1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 本・コミック
  4. “作品力×企画力”――書店員プロデュース『TSUTAYA文庫』2021年5月のラインアップ

“作品力×企画力”――書店員プロデュース『TSUTAYA文庫』2021年5月のラインアップ

TSUTAYA文庫

TSUTAYA文庫とは

合計100作品、300万部突破!(2020年4月時点 累計発行部数)
今読んでほしい作品を発掘して、表紙・POPデザインを書店員が新たにプロデュース。数々のヒットを生み出している読者至上主義企画です。

2021年5月のラインアップ ※展開開始時期は店舗により異なる場合がございます。

パリ行ったことないの

パリ行ったことないの

著者:山内マリコ
出版社:集英社
出版年月:2021年05月
定価(税込):506円
プロデュース内容:表紙・帯・店頭用POP

ここがオススメ!

パリに憧れる女性の何気ない日常の中の物語を集めた短編集。
登場人物の想いに「わかる!」と共感しながら少しそんな物語の主人公たちが前向きになれるように背中を押してくれるような1冊です。
きっとどこにでもいる誰かの物語。

あらすじ

女性たちの憧れの街“パリ”。ずっとパリに行くことを夢見ていながら、臆病すぎて一度も海外に行ったことのなかったあゆこ。35歳になった彼女はある映画に惹かれ、ついに渡航の決意をかためる。年齢も境遇もさまざまな10人の女性たちが、パリへの想いを通して結び付き、やがて思わぬところで邂逅することに―。11の掌編が花束のように束ねられ、特別な旅へ導かれる、大人のおとぎ話。

作品詳細

隻眼の少女

隻眼の少女

著者:麻耶雄嵩
出版社:文藝春秋
出版年月:2021年05月
定価(税込):902円
プロデュース内容:表紙・帯・店頭用POP

ここがオススメ!

主人公目線でラブコメかな?ヒロインはツンデレなのかなと読んでいると…もう衝撃なんて言葉が軽く聞こえるほどの物語なんです!
何を言ってもネタバレになるのでほとんど内容については触れられないので「読んで!」としか言えない1冊なんです。

あらすじ

山深き寒村で、大学生の種田静馬は、少女の首切り事件に巻き込まれる。犯人と疑われた静馬を見事な推理で救ったのは、隻眼の少女探偵・御陵みかげ。静馬はみかげとともに連続殺人事件を解決するが、18年後に再び惨劇が…。日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞をダブル受賞した、超絶ミステリの決定版。

 

作品詳細

おきざりにしたリグレットを拾いに。あの日のきみへと、もう一度

おきざりにしたリグレットを拾いに。あの日のきみへと、もう一度

著者:板橋雅弘
出版社:TOブックス
出版年月:2021年05月
定価(税込):825円
プロデュース内容:原案・表紙・帯・店頭用POP

ここがオススメ!

BOYS BE…の著者が描く、大人になったあの日の少年少女に送るほろ苦くて涙が自然と流れる感動の大人の青春小説。
「あの頃」に置いてきてしまった想いがある人は絶対に読むべき。夕日のように心に染みる1冊です。

あらすじ

高校2年の文化祭で、バンド仲間としてステージに立った木村が死んだ。孤独死だった。葬儀のあと、55歳になった残りのメンバー5人は旧交を温めつつ、心に抱えた苦い思いを打ち明ける。そこへ、大地震が起きた。気がつくと、5人はそれぞれの過去に戻されていた。悔いを残した「あの日」に!戸惑い、躊躇いながらも、過去を、そして未来を変えようとする5人。果たして未来は変わるのか。「おきざりにした後悔リグレット」は解き放たれるのかーー。

作品詳細

スマイルメイカー

スマイルメイカー

 

著者:横関大
出版社:講談社
出版年月:2021年05月
定価(税込):770円
プロデュース内容:表紙・帯・店頭用POP

ここがオススメ!

色々な状況に置かれた人たちがタクシーを停める。そしてこのタクシーの運転手はそんな人たちを必ず笑顔にしちゃう!?
衝撃の作品!なんて煽り文句すら味方につけ読者の心を掴んでしまうような最高の楽しみがこの作品には詰まっている!!

あらすじ

家出少年が、濡れ衣を着せられた「犯罪者」が、バツイチの女性弁護士が、街中でタクシーを止める。お人好しドライバーたちは誰も拒まない。やがて少年は失踪し、タクシーが消える。どんな逆境にも諦めず、ひたむきに生きる人々にもたらされる結末は?乱歩賞作家が贈る、感動と興奮の傑作長編ミステリー!

 

作品詳細

取調室 静かなる死闘

取調室 静かなる死闘

著者:笹沢左保
出版社:祥伝社
出版年月:2021年05月
定価(税込):748円
プロデュース内容:表紙・帯・店頭用POP

ここがオススメ!

ドラマ化もされた大ヒット作、待望の復刊!!
どんでん返しミステリーの名手笹沢左保の書くハードボイルド警察小説。
ほぼ取調室で行われる言葉のやり取りで組まれた知能戦にヒリヒリ。そしてそこから突き落とされるような衝撃の展開。

あらすじ

完全犯罪を狙う犯人と「証拠」と「自供」からそれを崩そうと考える刑事。
取調室の中で繰り広げられる心理戦。

佐賀のホテルで大学生の撲殺体が発見された。
状況証拠から、息子を残し宿を出た大学教授の父・小田垣光秀に容疑が向けられる。一週間後、小田垣は北海道で逮捕された。取調官は、「落としの達人」の異名を持つ水木正一郎警部補。
完璧なアリバイを盾に淀みなく証言を繰り返す小田垣を前に、水木は長期戦を覚悟する。拘留期限が迫る中、水木が最後に打った大胆な一手とは!

作品詳細

今の時期にオススメ

今回のテーマ「読書で心にお日様を」

じめじめした梅雨の季節でも、すっきり晴れやかな心持ちになったり、陽だまりに包まれるようなあたたかな気持ちになる本を集めました。

おすすめを見る

気分別のオススメ

驚愕の展開驚愕の展開(2)心が晴れる涙があふれる恋い焦がれる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST