1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 本・コミック
  4. 【インタビュー】『カノジョも彼女』ヒロユキ「『二股しても許せる男なのか?』を読者に問われ続ける、難しい主人公を描く」【by コミスペ!】

【インタビュー】『カノジョも彼女』ヒロユキ「『二股しても許せる男なのか?』を読者に問われ続ける、難しい主人公を描く」【by コミスペ!】

『カノジョも彼女』
コミスペ!

(このインタビューは2021年4月16日に『コミスペ!』サイトで掲載されたものです)

高校入学と同時に、向井直也はずっと好きだった佐木咲と付き合うことに成功……ところが、彼女持ちの直也に告白を迫る美少女・。渚の良い人ぶりに心が揺れる直也は、ひとつの決断をする…!!

「二股していいか…一緒に彼女に聞きに行かないか!?」

アホガール』のヒロユキ先生が描く感覚アップデート・ラブコメ『カノジョも彼女』第5巻が4月16日に発売されました。

(C)ヒロユキ/講談社

(C)ヒロユキ/講談社

7月からはTVアニメもオンエア開始予定! 「週刊少年マガジン」史上最速でアニメ化が決定した、ラブコメの極意を伺います!

(取材・文:かーずSP/編集:八木光平)

どうせ一度きりの人生、死ぬときは週刊連載に打ち勝ってから死にたい

──『アホガール』の時に「週刊連載はたいへん」とおっしゃっていたヒロユキ先生が、再び週刊誌にチャレンジされました。その理由をお訊かせください。

ヒロユキ先生(以下、ヒロユキ):まず第一に、週刊連載って体力勝負なんです。年齢的に、今のタイミングで週刊連載をしなかったら、もう一生できなくなるかもしれないことが頭をよぎったんですよね。

『アホガール』の時に、週刊連載をギブアップして月刊誌に移りました。「このままだったら一生、週刊連載に負けた人間になる」って悔しい気持ちを、ずっと抱えていました。

どうせ一度きりの人生、死ぬときは、週刊連載に打ち勝ってから死にたい。「俺はやろうと思えば週刊連載できるんです」と余裕のある口ぶりで言ってみたかった(笑)

──「週刊連載をクリアしたぞ」という漫画家としてのリワードが欲しいとか?

ヒロユキ:そう、きっと人生のトロフィーですよ。あとは単純に、周りの知り合いがみんな週刊連載をしているので、「俺もやんなきゃいけないのかな?」って焦ってくるんですよね。

──1巻の後書きでも、その様子が描かれています。

ヒロユキ:あのまま、モロに実話ですよ。みんな週刊連載しているのに、『アホガール』を完結させた後で僕だけが漫画を描いていない。なのに漫画家同士の飲み会に行って、漫画家ヅラして座っていることに、引け目というか負い目というか……それくらい、僕は他人の評価を気にしてるって話です(笑)

咲と渚に仲良くなってもらわないと、楽しい二股? には絶対ならない

──そして生まれたのが『カノジョも彼女』。こちらを描くきっかけはなんだったんでしょうか?

ヒロユキ:もともとはTwitterにアップした漫画が原型になっています。それを同人誌で出してみて、評判が良さそうだったので連載用に本腰を入れました。

同人誌『正々堂々、二股する話』

同人誌『正々堂々、二股する話』

──『正々堂々、二股する話』からの変更はどう進められたのでしょう?

ヒロユキ:キャラの設定を深堀りできてなかったので、細かく決めていって奥行きを持たせた感じですね。
同人誌では、咲が渚に対して厳し目だったんですよ。「いやいや二股なんてありえない、なんなのこの子?」みたいなギスギスした雰囲気がありました。

(C)ヒロユキ/講談社

(C)ヒロユキ/講談社
『正々堂々、二股する話』より

ヒロユキ:でも担当編集さんに「楽しい方がいい」って指摘されて、結果的に咲がアホになるっていう(笑)

(C)ヒロユキ/講談社

(C)ヒロユキ/講談社
アホになった咲(第4巻36話より)

咲のキャラクター性で、作品がすべて決まっちゃうほど最重要なポジションです。この子がサバサバしてくれないと楽しい漫画にならないので、それは強く意識していました。

そして渚は、結果的に横から彼氏を取りに来る女の子なので、「とにかくこの子は良い子にしなければ!」というのが大前提でした。咲が、「この子を追い出すなんて酷い」ってかばうくらい魅力的な女の子にしようと。

(C)ヒロユキ/講談社

(C)ヒロユキ/講談社
咲と渚の不思議な関係(第1巻2話より)

──ギスギス感をなくしたのは大正解だと思います。

ヒロユキ:だから最初は、咲と渚で漫才ができる間柄を目指していました。『カノジョも彼女』は女の子同士の関係値を作らないと、僕の想像するゴールに辿りつけません。

女の子同士にも仲良くなってもらわないと、楽しい二股には絶対なりませんので……まぁ良い二股なんてものが、あるのかどうか分かりませんけど(笑)

「複数ヒロインを同時に幸せにする」ラブコメへの新たなチャレンジ精神

──同人誌からタイトルを変更されたのはどういった理由でしょうか?

ヒロユキ:単純にダサいからです。「二股」ってワードがダサすぎるので、ポップな感じが出せないかと50パターンぐらい出して悩みました。

──そんなにですか!? 近年流行りの長いタイトルにはしなかったんですね。

ヒロユキ:自分は長いタイトルだと他と見分けがつかなくなることが多くて、なんとかオシャレな感じを出そうと時間をかけて決めました。

また単純に短いタイトルの方が好きで、パッと見で覚えやすくしたいという意図もありました。「週刊少年マガジン」に載る以上、最初の導入は読んでくれる人が多いかも、って甘えてる部分もあるんですけど(笑)

──「週マガ」掲載ですと、略称である「カノかの」と『彼女、お借りします』の「かのかり」で、ごっちゃになる懸念は……(笑)

ヒロユキ:このタイトルが一番マシだったんで、略称まではもう許してほしいです(笑)

──時代に合わせて、作風をアップデートしている部分はありますか?

ヒロユキ:絵柄は時代を意識しています。でも中身は結局、自分が納得して描く気になれるかどうかが一番大事なので、時代を気にしすぎてはいません。

世間のトレンドばかりを気にして、自分が楽しめない題材で漫画を描いて失敗するのが最悪です。「せめて自分だけは楽しめるものにはしたい」と常に心がけています。

──「堂々と二股しちゃう」大胆なテーマも……。

ヒロユキ:ラブコメ作品で、ヒロインを一人しか選べないことに歯がゆい気持ちがあって……そりゃそうなんですけどね、そりゃそうなんですけど!(大声で)

(一同 笑)

(C)ヒロユキ/講談社

(C)ヒロユキ/講談社
「堂々と二股しちゃう」という大胆なテーマ(第1巻2話より)

ヒロユキ:でも「ヒロインは一人だけ」に対するチャレンジはあってもいいのかなって。そこが時代性と言えるのかもしれないですね。

ラブコメ作品が増えている中で、少なくとも僕が見ている範囲では、そういう選択肢を取る漫画は滅多に見かけませんでした。なので、「複数ヒロインを同時に幸せにする」ことを一生懸命描いてみたら、どんな漫画になるのか、という挑戦をしています。

──ヒロユキ先生のモテたい願望かなって、穿った見方をしてしまいました(笑)

ヒロユキ:それはもちろん大前提ですよ。チャレンジしてる云々は、編集さんに企画を通すための、プレゼン向けの言い方です(笑)

特殊な状況下に巻き込まれた人間が、どういう反応をするのか

──前作『アホガール』との差異は意識されたのでしょうか?

ヒロユキ:『アホガール』は「よしこがアホだなー」って笑いが一番上に来る漫画です。『カノジョも彼女』は「笑い」よりも、「女の子が可愛い」が一番上に来るようにしています。

作画的にも目の描き方をはじめ、より見栄えがする線や仕上げを意識しています。

──『アホガール』では、女の子の可愛さは二番目だった?

ヒロユキ:二番目どころか、ほとんどギャグに振ってます(笑)。『アホガール』は恋人よりも、友達とかクラスにいたら面白い女の子を描いてました。どちらも魅力的に描くことを意識していますが、魅力のベクトルが違うんです。

──『カノジョも彼女』は、大コマで女の子の恥ずかしがる表情がバンと出てくる。ああいう羞恥シーンは、心にグッときます。

ヒロユキ:昔から僕は、女の子を感情的にさせて、アレコレ大騒ぎさせる状態が好きなんだと思います。女の子に恥ずかしいことをさせたがってしまう(笑)

(C)ヒロユキ/講談社

(C)ヒロユキ/講談社
咲の恥ずかしい表情(第1巻4話より)

ヒロユキ:特殊な状況下に巻き込まれた人間が、どういう反応をするのか。漫画はそこを描かなきゃいけないって考えがあって、結果的に羞恥心の表情が多くなるのかもしれません。

──ギャルゲーやラブコメによく出てくる、親友ポジションの男子がいないことには理由があるんでしょうか?

ヒロユキ:単純に、主人公の友達ポジションを出している暇があったらヒロインを描かなきゃ収まらないからです。ページ数が他の漫画よりも少ない14ページなので、余白が減るんですよ。

──男子同士の会話がほとんどないので、直也には友達がいないんじゃないかって心配で……。

ヒロユキ:多少そういう設定もあるんですよ。そもそも直也は友達を必要としていないタイプ。自分の生きている時間を全部、彼女に使いたいのが直也という人間です。そんな人が、友達と遊びに行く必要ありますか? ……二股してますけど(笑)

(C)ヒロユキ/講談社

(C)ヒロユキ/講談社
そもそも直也は友達を必要としていないタイプ(第2巻11話より)

ヒロユキ:直也に興味を持って近づいてくる同性はいるかもしれないけど、直也から積極的に友達を作りに行くタイプではありません。でも今後は出てくるかもしれませんし、未定です。

「二股しても許せる男なのか?」を読者に問われ続ける、難しい主人公を描く

──直也について、もうちょっと深く伺えればと思います。

ヒロユキ:僕の漫画の主人公って、すごく正直なんですよ。僕自身が本音をすべて口にできる人間ではないので、その理想を漫画の登場人物にやってもらっている感覚です。「自分のできない事を、漫画のキャラクターにやってもらいたい」気持ちが根っこにあるので、主人公は正直な性格になります。

(C)ヒロユキ/講談社

(C)ヒロユキ/講談社
正直すぎる直也(第2巻13話より)

──ヒロユキ先生の理想の姿でもあるんですね。

ヒロユキ:直也みたいに正直に生きたいんですよね。周りの目を気にせず、自分のやりたいこと・言いたいことをオープンにできる部分に憧れます。でも実は……最初は直也、ちょっと苦手だったんですよ(笑)

──えーっ!

ヒロユキ:彼は二股という形で、結局は咲たちに迷惑をかけているわけです。だから1巻で直也が笑ってるカット、ほぼないんですよ。

──言われてみれば……汗かいてますね、どのページも。

ヒロユキ:せめてお前は、もうちょっと必死になれよと(笑)。でも話が進んでいく中で、彼の頑張りが見えてきて、許してあげようかなって。二股に対する罪悪感が一ミリもないキャラクターは、現代の価値観では違和感があります。だから罪悪感はちゃんと持っていて欲しい。そうじゃないと人間離れしてしまいます。

──読者の共感を妨げてしまうと。

ヒロユキ:はい、宇宙人になっちゃいますから、理解不能になる。直也は難しい立ち位置なんです。字面だけみれば「二股してる男の子」ってだけで、めちゃめちゃ嫌われる要素が満載なんで。

──同性からも、異性からも嫌悪される対象になりますよね、現実ならば(笑)

ヒロユキ:そこを彼なりの頑張りとか、生き様とか、ポリシーとか全部ひっくるめて、どこか許せるように描けてたらいいなって。そこを外すと作品全部が崩れてしまいますから、一番気をつけている部分です。

(C)ヒロユキ/講談社

(C)ヒロユキ/講談社
直也なりの真っ直ぐな生き様(第2巻16話より)

──二股という大きなマイナスに対して、どんどんプラスを積み上げていく。

ヒロユキ:読み切りなら「こいつなんか面白いな」で最後まで読めちゃうでしょう。ですが連載が続いていくにつれて、二股に対して真面目に向き合わなきゃいけない部分は出てきます。

──二股というセンシティブなテーマを扱う難しさを感じます。

ヒロユキ:例えば女の子を可愛く描くことに失敗しても、「中可愛い」か「大可愛い」くらいの差で済みます。ですが直也の描き方に失敗すると「大嫌い」になっちゃうんで。

──作品全てがおじゃんに……。

ヒロユキ:そうそう。「こいつは本当に二股しても許せる男なのか?」って定期的に読み手に問われてくる。そこをクリアできる人間に描かなきゃいけない。そこが『カノジョも彼女』の難しさであり、全てです。

 

紫乃は作品に深みを与えてくれた、稀有なヒロイン

──キャラクター作りで、気をつけている点をお訊かせください。

ヒロユキ:全員いい子にしたいです。ジメジメさせないように……ちょっと紫乃は湿度が高いですけど。基本的に明るくしたいので、暗い印象にならないようなキャラクター作りを心がけています。

──明るいキャラといえば、星崎理香(ミリカ)が真っ先に思い浮かびます。

ヒロユキ:家にテント張ってキャンプしてる女の子がいたら面白いなって着想が最初でした。

──あのシチュエーションが一番先なんですね。

 

(C)ヒロユキ/講談社

(C)ヒロユキ/講談社
直也宅でテントを張るミリカ(第2巻14話より)

ヒロユキ:テントを張っているのはなぜだろう→ミーチューブで動画配信するのかな? って、次々に設定が固まっていきました。

性格面は、僕自身が言葉遣いが悪いツンデレが好きなので、悩まずに描いています。「過去に描いた漫画にも出てきたタイプだよなー」って自覚しつつも、好きだからまあいっか、みたいな感じで(笑)

──ミリカがトラブルを持ち込む流れが楽しいです。

ヒロユキ:ミリカが登場してから作品が盛り上がっていった感覚があって、場をかき乱してくれる大切なキャラクターです。

──桐生紫乃についてはどうでしょうか。

ヒロユキ:この漫画には「好きになってはいけない人を好きになったら、どうしましょうか?」って大きなテーマがあります。

渚はいったん受け容れる選択肢を選んで、ミリカは相手から奪う選択肢を選ぶわけですけど……紫乃は「我慢をする」選択肢を取るんですよね。他のヒロインに比べると深刻です。でも、その深刻さが『カノジョも彼女』に違った雰囲気をもたらせてくれました。

(C)ヒロユキ/講談社

(C)ヒロユキ/講談社
物語にこれまでとは違った雰囲気をもたらした紫乃(第3巻27話より)

ヒロユキ:「好きになってはいけない人を好きになってしまう」シチュエーションにおいて、それぞれのキャラクターが取る行動に違いが出る。そこに深みを出したい。紫乃は予想以上に上手いこと、漫画の幅を広げてくれたキャラクターです。

──紫乃も直也が好きという設定は、最初からあったんですか?

ヒロユキ:それは最初から決めていました。ミリカが出てきて「巨大な敵が現れた!」って騒動となり、紫乃が出てきたら「真面目な子が出てくると雰囲気が変わる」となり。新しいキャラクターが出てくるたびに、作品の幅が広がっていくのが、新鮮な楽しみです。

 

(C)ヒロユキ/講談社

(C)ヒロユキ/講談社
真面目な紫乃(第4巻36話より)

──4巻後半は読み味が変わっていて、紫乃が作品を広げたのは納得です。

ヒロユキ:僕のこれまでのマンガは「笑い」要素が強かったんですが、「笑い」以外の部分を描くことでも、楽しみ方ってあるんだなと。作者としても意外な発見で面白いですね、うん。

赤松健先生のビジネス観や、エンタメに徹する姿勢に影響を受けている

──子供の頃にお好きだった漫画について教えて下さい。

ヒロユキ:ドラゴンボール』が大好きで、連載が終わったタイミングで漫画家になりたくて、投稿を始めました。ギャグ漫画としては『幕張』を読んだ時に「漫画でこんなことが許されるのか! こんなこと描いちゃ駄目だと思っていたけどアリなんだ!」ってすごい衝撃を受けました。

──ジャンプっ子だったんですね。

ヒロユキ:それから高校の頃に読んだ『あずまんが大王』には、多大な影響を受けてます。僕の漫画作りの根本は、『あずまんが大王』を僕なりに解釈した結果だと断言してもいいくらいです。大人になってからは、赤松健先生の存在もデカかったですね。

──『アホガール』の後書きに、赤松健先生のブログを読んで影響された旨を描かれていました。

ヒロユキ:赤松先生が特殊だと思うんですけど、漫画家としてのビジネス観や、エンタメに徹して読者サービスを惜しまない視点。そういう漫画家としての姿勢に影響を受けました。

7月からアニメ放映開始!「女の子は、動いて声がつくことで魅力が跳ね上がる」

──担当編集さんから見た魅力はどこにあると感じていますか?

担当編集・岩村さん(以下、岩村):二股っていうセンシティブなテーマを扱っているのに、ヒロユキ先生の巧みな会話劇で、不快感なく楽しく読める作りになっているところです。

(C)ヒロユキ/講談社

(C)ヒロユキ/講談社
明るい会話劇も魅力のひとつ(第3巻24話より)

岩村:僕ら日本人は、たった一人を愛さなきゃいけない常識や固定観念を持っています。法律的に、道徳的に。しかし国や時代が変わると、複数の婚姻は当たり前に存在します。「人を愛するってなんなんだろう?」って考えさせられたりもする。

純粋に笑えるし、女の子が可愛いし、考えさせられる部分もある。色んな味わいを楽しめるところが、『カノジョも彼女』ならではの面白さだと個人的に感じています。

──たいへん同意できます。それではお二人から、最新5巻の見どころを教えて下さい!

ヒロユキ:4巻のラストで紫乃が参戦して、5巻で大きく話が動き始めます。夏休み編でイベントが盛りだくさんなので、楽しんでいただけたら嬉しいです。

岩村:5巻は単発のネタが多いです。女の子の可愛さは担保しつつ、今までよりも大いに笑えるんじゃないでしょうか。

ヒロユキ:5巻の38話で、メイドのコスプレをする回が出てきます。僕はこういうくだらない話が大好きなんですよ! ただただくだらない、でも可愛いからまぁいいかって(笑)

──7月からはTVアニメが放映されます。ヒロユキ先生からアニメスタッフに要望は出されましたか?

ヒロユキ:ギャグ漫画ではないので、あくまでもラブコメとして作って欲しいとお伝えしました。もちろんコメディシーンは多いんですけども、「ラブコメであることは担保してほしい、表現としてギャグに寄りすぎないようにはしてほしい」と。

(C)ヒロユキ/講談社

(C)ヒロユキ/講談社

──アニメに期待するのはどの部分でしょうか?

ヒロユキ:女の子は、動いて声がつくことで魅力が跳ね上がります。アニメならではの部分なので、そこが楽しみですね。

──最後に読者の皆さんへメッセージをお願いします。

ヒロユキ:5巻が4月16日に発売されました。一味変わったラブコメを読みたい方には、きっと何かしら刺さるところもあると思います。良かったら読んでください。

TVアニメも7月から始まります。アニメと漫画、両方楽しんでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします!

──本日はありがとうございました!

作品情報


カノジョも彼女

ヒロユキ

カノジョも彼女

販売:最新巻(5)/レンタル:4巻まで
レビュースコア:3.4

自分の気持ちに正直な高校生の直也には、咲というカワイイ彼女がいる!幸せの絶頂にいる直也。そのうえ、突如あらわれた美少女、渚から告白される。渚の思いを受け止めた直也は、渚に対して好意を抱き、まさかの提案をするのだった…!!自分に絶対嘘をつかない、ネオスタンダード・ラブコメ!直也には咲というかわいい彼女が! しかし、渚という可愛い女の子が直也のことを好きだと言う! 渚の思いを正面から受け止め、彼女のことを魅力的に感じた直也は、咲にカノジョを彼女にしていいか、許可を取りに行くのだった!咲のOKを取り付け、3人は共同生活を始めることに…!! ネオスタンダードな恋人生活が始まる!

かーずSP

【記事を書いた人】かーずSP

個人ニュースサイト「かーずSP」管理人。漫画の趣向としては、女の子がたくさん出てくる「萌え」か、スポ根や本格ファンタジーなど「燃え」が好物。

WEBサイト Twitter

絶賛開催中!第5回 『みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞』

みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞

今年で5回目を迎える『みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞』(投票期間は5月16日(日)まで)。本賞は、次にヒットするであろう“ネクストブレイク”コミック作品を読者投票のみによって決める唯一のマンガ賞です。読者から読者への新たなオススメを提案する事を目的としています。そして投票も受け付けております!あなたの投票が結果に大きく影響するかもしれません。あなたのイチオシの漫画を応援しよう!

みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞
特設サイト

投票ページ(comicspace)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ヒロユキ

生年月日1982年4月23日(39歳)
星座おうし座
出生地石川県

ヒロユキの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST