1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 本・コミック
  4. 人気マンガの愛蔵版が4ヵ月連続で刊行! 美しきドールたちの儚くも奥深い戦いに刮目――『ローゼンメイデン愛蔵版』

人気マンガの愛蔵版が4ヵ月連続で刊行! 美しきドールたちの儚くも奥深い戦いに刮目――『ローゼンメイデン愛蔵版』

ローゼンメイデン愛蔵版

あなたの推しドールは…?

マンガ家ユニット「PEACH-PIT」の人気マンガ『ローゼンメイデン』の誕生20周年を記念して、5月18日の1&2巻発売を皮切りに『ローゼンメイデン愛蔵版』が4ヵ月連続、全7巻で刊行される。もう20年かと思うと共に、これまで愛蔵版が発売されていなかったことにも少し驚いたが、心を持つアンティークドールたちによる幻想的な戦いを描くゴシックファンタジーという世界観は、現在でも十分すぎるほどの魅力を放っている。

未読の方のためにあらすじを簡単に紹介しておくと、ある日、ひきこもりの中学生・桜田ジュンの元にアンティークドール「真紅」が届くのだが、人形は生きていた。真紅を含め、伝説の人形師ローゼン作の“薔薇乙女(ローゼンメイデン)”は全7体。第5ドール真紅と契約しマスターとなったジュンは、“至高の少女(アリス)”を目指すドールたちの戦い「アリスゲーム」に巻き込まれていく――。

言うまでもなく本作の醍醐味の一つが、キュートで可憐なドールズ。「水銀燈」「金糸雀(かなりあ)」「翠星石」など、いずれ劣らぬ個性で読者を魅了し、どれを推しにしようか迷ってしまうほどだ。アリスゲームに対しても積極的な者から消極的な者まで、多様な立場でぶつかり合う姿がストーリーに深みと熱量を与え、グイグイと引き込んでくれる。また、詩的なセリフや演出がスタイリッシュで、哲学的な雰囲気が何とも言えない味わいを感じさせてくれる。


ローゼンメイデン愛蔵版

著者:PEACH-PIT/出版社:集英社

ローゼンメイデン愛蔵版

1、2巻 5月18日発売

【フリーライター】遠藤政樹

【フリーライター】遠藤政樹

映画やドラマ、アニメにマンガ、ゲーム、音楽などエンタメを中心にインタビューやスチール撮影ありのイベント取材、コラム、レビューを執筆。IT系や企業案件もこなせるフリーの編集・ライター。お仕事も随時、募集中。

執筆記事一覧

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST