これが答えか―? 映画『天空の蜂』特報

(C)2015「天空の蜂」製作委員会

(C)2015「天空の蜂」製作委員会

自分でもびっくりするような仕上がり

堤幸彦の手により、1995年の原作発表から20年を経て映画化される、東野圭吾のロングセラー小説「天空の蜂」。この作品初となる映像が到着。その緊迫感溢れる作品の一部が明らかになった。

本作の映画化で原作ファンも注目しているのは、全長34メートル・総重量25トン、現在日本に実在する輸送用ヘリを遥かに越える日本最大の≪ビッグB≫がどのように映像化されるのかということ。ヘリの内部のシーンは30m級の巨大セットで撮影され、現在もなお続いているCG制作作業は1年以上にもわたっているという。

監督の堤も「様々な作品を作らせて頂いていますが、これまでこんなに神経を張りつめた作品はなかなかありませんでした。トップカットからスタッフロールまで全神経を集中させて作りました。私の作品の中ではこういうアプローチはなかったなぁと、自分でもびっくりするような仕上がりになっています」と、確かな手応えを見せている。

なお、不安感や緊張感などを表現するため、“カメラを固定して撮影されたカットが一つもない”という手法にも注目したいところだ。


映画『天空の蜂』
9月12日(土) 全国ロードショー

出演:江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛 ほか
監督:堤幸彦
原作:東野圭吾「天空の蜂」(講談社文庫)
脚本:楠野一郎
音楽:リチャード・プリン
配給:松竹

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

東野圭吾

生年月日1958年2月4日(61歳)
星座みずがめ座
出生地大阪府大阪市

東野圭吾の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST