1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 本・コミック
  4. このタイトルにも驚愕!? 超伏線転生もの『蜘蛛ですが、何か?』【TSUTAYAの名物企画人“仕掛け番長”のススメ】

このタイトルにも驚愕!? 超伏線転生もの『蜘蛛ですが、何か?』【TSUTAYAの名物企画人“仕掛け番長”のススメ】

蜘蛛ですが、何か?

アニメからもハマる人続出! 一度見たらもう先が気になって読むのを止められなくなる、究極の蜘蛛成り上がり!?!? 物語!

蜘蛛が主人公の作品と話すと大抵この作品を知らない人には「えっ??何それ?なんか嫌だ」なんて否定の言葉を聞かされるのだが、「とにかく漫画の1巻だけでも」「アニメの1話だけでも」とかなり強引目にオススメして読んだり見たりしてもらうとほぼ全員作品にハマります。
そしてその3人に1人くらいは気になりすぎて原作小説まで一気に堪能してしまうという、とんでもくオススメするのが楽しくなってしまう作品がこの『蜘蛛ですが、何か?』なのだ。

この作品はいわゆる異世界転生もの。
女子高生だったはずの「私」は目覚めるとなんと蜘蛛に転生していた!! と各所で作品紹介されている通りの物語だ。

まず、この転生蜘蛛子さん、人生ならぬ蜘蛛生を元気に明るく楽しく、周りがめちゃくちゃ強いモンスターだらけの異世界の洞窟の中で自分よりも格上のモンスターを倒しどんどんレベルアップ! 進化! を繰り返していく。
最初から俺ツエーではないその成長の過程と、蜘蛛子さんの性格やオタク要素的な思考もあり、めちゃくちゃ面白く異世界転生物語を楽しめる。
しかしこの作品の面白さはもちろんそれだけではないのだ。

蜘蛛子さんの物語と同時に進行していく人間サイドの物語。
この2つの視点の物語が複雑に絡み合い、1つの物語を浮き彫りにしていく。

正直「転生に意味がある」転生ものは少ない。
トラックに跳ねられてに代表されるように「転生してからが物語である」というのが当たり前なのが異世界転生ものだ。

しかしこの『蜘蛛ですが、何か?』はその転生以前にも重要な意味を持たせ、蜘蛛子さんのゆるゆる楽しい蜘蛛生と真逆の深く丁寧に張り巡らされた伏線が合わさり、読者の好奇心煽りまくりの物語となっている。

この単純に付けられたと思ってしまうようなタイトルにも実は伏線が張られている。

この作品、ぜひ気になった方は試しに触れてみていただきたい。
なんだかよくわからないうちにこの作品魅力にきっとクモノイトに捕まってしまうようにハマってしまうはずだから。

(文:仕掛け番長)

仕掛け番長のおすすめ本

【小説】蜘蛛ですが、何か?

【小説】蜘蛛ですが、何か?

出版年月:2021年1月
著者:馬場翁
出版:KADOKAWA

【漫画】蜘蛛ですが、何か?

【漫画】蜘蛛ですが、何か?

出版年月:2021年4月
著者:かかし朝浩、馬場翁
出版:KADOKAWA

“仕掛け番長”栗俣力也

【コンシェルジュ】仕掛け番長

栗俣力也(くりまた・りきや)。絶版書の復刊プロデュースを数多く仕掛け、ヒット本を発掘することで知られ、読者や出版業界関係者に「仕掛け番長」の愛称で呼ばれる本が大好きな日本男児。

仕掛け番長の記事一覧 Twitter(@maron_rikiya)

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST