1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 本・コミック
  4. 子ども向け! おすすめプログラミング本を年齢別に厳選! パパ・ママもパズルで苦手意識を克服せよ!【スマイルサプリ】

子ども向け! おすすめプログラミング本を年齢別に厳選! パパ・ママもパズルで苦手意識を克服せよ!【スマイルサプリ】

考える力を育てる天才プログラミングパズル

こんにちは、スマイルサプリです。

2020年度に小学校で、2021年度から中学校・高校でも必修化されるプログラミング教育。
黒い背景のPC画面にひたすらテキストを打ち込み、子どもたちがWEBやアプリケーション、ゲームをつくれるようにならなければいけないのかと来年入学を控えた子を持つ親として今から不安で仕方ありません。
いざ子どもたちからプログラミング言語のことを質問されたって、うまく回答することができないパパママも多いことでしょう。
そこで今回は、そもそもプログラミング教育ってどんなことを学ぶの? どんなことを自宅で教えてあげたらいいの? など、パパママの疑問に答えていきます。

目次

1.そもそもプログラミング教育ってどんなことを学ぶの?
2.プログラミング的思考とは?
3.プログラミング的思考を学ぶのにおすすめの本/幼稚園生〜大人まで

1.そもそもプログラミング教育ってどんなことを学ぶの?

そもそもなぜプログラミング教育が必要なのでしょう。
それは「プログラミング教育を通じてコンピュータを理解し活用していく力を身に付けるため」です。
スマートフォンがどうやって動いているのか、アプリケーションはどのようにして作られているのか、そんなコンピュータの裏側を知らない方も多いと思いますが、今まさにこれらのテクノロジーをもっとうまく適切に活用する力が求められ始めています。
子どもたちの未来は確実に今の産業構造は大きく変化して、会社や職業も現在とは全く異なったものが広まっていくことでしょう。
そんな未来を生き抜く上で必要とされている力を身につけるために学ぶのが、まさに2020年度から導入されたプログラミング教育なのです。中・高生になれば、本格的なプログラミング言語に接する機会が多くなるようですが、下記のような文字列を見ても「???」が頭に浮かんできてしまいます。

■参考プラグラミング言語
for(i=0;i<10;i++){
    if(i==5){
        break;
    }
    print(i);
}

結局、テキストをひたすら打ち込んでいく教育なのかと、苦手意識が芽生えてしまうと思います。そして、パパやママだって教えることが難しい。

でも、本来的なプログラミング教育の目的は以下のように文部科学省の「小学校学習指導要領解説 総則編」で定められています。

■プログラミング教育の目的
【1】「プログラミング的思考」を育むこと
【2】プログラムの働きやよさ、情報社会がコンピュータ等の情報技術によって支えられていることなどに気付くことができるようにするとともに、コンピュータ等を上手に活用して身近な問題を解決したり、よりよい社会を築いたりしようとする態度を育むこと
【3】各教科等の内容を指導する中で実施する場合には、各教科等での学びをより確実なものとすること

読んでみるとゲームやシステム開発ができるようになる必要はまったくなく、プログラムとは何かを学び、プログラミング思考(論理的思考力・問題解決力・集中力・推理力など)を養うことを目的としているのです。
そう考えると、プログラミングに慣れ親しんでいないパパやママでも、教えることができるような気がしますよね。

2.プログラミング的思考とは?

さて、ではプログラミング的思考とはどんなものなのでしょうか? 文部科学省は以下のように述べています。

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力

論理的思考に近いものがありますよね。
目的をしっかりと因数分解して、一つ一つ積み上げていく。

例えば、
売上高5,000万円を達成するには、一人当たり5,000円購入するお客さんを10,000人集めなければいけない。
でも、現状は顧客単価は3,000円、お客さんは5,000人しかいない。
顧客単価を上げるためにはどうしたらいいか?
お客さんを2倍集めるためにはどんなことをしたらいいか?
そもそも、二つの目的を同時に達成することが可能なのか?

など、商品開発にしろ、営業活動にしろ、それぞれの目的と現在地をしっかり理解して整理し、課題が何か、その課題を解決するためにはどんなことができるか? を仮説を立てて検証していかなければなりません。
いわゆる、ロジカルシンキングと呼ばれる一例ですね。

そして、プログラミング的思考はこの論理的思考をもっと効率化するイメージです。
論理的思考は、どちらかというとその手順や筋道を段階的に時と場合、周りの環境を加味しながら都度判断していくもの。
対して、プログラミング的思考は論理的思考で立てた筋道の中から、もっとも最適なものを選んで選択するイメージ。

例えば美味しいジューシーな唐揚げが食べたい
そんな時にレシピが必要ですよね。

■美味しいジューシーな唐揚げの作り方
・新鮮な鶏肉を用意する
    鶏肉は胸肉を用意。他の部位だとジューシーにならない。
・鶏肉を50gずつに切り分ける
    ジューシーさを存分に味わうためには大きさが重要。40gでも60gでもだめ。
・下味は醤油・酒・にんにく・生姜で味付けする
    下味は30分は最低でもつけておかないといけない。逆に30分でも美味しく出来上がる。
・たっぷりの油で3分揚げる。その後、油から取り出して3分休ませる。そしてまた3分揚げて、完成
    2分でも4分でもダメで、それぞれ3分であることが重要

肉の部位が決まる。一つひとつの分量が決まる。そうすると、漬ける時間や揚げる時間も最適な時間がバシッと決まるわけです。
これが僕が考えるもっとも身近にあるプログラミング的思考の応用だと思います。
子どもたちにも理解してもらいやすいですよね。

3.プログラミング的思考を学ぶのにおすすめの本

なんとなく、プログラミング的思考が普段の生活でも応用できるよう、生きるために必要なものであることを理解した上で、どうやって学んでいったらいいのか気になりますよね。
そこで今回はプログラミング的思考を鍛える上でおすすめしたい本をご紹介します。

■幼稚園生向け

学習ドリル 思考力をのばす!ポケットモンスター プログラミング

学習ドリル 思考力をのばす! ポケットモンスター プログラミング

出版年月:2020年7月
出版社:小学館
著者:ワンダーラボ

子どもたちに大人気の一冊。TSUTAYA店舗での売上も上位を記録しています。
5~8歳までとありますが、中身を読み、おそらく幼稚園生にちょうどいいレベルかなと思いました。
今はポケモン好きな幼稚園生も多いので、惹きもよく小学校に入る前にプログラミング的思考とはどんなものだろうと、子どもと一緒に確認するにはもってこいの一冊だと思います。
僕も今年、自分の娘にプレゼントする予定です!

■小学校1・2年生

すみっコぐらし学習ドリル 小学1・2年 はじめてのプログラミングドリル

すみっコぐらし学習ドリル 小学1・2年 はじめてのプログラミングドリル

出版年月:2019年11月
出版社:主婦と生活社
著者:鈴木二正

こちらも子どもたちに大人気。
『すみっこぐらし』と一緒にプログラミングに必要な「順序」「反復」「分岐」などのジャンルを網羅的に学べる一冊となっています。
クイズ形式で進んでいくので飽きずに進めることができますが、最終的には「二進法」について学ぶ必要があったりと、大人が一緒にサポートしてあげないと難しい部分もあります。
すみっコぐらしのかわいい見た目とは裏腹に結構本格的な内容のため、しっかりと勉強させてあげたいというパパ・ママにおすすめの一冊です。

■小学校3年生以上大人までOK

考える力を育てる天才プログラミングパズル

考える力を育てる天才プログラミングパズル

出版年月:2021年2月
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
著者:西嶋孝文

累計20万部突破の人気のドリルシリーズから刊行された一冊。「数独」のようなパズル形式でプログラミング言語を学ぶことができます。
どうしても本格的になればなるほど、苦手意識が芽生えやすい分野ですが、著者の西嶋孝文さん(ステムアカデミーキッズ)が考案したオリジナルパズルを解いていくと、自然に言語に慣れていくことができます。
実はこちらの本、僕は全パターンのクイズを解いたのですが、大人でもかなり手応えがありました。特に上級になるとヒントを片手に解いていかないと解けないレベル。
しかし、何度もif構文について確認したり、「var ▲=10;って?」「▲++はどんな意味だっけ?」「nullって何?」などの疑問を繰り返し確認していくことで下のような文字列が何を示しているかを理解できるようになりました。

n = 2;
if(n>5){
    console.log("good");
}else{
    console.log("bad");
}

この場合は、nが5よりも小さいためプログラムを走らせると”bad”が表示されます。

この本、ぜひ親子でプログラミング的思考とその先の言語に挑戦するにはうってつけの一冊だと思います。
数学と英語が得意なパパやママは結構すんなりと理解していけるかもしれません。
それにしても、小学校3年生からこんなことを理解できるようになれば、日本の将来は明るいのではと思ってしまいました。

■ゲームづくりに興味がある子ども向け

できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch プログラミング入門

できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch プログラミング入門

出版年月:2017年7月
出版社:インプレス
著者:竹林暁、澤田千代子

我が家でも週末にScratchを楽しむ機会が増えました。そのきっかけがこの本。
プログラミングに必要なコード一つ一つが、日本語のパーツになっていて、パズルのように組み合わせることでキャラクターが動いたり、音が鳴ったり、ゲームを作ったりすることができるのです。
幼稚園生の娘は何となく、ボタンを押す(イベント)と左右にキャラクターが動く、キャラクターをクリック(イベント)するとにゃーと鳴くというようなプログラムを自分で組むことができるようになりました。

Scratchでゲーム開発中の娘

Scratchでゲーム開発中の娘

段階的にステップアップできるように構成は組まれているのですが、最終的には本格的なゲームが作れます。
大人が子どもに解説できるように作られていることもあり、親子でゲームを作ろうなんて方にはぜひおすすめしたいです。
言語を覚えて、コードを書かないといけないなんて思わずに、ゲームを作りたいと子どもに言われたら、ぜひこの本で一緒にトライしてみることをおすすめします!

いかがでしたでしょうか?
もうすでにプログラミングが子どもたちの身近な存在になりつつあります。
「考える力を育てる天才プログラミングパズル」「できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch プログラミング入門」は実際に僕が体験して、大人でもプログラミング的思考とプログラミング言語の入り口としてぜひおすすめしたい本ですので、ぜひ手にとってみてくださいね。
娘と作っているゲームが完成したら、ニュースで報告したいと思います!

お弁当パパ/伊東寛雄

【Editor】お弁当パパ/伊東寛雄

伊東寛雄(いとう・ひろお)。一姫二太郎(5歳♀、1歳♂)を子に持つ父親。毎朝こどものお弁当をつくってSNSに投稿するのが日課。スマイルサプリでは子育て中の妻に”作品をプレゼントする”シーンを妄想して記事を書いている。稀に音楽熱が燃え上がり、音楽関連の記事を書くこともある。

執筆記事
【スマイルパパ】記事一覧 【パパサプリ】記事一覧 【スマイルサプリ】記事一覧 【サクセスサプリ】記事一覧 【週末エンタメのススメ】記事一覧

SNS
Twitter(@chiromanpapa)

スマイルサプリとは、日頃子育てや家事で大忙しのママを笑顔にできるような作品(映像、本・コミックなど)を紹介しています。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST