1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 本・コミック
  4. これはラブコメなのか!? アホすぎる可愛いが迫りくる!『カノジョも彼女』【TSUTAYAの名物企画人“仕掛け番長”のススメ】

これはラブコメなのか!? アホすぎる可愛いが迫りくる!『カノジョも彼女』【TSUTAYAの名物企画人“仕掛け番長”のススメ】


カノジョも彼女

アニメ放送でさらに人気加速!!
もはや新ジャンルではないかと思わせる新しいアホ可愛いさが加速中!!

「カノジョも彼女はラブコメなのか!?」

つい先日アニメ『カノジョも彼女』(通称カノかの)の第1話を見たとある漫画読み仲間が、わりと大きい声でテンション高めに聞いてきた。

『週刊少年マガジン』は歴史に残る名作ラブコメを多数生み出す、ラブコメ好きが愛する漫画雑誌のひとつになっている。
近年同誌からアニメ化し大ヒットとなった『五等分の花嫁』『彼女、お借りします。』に続く感じを、見る側は少なからず感じるこの『カノジョも彼女』のコミックを読むことなくアニメを見ていたら、そんな質問が飛んでくる事もわからなくもない。

この作品はとにかくハイテンションで笑える。
そして何よりその笑いのポイントが、可愛いくキュンキュンさせてくる。
なかなか変なことを言ってるがこの意味は『カノジョも彼女』の読者はわかってくれると思う。
とにかくヒロインが全員、純粋で真っ直ぐでアホアホなのだ。
そのアホさが笑えてしかも可愛いく、読者の心をわし掴みしてくる。

いつものレビューならストーリーにもある程度触れつつ、作品を紹介するのだがこの作品についてはあえてそれをしないでおきたい。
この作品はなかなか難しい大筋の設定が組まれている。その言葉を聞いただけで作品を楽しまずに本を開くことをやめてしまう人も少なくないだろう。
しかしそれは本当にもったいない。なぜならその言葉が表すものは誰かが勝手に決めたイメージでしかなく、そのイメージがこの作品には当てはまらないのだ。

カノかののヒロインは(現段階で)4人。
コメディ要素の方が強いラブコメだとヒロインの性格が似通ってしまい、推しという概念が生まれにくいと思うのだが、この作品は見事に4人全員が異なるアホポイントで攻めてくるのでしっかりと読者が推しを見つけ楽しむことができる。
この点も非常にオススメしたいポイントだ。

現在放送中のアニメ、そしてコミックスも現在6巻と読みやすい巻数なので、ぜひ一度このカノかのを楽しんでみて欲しいと思う。
夏のジメジメを吹き飛ばす笑いと可愛いをぜひ!

(文:仕掛け番長)

仕掛け番長のおすすめ本

カノジョも彼女

カノジョも彼女

出版年月:2021年06月
著者:ヒロユキ
出版:講談社

“仕掛け番長”栗俣力也

【コンシェルジュ】仕掛け番長

栗俣力也(くりまた・りきや)。絶版書の復刊プロデュースを数多く仕掛け、ヒット本を発掘することで知られ、読者や出版業界関係者に「仕掛け番長」の愛称で呼ばれる本が大好きな日本男児。

仕掛け番長の記事一覧 Twitter(@maron_rikiya)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ヒロユキ

生年月日1982年4月23日(39歳)
星座おうし座
出生地石川県

ヒロユキの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST