『太陽の坐る場所』水川あさみ&木村文乃インタビュー

直木賞作家、辻村深月の小説を映画化した『太陽の坐る場所』がDVDで登場。二人の“キョウコ”を演じた水川あさみと木村文乃がその見どころを語る。

太陽の坐る場所

「響子にとってもう一人のキョウコは救いの存在」−−水川
「気持ちが少しだけ前向きになれる作品です」−−木村

−お二人は本作が初共演とのことですが、共演された感想を聞かせてください。

水川:木村さんは、色で表すなら白いイメージで、なんというか…何色にも染まらない、柔らかいけど内面にはとても強い意志を秘めている女優さんだなと感じました。

木村:共演する前に抱いていた印象と変わらず、太陽のような方でした。水川さんがいるだけで場がぱっと明るくなるので、私も明るい気持ちになれました。

−お二人は、価値観や生き方が正反対の“キョウコ”をそれぞれ演じられましたが、高間響子と鈴原今日子の生き方に、自分と共通する点はありますか。

水川:はっきりとはないと思います。響子が10年前の自分や周りの人、環境や恋愛といった高校時代のあらゆるものにとらわれすぎている状況は、演じていてあまりに苦しいものでした。でも人は誰しもが何かにとらわれて生きているので、そういう意味で共感できる部分もありました。

木村:芯があって常に達観できる今日子の性格はうらやましいものがありますが、似ているところがあるかとなると、あるようでないような、そんな気がします。

−二人の“キョウコ”にとって、お互いはどういう存在だったのでしょうか。

水川:響子にとってもう一人のキョウコは、絶対的な存在というか、憎い存在ではあるけれど同時に救いでもあり、なんというか神様のような存在という感じでもあったのではないでしょうか。

木村:互いにとって太陽であり月であり、監督もおっしゃっていましたが鏡のような、相対する存在だったのだと思います。

−作品の見どころを一言おねがいします。

水川:誰もが経験したことのある、学生時代特有の人間関係をリアルに描くことで、心のどこかにあるザラっとした部分に触れてくる作品ですので、幅広い年代の方に共感してもらえると嬉しいです。

木村:思春期に負ってしまった小さな傷が大人になっても癒えない方、特に女性の方に観ていただきたいです。観たあとに気持ちが少しだけ前向きに変われるような、そんな作品になっていると思います。

PROFILE

高間響子役・水川あさみ
'83年生まれ、大阪府出身。主な出演作に大河ドラマ『江 ~姫たちの戦国~』('11)、『失恋ショコラティエ』('14)など。現在TVドラマ『ゴーストライター』が放送中。

鈴原今日子役・木村文乃
'87年東京都生まれ。映画『アダン』('05)でデビューを果たす。現在出演するTVドラマ『銭の戦争』が放送中のほか、映画『くちびるに歌を』が2月28日に公開。

太陽の坐る場所

太陽の坐る場所

3.18 RENTAL 3.4 ON SALE

'14年・日
監督/矢崎仁司
原作/辻村深月
脚本/朝西真砂
出演/水川あさみ、木村文乃、三浦貴大、森カンナ、鶴見辰吾、古泉葵、吉田まどか
【セル】3,800円(税抜)、4,700円(税抜/ブルーレイ)

(C) 2014『太陽の坐る場所』製作委員会

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

水川あさみ

生年月日1983年7月24日(35歳)
星座しし座
出生地京都府

水川あさみの関連作品一覧

木村文乃

生年月日1987年10月19日(30歳)
星座てんびん座
出生地東京都

木村文乃の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST