1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 本・コミック
  4. 【インタビュー】『メダリスト』つるまいかだ「表舞台では見えない、努力の軌跡を描きたい」【by コミスペ!】

【インタビュー】『メダリスト』つるまいかだ「表舞台では見えない、努力の軌跡を描きたい」【by コミスペ!】

『メダリスト』
コミスペ!

(このインタビューは2021年4月13日に『コミスペ!』サイトで掲載されたものです)

幼い頃からすべてを注ぎ、それでも大きな試合に出場できるのはわずかという狭き門。華やかな演技と裏腹に、過酷でシビアな面も併せ持つフィギュアスケートの世界。ましてや世界トップクラスの強豪国である日本で小さなチャンスを掴みとり、オリンピックのメダリストを目指す!

そんな大きな決断をする小さな勇者たちの成長と、それを見守りながら自らも気づきを得ていくコーチの姿を描くフィギュアスケート漫画『メダリスト』。2020年5月から「月刊アフタヌーン」で連載を開始し、現在2巻まで刊行されています。

 

(C)つるまいかだ/講談社

(C)つるまいかだ/講談社

舞台はフィギュアスケート王国の名古屋。学校でまわりにうまく馴染めない結束いのりが、唯一夢中になれるのがスケート。

だけど家では忙しいお母さんに気を遣いスケートをやりたいと言い出せず、受付のおじさんとの秘密の約束でこっそりリンクに入れてもらい、自主練を重ねる日々。

いのりは11歳。5、6歳でスケートを始める子の多いフィギュアスケートの世界で、選手を目指すならギリギリの年齢……スケートをやりたいのに、どうしていいかわからない。そんな日々を過ごしていた彼女が、リンクでたまたま居合わせた明浦路司との出会いを経て、競技としてのフィギュアスケートに飛び込んでいく──。

(C)つるまいかだ/講談社

(C)つるまいかだ/講談社
普段はうつむきがちだけど、氷の上では堂々とした振る舞いの主人公・いのり

試合の数分のために、何年もの時間と努力を注ぎ込む。
スケートで、勝ち負けをやる。

いのりと司の人生ふたつぶんかけて挑む、世界の頂点

この度コミスペ! では、ふたりの奮闘を描く熱いスポーツ漫画『メダリスト』の作者である、つるまいかだ先生にインタビューを実施。なぜフィギュアスケートだったのか、この作品を通して描きたいことは何なのかなど、たっぷりお話を伺いました。

(C)つるまいかだ/講談社

(C)つるまいかだ/講談社
いのりと司、ふたりは人生をかけて、フィギュアスケートの「強い選手」を目指す

(取材・文:八木あゆみ/編集:八木光平

スポーツ漫画を描くのは、自分でも予想外だった

──もともとフィギュアスケートが大好きで、『メダリスト』も連載当初から読んでいたのでインタビューできてとても嬉しいです。先生は『メダリスト』が初めての漫画連載ですが、漫画を描くようになったきっかけやこれまでの流れを教えて下さい。

つるまいかだ先生(以下、つるま):幼い頃から絵を描くのが好きで、小学校の頃、荒川弘先生の『鋼の錬金術師』にすごくはまって、漫画を描いてみたこともあったのですが、本格的にはじめたのは大学生の時です。もともとはイラストレーターや画家になりたいと思っていたんですが、大学で出会った友人達が趣味で漫画を描いていて、楽しそうにオリジナルキャラクターの設定を語る姿に影響されたんです。

作品情報


鋼の錬金術師

荒川弘

鋼の錬金術師

レビュースコア:4.4

兄・エドワード・エルリック、弟・アルフォンス。2人の若き天才錬金術師は、幼いころ、病気で失った母を甦らせるため禁断の人体錬成を試みる。しかしその代償はあまりにも高すぎた…。錬成は失敗、エドワードはみずからの左足と、ただ一人の肉親・アルフォンスを失ってしまう。かけがえのない弟をこの世に呼び戻すため、エドワードは自身の右腕を代価とすることで、弟の魂を錬成し、鎧に定着させることに成功。そして兄弟は、すべてを取り戻すための長い旅に出る…。


その頃は自分のWebサイトを作って、そこで漫画を毎日更新目標で公開していました。小さなサイトだったのにも関わらず読者の方からコメントをいただくようになると、クオリティが気になり何度も描き直してしまって。大学生活の間、完成しない漫画をずっと描き続けていました。

──Webサイトでの連載からアフタヌーンとの出会いまでは?

つるま:まずはとにかく作品を完成させようと描き上げたのが、『鳴きヤミ.』という同人誌で、それを持って2018年のCOMITIA123に参加しました。

そこで講談社の3誌が合同で現地で開催している「即日新人賞」に『鳴きヤミ.』をエントリーしたら、アフタヌーン編集部から優秀賞をいただいたんです。

『鳴きヤミ』

『鳴きヤミ.』

自分がコツコツつくってきた漫画に、編集者の方から評価をいただいたのが大きな自信となり、漫画家としてやっていきたいと心に決めました。それから、即日新人賞で見ていただいた矢島さんに担当編集についてもらい、一緒に『メダリスト』を立ち上げて今に至ります。

──担当がついて連載までの流れとして、最初からフィギュアスケート漫画を考えていましたか? それとも別の物語もつくっていましたか?

つるま:ネームを見てもらうようになってからも、いい話がなかなか浮かびませんでした。最初は、アフタヌーンに向けて自分が描くならどろっとした冷たい雰囲気のものがいいかなと思って、何作か試していたんですが、どれも形にはならなくて。その頃はフィギュアスケートはもちろん、スポーツ漫画を描くこと自体全然予想していませんでした。

会社を辞め漫画に注力しようと決めて、二冊目の同人誌『女神になんてなれない』を出した時に、少年誌や少女誌の編集部の方々からも連絡をいただいて。

『女神になんてなれない』

『女神になんてなれない』

それをきっかけに、全然違う雰囲気のものを描くのもいいのかもしれないと方針転換しました。熱い感情を描く漫画をやってみたくて、そこからスポーツ漫画という発想になりました。そして、やるならフィギュアスケートがいいなと。他の競技は考えていなくて、フィギュアスケート決め打ちでした。

華やかな舞台に上がる一握りになれるか

──フィギュアスケートはルールが難しく、部活などで出会うこともほぼなくクラブに所属するという特殊な世界だと思いますが、もともとお詳しかったのでしょうか?

つるま:いえ、スケート漫画を描こうと決めてから勉強しはじめました。最初はアフタヌーン主催の新人賞「四季賞」に出す読み切り漫画のつもりだったので、それを前提に色々と調べたり、フィギュアスケートを習い始めたりしてたのですが、矢島さんにネームを提出したら「これはもう連載会議にかけましょう」と言われて。連載が決まってからは、さらに取材を重ねていきました。

担当編集・矢島さん(以下、矢島):スケートを題材にすると決まってからすぐ、おひとりでフィギュアスケートの取材を始めていて。新人賞用の読み切りにも関わらず自分でフィギュアスケートのクラブに通ったり、資料も集めたりとしっかり勉強されているのを見て、創作への意識の高さ・真剣さを感じたのを覚えています。

出てきたネームも熱量がすごくて才気走っていたので、四季賞はスキップして、連載を目指しましょうとご提案しました。

──キャラクター設定にまつわるエピソードを教えて下さい。

つるま:いのりの特徴になっている髪型は最初はエビフライじゃなかったですね(笑)。髪の毛をしばることは決定していたものの、主人公にちゃんと記号的な特徴を入れたいと思って入れました。

 

(C)つるまいかだ/講談社

(C)つるまいかだ/講談社
いのりの特徴的な前髪

 

矢島:いのりは向かって左側にエビフライの尻尾が付いてるんですけど、この向きをしばしば間違えて作画されてますよね(笑)。後ろ姿なのに、左から尻尾が出ていて。入稿時に、いのりの髪型の向きが正しいかつるまさんと一緒に確認することをエビフライチェックと呼んでいます。

あとは、司の右頬のホクロも描き忘れがちですよね。この確認は、黒点チェックと呼んでいます。司は太陽みたいなキャラなので。

(C)つるまいかだ/講談社

(C)つるまいかだ/講談社
司の特徴は右頬のホクロ

つるま:最初からトリプルアクセルを跳べて、スカウトされて世界を舞台に戦う……というお話も楽しいとは思ったのですが、すでに多くの面白い作品がありますから、自分が新しく描くなら、違う切り口に挑戦したいと思いました。

誰にも期待されてない中で、夢から世界を手繰り寄せていく姿を見ていきたいから、選手たちの幼少期から描いていくことにしました。

トップに行くには5、6歳から始めなければいけないと言われる競技で、子供が家族に連れられて初めて氷に乗る。

そこからどのように世界を目指していくのか私自身が知りたかったし、なかなかスポットライトが当たらない部分だと思ったからです。

(C)つるまいかだ/講談社

(C)つるまいかだ/講談社
華やかに見えるフィギュアスケートの世界ですが、その舞台に上がれるのはほんの一握り

──コーチの司とのダブル主人公というのは最初から決めていたのでしょうか?

つるま:実は最初は司ではなく、司がお世話になっている家の娘のちゃんといのりの二人がメインになるような話を予定していたんです。小学生ふたりでコンビを組んで頑張っていく構想でしたが、矢島さんから「厳しい世界でも、見ていて安心できるような大人がいてほしい」と提案をいただき、コーチについて再度取材して司が生まれ、コーチと選手ふたりで頑張っていく話になりました。

(C)つるまいかだ/講談社

(C)つるまいかだ/講談社
司がお世話になっている加護家の、羊ちゃん

──選手としての自分に挫折をして次の人生のステップに向かう司先生の姿に共感し、いのりちゃんに対しては叔母のような気持ちで見てしまいます。いろんな目線で見ることができる作品ですが、『メダリスト』の軸としているテーマは何でしょうか?

つるま:テーマというと色々ありますが、特に一話は「夢に挑む人たちに勇気を持ってほしい」という願いを込めました。いのりたちがこれから目指すのは本当に一握りの人しかいけない世界なので、無理じゃないのかという周りの声を払い除けて進んでいく強さが必要です。

例えば漫画家になりたいという夢があっても、アイドルになりたいと思っていてもまわりに言えないとか、そういう人たちが自分の抱く憧れに挑戦をする勇気になったら嬉しいなと思っています。挑戦していく姿をかっこよく描きたいです。

(C)つるまいかだ/講談社

(C)つるまいかだ/講談社
いのりをコーチする中で、成長していく司先生

──なにかに人生を傾けることは、小さいことも含めて挑戦の連続ですね。小さなステップやスピンができるようになるのももちろん、大人である司先生も2巻で自身の挑戦に対する覚悟を決めます。つるま先生は、特に思い出深いシーンはありますか?

つるま:いのりの初試合は描いていて緊張しました。4話(単行本2巻1話目)が初めての大会で、これから何回も描くことになる競技シーンの軸になります。競技放送での得点表示を画面に取り入れるなど、試合場面のフォーマットを作った話でした。

(C)つるまいかだ/講談社

(C)つるまいかだ/講談社
試合シーンでは、テレビで放映される際のリアルタイムの得点表示のような見せ方を採用

あと、『鋼の錬金術師』の2巻の1話目が合成獣を作る錬金術師の話で、主人公たちが初めて大きな壁にぶつかるとても大きな転機だったんです。物語が進んでも主人公の心の中にこのエピソードが残っている描写があって、そういった今後の柱になる出来事を2巻の1話に持ってきたいなと思っていました。

(C)つるまいかだ/講談社

(C)つるまいかだ/講談社

──確かに臨場感がびしびしと伝わってきます。フィギュアスケートに深く関わるようになって、競技に対する見方も変わっていくかなと思いますが、推しの選手や参考にした選手はいますか?

つるま:全日本選手権がそもそも、フィギュアスケートをやっている人の限られた上位しか行けない、本当に出場が難しい世界。幼いうちからずっとその舞台を目指してこつこつと努力を重ねる子たちを目の当たりにすると、もう誰が推しとか言えないです。トップで戦ってる人はもちろん、ノービスもジュニアもシニアもすべての選手の方々に頑張ってほしいので、みんな推しです!

転ぶ絶望感を乗り越え、立ち上がってきた人たち

──クラブやリンクへの取材をしっかり行われていますが、実際の現場を見た印象はいかがですか?

つるま:テレビの世界しか知らず、クラブで話がうかがえると思ってなかったので、皆さん温かく受け入れてくださって本当にありがたいです。

クラブで会う子どもたちが、びっくりするくらいみんな自発的なんですよ。自分を振り返ってみても、大人が見ていないと遊んじゃったり、先生の言うことを聞かなかったりしてしまうのではと思っていたんですけど、私が見てきたフィギュアスケートの子どもたちは先生が見てない時もずっと練習しているんです。

私の腰くらいまでの背丈の子が、ちっちゃいスケート靴を履いて自主的に練習をしてる姿に胸を打たれます。

──漫画の中で司といのりが成長していくのと同じ様に、取材先の子どもたちもどんどん成長していきますね。

矢島:劇中に出てくるスケートリンクには、今のところすべて取材に行ってますね。どのリンクの方も、すごく良くしてくださって、快く舞台協力していただいています。

リンクにポスターを貼ってくださったり、見本誌をお送りするとTwitterでコメントともに写真を投稿して下さったりと、応援がとてもありがたいです。つるま先生の取材時に「『メダリスト』読んでるよー!」と、クラブに通っている生徒さんが声をかけてくれるのは嬉しいですね。

つるま:実はスケート界の課題として、スケートリンクがどんどん閉鎖していることがあります。

ただでさえ氷の上でしか練習できないのに、練習場所そのものが失われてしまう。何時間もかけてリンクへ通わないといけなくてそのために練習時間が削られたりとか、必ずしも必要のない努力を強いられている現実があるんです。

──作中でも早朝のリンク貸し切りのシーンもありましたね。

つるま:スケートリンクを使用するのは、もちろんフィギュアスケートだけではないので、時間を譲り合ってきゅうきゅうのスケジュールの中でやっています。

それらを少しでも解決するためにもスケート人口が増えて、リンクも増えてほしい……。『メダリスト』が、興味を持つきっかけのひとつになると嬉しいです。

本当はもっと広々と練習したいし、曲をかけて難しいところの調整や苦手なところを繰り返しやりたいのにできない。練習時間がない中で、世界レベルの点数を出せる選手に成長していけることがすごいですよね。たくさん練習したら強くなれるのに、それもできない中で結果を残すという、才能に溢れた人たちが氷の上に立っている。

ものすごい努力を積み重ねて氷の上に立つ選手全員を応援したいし、これからフィギュアスケートをはじめる人や、世界を相手に飛び込む子ども達もみんな応援したいと思ってこの漫画を描いています。

トップ層にいくためには幼いうちから始めるのが望ましいですが、フィギュアスケート自体はいつからでも始められるし、スピンもジャンプもできるようになります。カッコよさと楽しさと熱さを、『メダリスト』でとにかく表現したいなと思っています。

(C)つるまいかだ/講談社

(C)つるまいかだ/講談社
リンクを貸し切るには、リンクのスケジュールの合間を縫わなければならない

──先生もフィギュアスケートを始められたとのことでしたが、実際に自分でスケートをやってみていかがですか?

つるま:骨折しました!!!(笑) いろいろ教えてもらって、すいすい滑れるようになってきた頃に、片足で滑る練習をしてたら足を思いきりひねって……複雑骨折でした。

手術してベッドの上で絶対安静のときに、連載決定の連絡を頂いたので、「夢が叶う瞬間ってこんな感じなんだ……。もしかしたらこの骨折をしたから連載が決まったのかな」って思いました(笑)。おかげさまでいまはボルトも取れましたけどね。

──思い出深いデビューの瞬間ですね。骨折と引き換えに連載だなんて、まるで錬金術の等価交換です。いのりちゃんも作中でもよくこけているので、怪我をしないかが心配です。

つるま:そういった部分も含めて新展開もあるので楽しみにしていてください。自分でスケートをやるようになってびっくりしたんですが、転ぶとすごい絶望感があるんですよね。氷の上で転ぶと目の前が真っ暗になるような、気力が落ちていく感じがするんです。それを経験して描いたのが4話でした。

(c)つるまいかだ/講談社

(C)つるまいかだ/講談社
氷の上で転ぶときの絶望感

自分が今転んだせいで結果が出ないかもしれないこと自体がショックなのに、立ち上がって演技を最後まで続けるのがすごいことだと体感しました。観戦していると、転倒してしまってもすぐ立ち上がって演技を続けることが当たり前みたいに思えますが、実際はものすごい努力、忍耐力があってできることなんだと。

ジャンプが出来るようになるまで何回も何回も氷の上で転ぶなんて、平気なことじゃないはずなのにそれでも何回も繰り返す。心が削れていく作業を何度も経て舞台に立っているので、この漫画では表舞台では見えない、努力の軌跡を描きたいです。

つるまいかだ/講談社

(C)つるまいかだ/講談社

──確かに実生活で転ぶことってあまりないですよね。フィギュアスケートをやっている方たちは圧倒的に転んで、その分立ち上がってきた人たちかもしれません。

つるま:子供のうちは体重が軽く衝撃が少ないので、転ぶ経験をすることはとても大切ですが、成長期の体との折り合いもつけなければいけません。

経験値を重ねたいけれど身体の変化の影響も著しく、トップで活躍できる現役選手時代も短い競技なので、高校生くらいの子が日本代表として世界に挑む。すごい責任感を持って氷に立っていて、本当に尊敬の念しかないです。自分が高校生の頃、こんなことできた? って。

氷の上でジャンプできるだけで奇跡的なことなのに、その奇跡をみんなが見ている中で何度も起こさないといけない世界ってすごすぎませんか? 当たり前のようにやってのけてしまうから麻痺してしまう部分ですが、その尊さも伝えていきたいです。

(c)つるまいかだ/講談社

(C)つるまいかだ/講談社
転んでも起き上がってもちなおすいのり。もう全員偉い子部門優勝!

誰かの人生の一部になる漫画を描きたい

──先生が影響を受けた漫画、好きな漫画について教えて下さい。

つるま:やっぱり『鋼の錬金術師』は本当にすごい衝撃で。錬金術という実際に中世にあったものをベースにした独特のファンタジーの世界観がとても魅力的です。実際の世界を覗かせてもらっているようなリアル感と臨場感が素晴らしく、登場人物みんなかっこよくて賢いし、はっとさせられる言葉がいっぱいある。

漫画はもともと好きでしたが、『鋼の錬金術師』は娯楽の枠を超えて、私自身の人生に入り込んでくる漫画だと感じたんです。人の人生を支える力が漫画にはあると感じましたし、自分もこんな風にメッセージが込もった漫画を描けるようになりたいと思いました。

自分がキャラクターを作る時にも『鋼の錬金術師』を参考に、脇役がいないようにしたいと思っています。みんなそれぞれの人生観と正義があって、時にぶつかるし共存する。まるでキャラクターが実際に存在しているようなんです。

死生観の筋が通っていて哲学があるのもかっこよくて、自分もそうでありたいと思っています。

あとは『シャーマンキング』、少女漫画では『フルーツバスケット』も好きです。ファンタジーかつダークっぽい話が好きなんでしょうね。

──バトル要素が先立つのではなく、登場人物らの心の機微が感じられる作品が先生の心を掴んでいるのですね。今連載している漫画で好きなタイトルは何でしょうか?

つるま:「アフタヌーン」に載ってる漫画はみんな大好きです! 『ブルーピリオド』は創作の喜怒哀楽について感情移入しながら読んでしまうし、矢島さんが編集を担当している男女の友情を描く『友達として大好き』も。恋愛でくっつくことが目標じゃなくて、友達になっていくことを頑張る話って新しいですよね。

あとは名古屋のご当地コメディの『八十亀ちゃんかんさつにっき』とは、舞台が同じ名古屋の縁で『メダリスト』とコラボ企画をさせていただいたんです! 会社員だった頃に、名古屋の地下鉄ジャックで八十亀ちゃんがいっぱい並んでる姿を見て、自分も将来こんな風にリアルの場でも愛される漫画を描きたいと思いました。人気作の先生が新人にこんなにかまってくださって、本当にありがたくて感激でした……!

矢島:『八十亀ちゃんかんさつにっき』の作者の安藤正基先生がご自身のTwitterで、一巻発売の段階で『メダリスト』をすごく褒めてくださって。つるま先生からも八十亀ちゃんとコラボするのが夢ですと聞いていたこともあり、一迅社の担当編集の方にコラボの相談をしたら快諾してくれたんです。

お互いの掲載誌にお邪魔する形で、「アフタヌーン」に4コマ漫画を6本も描き下ろしてくださって! めちゃくちゃ面白くて、ネームを受け取った瞬間にふたりで泣くほど笑いました。名古屋のローカルCMの「これがなくっ茶〜♪」ってご存知ですか? 絶妙な名古屋ネタが最高なんです!

──そのCMソング、聞き覚えがあります(笑)(筆者はお隣の三重県出身。名古屋駅30分圏内だったため、作中の名古屋ネタに頷いてしまいます)まさかここで聞けるなんて!ともに名古屋を盛り上げていけるといいですよね。続いて、『メダリスト』の今後の見どころポイントを教えて下さい。

つるま:司といのりの成長はもちろん、司といのりそれぞれのライバルである、同世代の女王的選手のと元メダリストの謎に包まれたコーチ、夜鷹のコンビについてもこれからしっかり描いていくので注目していただければ。

(c)つるまいかだ/講談社

(C)つるまいかだ/講談社
ノービス女王・狼嵜光は、いのりと同年齢の天才少女

──ライバルのふたりもダークめなビジュアルで、バトル漫画っぽいキャラクターですよね。夜鷹はいつも黒いマントのようなコートを着ていて。

つるま:「カッコいいキャラクターデザイン」を意識すると自分の漫画の好みが出てしまうなと思います(笑)。少しファンタジーなデザインもキャラクターの個性として楽しんでいただけたら嬉しいです。

(c)つるまいかだ/講談社

(C)つるまいかだ/講談社
ほのぼのしたキャラクターが多い本作の中でも異色の存在の夜鷹純

──最後に、『メダリスト』の読者に向けてのメッセージをお願いします。

つるま:『メダリスト』を読んでいただいて本当にありがとうございます! スポーツを描いていくことが自分の中で挑戦であり、試行錯誤がたくさんありますが、それも見守っていただけたら嬉しいです。

そしてフィギュアスケートの魅力を、スケート競技を好きな人にも知らない人にも楽しんでいただけるように、丁寧に描いていこうと思いますので皆さんにも楽しんでいただけたらと思います。

──ありがとうございました!


初遠征・西日本大会が始まり、2回転ジャンプを武器に戦いの場に挑むいのりと司が新しいステージへ進む『メダリスト』3巻は、2021年6月23日発売予定。それぞれの選手とそのまわりの人達によるかけがえのない挑戦の連続で、物語はますます加速していきます。脇役なしの成長譚、これからも目が離せません!

作品情報


メダリスト

つるまいかだ

メダリスト

レビュースコア:3.79

人生ふたつぶん懸けて、叶えたい夢がある!夢破れた青年・司と、見放された少女・いのり。でも二人には、誰より強いリンクへの執念があった。氷の上で出会った二人がタッグを組んで、フィギュアスケートで世界を目指す!

八木あゆみ

【記事を書いた人】八木あゆみ

三重県で生まれ、ただいま東京都在住。紙媒体の編集職として出版社で経験を積んだ後Web制作会社へ。2016年に独立し、Web制作ディレクター、執筆や編集、カメラマンなど職種を問わず活動中。車の運転、アウトドア、旅行、音楽、お酒が好きで、目を離すとすぐに遠くに行きたがる。 好きなマンガジャンルは「グルメ」「サブカル」。好きなキャラは不憫なイケメン。

Facebook Instagram

絶賛開催中!第5回 『みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞』

みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞

今年で5回目を迎える『みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞』(投票期間は5月16日(日)まで)。本賞は、次にヒットするであろう“ネクストブレイク”コミック作品を読者投票のみによって決める唯一のマンガ賞です。読者から読者への新たなオススメを提案する事を目的としています。そして投票も受け付けております!あなたの投票が結果に大きく影響するかもしれません。あなたのイチオシの漫画を応援しよう!

みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞
特設サイト

投票ページ(comicspace)

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST