1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 本・コミック
  4. 『次にくるマンガ大賞2022(コミック部門)』堂々の1位! 今一番読むべき作品はこれだ!『メダリスト』【TSUTAYAの名物企画人“仕掛け番長”のススメ】

『次にくるマンガ大賞2022(コミック部門)』堂々の1位! 今一番読むべき作品はこれだ!『メダリスト』【TSUTAYAの名物企画人“仕掛け番長”のススメ】


メダリスト

目頭が熱くなる……手にさせ握る今一番笑えて感動できるマンガが『メダリスト』だ!!

手に汗握る。
マンガを読んでいてそんな感情を抱いたことがある人は少なくないだろう。
『キン肉マン』『ドラゴンボール』『ワンピース』『東京卍リベンジャーズ』に『鬼滅の刃』。時代を代表するようなヒット作にはそんな「手に汗握る想い」が詰まっているように思う。

『次にくるマンガ大賞』はむちゃくちゃ多くの方の投票で決まる、漫画好きが次にくると思うマンガをランキングする1年に1回のお祭りだ。
ここで上位に入った作品は必ずと言っていいほどその後大人気になっている。
そんな次にくるマンガ大賞のコミックス部門で2022年1位に輝いたのが今回紹介する『メダリスト』だ。
そしてこの『メダリスト』だが、私は今連載されている漫画でトップクラスに手に汗握る思いを抱えながら毎回の連載を読んでいる。

この作品は、リンクの上で夢破れた青年「司」と、リンクへの大きな想いを持つ親に見放された少女「いのり」。そんな二人が出会い、共にフィギュアスケートで世界を目指す物語だ。

『メダリスト』の面白さは回を重ねるごとにどんどんどんどん加速していく

リンク上で登場人物たちが滑る時のスピード感、美しさ、そして複雑な動きを読む者に全くストレスなく自然と理解させる独特なマンガ表現と描写。
そして思わず吹き出してしまう様なギャグパートから一気に熱い展開に読者の心を一気に引っ張ったり、描き込みの激しいシーンから突然真っ白なコマに登場人物一人描くことでリンク上での「いのり」の感情を読むものにリンクさせ理解させたり…。

毎話まるでジェットコースターのように『メダリスト』は最高のマンガ体験をさせてくれるのだ。
また1話からすでにむちゃくちゃ面白いのだが、その面白さも『メダリスト』にとってはまだ助走でしかなかったと、この作品を読み続けていくと気が付くことになる。
『メダリスト』の面白さは回を重ねるごとにどんどんどんどん加速していくのだ。

もはや最新刊まで読んだら読むのをやめることは不可能だろう。
どこまで面白くなるのか先が見えない司といのりの物語。
その先を読み続けていたい。そんな思いが今『メダリスト』を多くのマンガ好きが推している理由だろう。

これから間違いなく「くる」であろうこの作品。
ぜひ気になった方は一度読んでみる事をオススメしたい。最新の6巻を閉じるころにはあなたもきっと『メダリスト』にハマっているだろう。

(文:仕掛け番長)

仕掛け番長のおすすめ本

メダリスト

メダリスト

6巻までレンタル・発売中

著者:つるまいかだ
出版社:講談社

“仕掛け番長”栗俣力也

【コンシェルジュ】仕掛け番長

栗俣力也(くりまた・りきや)。TSUTAYA IPプロデュースユニット 企画プロデューサー。
TSUTAYA文庫、コミック、アニメグッズの企画を担当。10年以上のキャリア持つ書店員でリアル店舗からヒット作を次々と生み出す事から仕掛け番長と呼ばれる。人生のバイブルは『鮫島、最後の十五日』

仕掛け番長の記事一覧 Twitter(@maron_rikiya)

TSUTAYAランキング