岡田将生が女子高生の前でジェネレーションギャップに悩む? 映画『ストレイヤーズ・クロニクル』世界最速舞台挨拶

染谷君以外が集結

染谷君以外が集結

本多孝好の同名小説を『アントキノイノチ』の瀬々敬久監督が『デスノート』『GANTZ』の製作チーム&新時代のエースたちと放つ次世代アクション超大作『ストレイヤーズ・クロニクル』(6月27日公開)。本作は、ある極秘機関によって生み出された“進化した”、2組の特殊能力者たちが宿命によって引き合わされ、希望を未来につなごうとする者たちと絶望的な未来を破壊しようとする者たちとの壮絶な戦いと、能力者ゆえの葛藤や仲間との絆といった人間ドラマを濃密に描く物語。公開までまだ2ヵ月以上先の本作だが、公開記念のイベントが都内にて開催された。

いい匂いしましたよね?

当日は、チームスバルから岡田将生、成海璃子、白石隼也、清水尋也、瀬戸利樹。チームアゲハからは松岡茉優、高月彩良、鈴木伸之、栁俊太郎、黒島結菜が登壇。会場にはこの4月から高校生になる女子高生がギッシリ。そんな会場で松岡は「会場に入った瞬間いい匂いしましたよね?」と岡田の方を見て問いかけると岡田も「……すごいしました」と同意し会場からは早速笑いが。

  • 岡田将生
    岡田将生
  • 成海璃子
    成海璃子
  • 松岡茉優
    松岡茉優
  • 白石隼也
    白石隼也
  • 高月彩良
    高月彩良
  • 清水尋也
    清水尋也
  • 柳俊太郎
    柳俊太郎
  • 瀬戸俊樹
    瀬戸俊樹
  • 黒島結菜
    黒島結菜
  • 岡田将生
  • 成海璃子
  • 松岡茉優
  • 白石隼也
  • 高月彩良
  • 清水尋也
  • 柳俊太郎
  • 瀬戸俊樹
  • 黒島結菜

本作では次世代を担う若手が集結していることもあり、初の体験も多かったよう。主演の岡田でさえアクションは初だったり、「チェロを初めて触った」成海や「初キスシーン」の高月、そして「初めて特殊メイクをした。一人だけ見た目が異様なヤツがいるんで」という柳など多種多様。しかし初体験もさることながら、質疑応答の場面でMCから「この4月から高校生になった清水さん」と振られると、会場の女子高生が一斉に「えー!えー!」とざわつきだし、清水が「昨日初登校してきました」と返すと「えー!」がさらにボリュームアップ。「年下ー」というらしい反応もあるほど大人びた清水、この日一番のリアクションをゲットした。

俺だけちょっとやっぱり違いますよね

また、会場に来ていた女子高生からの質問や、質疑応答の中で、どうも自分の返しが他メンバーと反応が違うと感じた岡田は「…俺だけちょっとやっぱり違いますよね」と切りだすと、「一番女子高生がわーってなる人じゃないですか。なのに、さっきからシーンって…誰も反応してないですよ?」と松岡が厳しすぎるツッコミを。これに岡田は「松岡さん結構厳しい…」とポロリ。しかも「現場でほとんど話したことなくて、今日はじめてくらい」(松岡)ということが明かされ、岡田も「今日はすごく喋ってくれるなと内心ちょっと嬉しかった」と本音トーク。

一人ひとりの発言でなく、誰かの発言に誰かが絡むという“チーム感”あふれる和気あいあいとした雰囲気で終始イベントは進行。最後に岡田は「高校の時はやりたいようにいろんなことをやって学んだので、あまり考えすぎずにやりたいことをやって欲しい。この映画の若者の集団にも何かを感じていただけると思う」とPRし、熱気いっぱいのイベントを締めくくった。

最後まで和気あいあい

最後まで和気あいあい


映画『ストレイヤーズ・クロニクル』
6月27日(土)全国ロードショー

監督:瀬々敬久(『ヘヴンズストーリー』、『アントキノイノチ』など)
原作:本多孝好「ストレイヤーズ・クロニクル」集英社刊
キャスト:岡田将生、染谷将太、成海璃子、松岡茉優、白石隼也、高月彩良、清水尋也、鈴木伸之、栁俊太郎、瀬戸利樹/黒島結菜、豊原功補、石橋蓮司、伊原剛志
脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』“第37回日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞”)、瀬々敬久
音楽:安川午朗(『八日目の蝉』日本アカデミー賞最優秀音楽賞受賞、『どろろ』、『ヘヴンズストーリー』)
撮影:近藤龍人(『私の男』『桐島、部活やめるってよ』ほか)
アクション監督:下村勇二(『GANTZ』、『プラチナデータ』、『図書館戦争』)
配給:ワーナー・ブラザース映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

岡田将生

生年月日1989年8月15日(29歳)
星座しし座
出生地東京都

岡田将生の関連作品一覧

成海璃子

生年月日1992年8月18日(26歳)
星座しし座
出生地神奈川県川崎市

成海璃子の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST