや、見た目も華やかなおかずの数々をたっぷり収録。

長期保存もできる万能調味料など、忙しい朝がラクになるチオベンならではの工夫が詰まった1冊です。


毎日作り続けられる ぐっち夫婦のお弁当大作戦 お悩み解決!

毎日作り続けられる ぐっち夫婦のお弁当大作戦 お悩み解決!

出版年月:2021年2月
出版社:家の光協会
著者:ぐっち夫婦

フォロワー70万人超え!料理界のインフルエンサー夫婦とも呼ばれる、ぐっち夫婦の最新お弁当本です。

インスタのほかオンライン料理教室やウェブ連載などで注目され、テレビや雑誌にも活躍の場を広げている、人気急上昇中のぐっち夫婦。

「おいしくて作りやすくて、ちょっとおしゃれ」な料理が、同世代から絶大な支持を集めていますが、今回の本では、「毎日作り続けられるお弁当について考えてみた」というテーマで、夫婦がよくあるお弁当づくりの悩みのトップ3である

1.朝、時間がない
2.組み合わせに悩む
3.おかずがワンパターン

を解決するレシピを紹介してくれています。


朝10分でできるスープ弁当

朝10分でできるスープ弁当

出版年月:2019年10月
出版社:マガジンハウス
著者:有賀薫

スープ作家として、2011年から7年間、約2,800日にわたって、朝のスープ作りを日々更新している有賀さん。

忙しくて料理に手をかけられない人でも、「スープジャーなら、時間を味方につけられる」と提案しており、このレシピ本のスープレシピも、朝簡単に加熱した具材をスープジャーに入れて保温調理し、お昼に食べごろになるようになっています。

野菜や具材がたっぷりで、スープ=汁物という概念ではなく、ゴロゴロの具がスープに浸かっている、いわゆる食べるスープなレシピ本。
朝時間がない方にもおすすめですし、胃腸が弱い方にもおすすめなレシピが豊富です。


藤井弁当 お弁当はワンパターンでいい!

藤井弁当 お弁当はワンパターンでいい!

出版年月:2020年1月
出版社:学研プラス
著者:藤井恵

お弁当作りで大事なことって何か、私は「毎日作り続けられること」だと思っています(挫折経験が何度もあるので)。

お弁当が必要になる理由は人さまざまですが、どのお弁当にも共通するのは、「たった1回の特別な食事」ではなく、「毎日続くごはん」である、ということ。

料理研究家の藤井恵さんは作る人が毎日ストレスなく作れ、食べる人もおいしく楽しめるお弁当を試行錯誤し続け、そしてたどり着いた結論が、「お弁当作りをパターン化すること」でした。

お弁当作りをパターン化することで、マンネリになってしまうのでは?と思いがちですが、毎週○曜日は生姜焼きの日!などメニューを固定化することで、材料の無駄遣いをなくすことができるし、食費の管理も簡単になりますよ。

あみゅう/橋本あやか

【Editor】あみゅう/橋本あやか

橋本あやか(はしもと・あやか)。インターネットと美容やファッション等のガールズカルチャー、そして音楽が好きな26歳。主に映画や書籍について執筆します。美容や雑貨などについての記事も書いていきたいと考え中。

あみゅう執筆の記事一覧 Twitter(@ayam6719)

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST