1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 本・コミック
  4. 「ミステリー作家の作品づくりとは?」作家・五十嵐律人×三津田信三が語る作品ができるまで。【さあ、どんでん返しだ。キャンペーン】

「ミステリー作家の作品づくりとは?」作家・五十嵐律人×三津田信三が語る作品ができるまで。【さあ、どんでん返しだ。キャンペーン】

「ミステリー作家の作品づくりとは?」作家・五十嵐律人×三津田信三が語る作品ができるまで。【さあ、どんでん返しだ。キャンペーン】「さあ、どんでん返しだ。」キャンペーンを開催中!!

みなさん、ミステリーはお好きですか?
実は今、講談社文芸第三出版部から発売されるミステリー小説8作品の発売を記念したキャンペーンが開催されています。その名も、「さあ、どんでん返しだ。」キャンペーン。
TSUTAYAでは対象商品購入者に向けた豪華プレゼント企画に加えて、今回TSUTAYA News編集部が「全作家へのオンライン取材&映像化」を実施します。
第一回目のオンライン取材は、7月に新刊を発売した五十嵐律人先生と三津田信三先生をゲストにお招きいたしました!ぜひこちら映像でお楽しみください!!
そして、本記事では泣く泣く映像ではカットした取材内容を記事にしましたので、映像と一緒にお楽しみくださいませ。

※「さあ、どんでん返しだ。」キャンペーンの概要はこちら
https://tsutaya.tsite.jp/news/book/41575535/

※五十嵐律人先生と三津田信三先生の取材映像はこちら

さて、本編映像でも触れていますが、新刊『原因において自由な物語』のプロローグ部分は、物語の導入部分として読者を前のめりにさせる秀逸さが光る作品です。
プロローグについて話を伺うと五十嵐先生は「読者との信頼関係をもっと密なものにしていくため、”どこから読んでも面白い”作品づくりを妥協せずに貫いています。今回のプロローグも一行目からしっかりと謎になっていると確認してから書き始めました。」と、小説を書く初期の段階から読者を夢中にさせるこの一文が用意されていたことを明かしてくれました。
そんな五十嵐先生の作品づくりの一端を知ってもらった上で、三津田先生に「作品づくり」について伺ってみました。

「最終的に書き終えられるのかとデビューからしばらくは不安になることばかりでした」(三津田信三先生)

「ミステリー作家の作品づくりとは?」作家・五十嵐律人×三津田信三が語る作品ができるまで。【さあ、どんでん返しだ。キャンペーン】

栗俣(インタビュアー):本編映像では五十嵐先生の作品づくりについてお伺いしましたので、次は三津田先生にお伺します。プロローグからしっかりと練りに練っている印象のある五十嵐先生の作品づくりですが、三津田先生はどのように小説を書き始められているのでしょうか?

三津田先生:いやー、五十嵐先生は非常にしっかりされていますね。私の場合、物語の核・中心となるアイデアはもちろん書き始める前に固めていますが、ストーリーについては書きながら考えています。つまり、いわゆる“プロット”と呼ばれる小説・物語の構成を用意していません。物語の舞台やテーマについての参考文献を読み込みながら頭の中で整理していき、「よし、これで書き始められるぞ!」という目処がついてようやく書き始めます。
正直、このような書き方をしていて「自分は本当に作家なのか?」と不思議に思うこともありますし、最終的に書き終えられるのかとデビューからしばらくは不安になることばかりでした。なので、自分の作品の原稿チェックをするときは、「しっかり書けているなぁ」と感心することもありますね(笑)。

栗俣:そうなんですか!? 三津田先生の作品はどれも設定がしっかりされている印象を受けていました。

三津田先生:周りからもよくそう言われています。他のミステリー小説の作家の方たちは、私とは違って一から十までプロットを決めて小説の骨組みをしっかりと決めてから書き始められることが多いと思いますね。とはいえ、小説を書き続けていく中で、ようやく『山魔の如き嗤うもの』を執筆した頃に自分の書き方でも「小説家として作品づくりができる」という自信が湧いてきました。

「意地でも答えを見つけ出してやると、ベッドの上で体育座りしながら頭を悩ませています」(五十嵐律人先生)

「ミステリー作家の作品づくりとは?」作家・五十嵐律人×三津田信三が語る作品ができるまで。【さあ、どんでん返しだ。キャンペーン】

栗俣:そうなのですね。五十嵐先生も作品ができるまでに不安を感じることはありますか?

五十嵐先生:『原因において自由な物語』のプロローグを書いたときのエピソードからすると、一から十までプロットをしっかりと固めて書き始めるタイプの小説家だという印象が強いと思いますが、「タイトル」「プロローグ」「謎」まではしっかり決め、その先は思うがままに筆を走らせています。
今回の『原因において自由な物語』では中盤で3つの謎が提示されますが、それらの謎解きの答えは執筆時点では決めていないわけなので、いざ「答えを書くぞ!!」という段階に入ったら小説を書く手を止めます。もともと設定していた3つの謎の整合性を取れる答えは何かを、その時に見つけ出します。
安易にその時に思いついた答えを優先して謎の方を変更したりせず、意地でも答えを見つけ出してやると、ベッドの上で体育座りしながら頭を悩ませています。長い時には1ヵ月ほど答えを探し続けていることもありますね。だから、しっかりと最初に構成を決め切る”ちゃんとした”新人作家ではないんですよね。

三津田先生:五十嵐先生、その小説執筆時の取り組み姿勢、素晴らしいです!!

栗俣:ありがとうございます。いや、もう一度言いますが、五十嵐先生、三津田先生、お二人の作品はいずれも設定がしっかりされているので、ミステリー好きの私としては、先生たちの執筆方法についてお話を伺えてとても意外でした。

三津田先生:いわゆる一から十まで設定された“がっちり”とした作品を、頭の中で考え尽くせる作家は「天才」ですよ。ある意味。私もそうですが、頭の中で考えを巡らせつつも、筆を走らせることでどんどんアイデアが生まれて、作品ができあがって行きます。
アスリートも毎日練習をして身体を動かしていくことで、少しずつ少しずつパフォーマンスが向上していきますよね。私たち作家も同じなんです。
作家で言えば、小説を読んだり、映画を観たりすることが作家としての“基礎体力づくり”と言えるかもしれません。
五十嵐先生は、この“基礎体力”がしっかりしている印象ですよね。お話を伺っていると。

栗俣:そう考えると、小説を書くということは一種のスポーツと言えるかもしれませんね。

三津田先生:知的な職業と言われることの多い作家ですが、実は体力仕事なんですよね。

さて、記事でのご紹介はここまで。本編はYouTubeをお楽しみください。

いかがでしたでしょうか。作品づくり、小説の書き方。一人ひとりの先生の個性が光りました。

一行目から読み手の期待値を超えていこうとする五十嵐先生。
プロットなしで書きはじめ、小説を書く自由を楽しむ三津田先生。

でも、お二人に共通するのは物語の行く末だったり、ミステリー小説の魅力である謎解きの答えが決まっていないこと。
そして、特に印象的だったのは三津田先生のこの言葉。

「しっかりと一から十まで設計し尽くして、小説を完成させることができる人が、ある意味天才だ。」

ミステリー小説というと非常にロジカルで、如何なるどんでん返しであってもすべてが計算し尽くされたものだと思っていましたが、三津田先生のように自らも物語を楽しみながら作品を生み出していく方法もあるのだなと非常に興味深いお話でした。

さて、そのほかにも本編映像では五十嵐先生を中心に、「どんでん返しの考え方」「先生にとってのミステリーとは何か?」など、ミステリー好きにはたまらないお話をお伺いすることができました。この本編映像はTSUTAYAの公式YouTubeチャンネルで公開中です。
ぜひ、こちらからご覧ください。

リーガルミステリの新星・五十嵐律人先生の新刊『原因において自由な物語』はこちらからお買い求めいただけます。 

原因において自由な物語

原因において自由な物語

出版年月:2021年7月
著者:五十嵐律人/出版社:講談社
出版社:講談社

“仕掛け番長”栗俣力也

【コンシェルジュ】仕掛け番長

栗俣力也(くりまた・りきや)。絶版書の復刊プロデュースを数多く仕掛け、ヒット本を発掘することで知られ、読者や出版業界関係者に「仕掛け番長」の愛称で呼ばれる本が大好きな日本男児。

仕掛け番長の記事一覧 Twitter(@maron_rikiya)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST