鈴木梨央、瀬戸朝香、津川雅彦がカンヌ国際映画祭のフォトコールに登場

(C)Kazuko Wakayama

(C)Kazuko Wakayama

5月22日にカンヌ国際映画祭で特別招待作品として公式上映される映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』。本作は、フランスを代表する小説家サン=テグジュペリが1943年に出版して以来、全世界270以上もの言語・方言で翻訳され、1億4500万部を売り上げる不朽の名著「星の王子さま」の初アニメーション映画化作品。

カンヌで恒例の上映前フォトコールに日本語吹き替え版キャストの鈴木梨央(女の子役)、瀬戸朝香(お母さん役)、津川雅彦(飛行士役)が登場。カンヌ国際映画祭への参加が初めてとなる3名。鈴木は「すごい! 初めてのことだらけでした!」と大興奮。ベテランの津川も「日本では見た事のないほどの大きなクルーザーがたくさんあって、リゾート地で人がとても楽しそうで、すばらしい場所」と感慨深げ。「女優を20年以上続けてきたけど、いつかカンヌ国際映画祭に参加したいと願っていた」という瀬戸も興奮気味にコメント。そしてフォトコールにはカンヌの青い空と同じ色の「EMPORIO ARMANI」のワンピースで登場。「夜のレッドカーペットにはドレスを着るので、昼間は元気な雰囲気にしたいと思って短いワンピースにしました」と衣装についてもコメントした。

アメリカ、フランス、ベルギー、日本と世界から吹き替えキャストが集結し、日本勢も各国の俳優陣と初対面。マッケンジー・フォイと監督と記念撮影をした鈴木は、「英語版を見ていたら自分と同い年くらいだと思っていたけど、年齢を聞いたら14歳だというのがわかって驚きました。とても可愛かったです。英語で自己紹介もできました!」と天才子役との初対面に刺激を受けたよう。

また、ベルギーから参加した母親役のシャルロット・ヴァンデルメルシュと対面した瀬戸は「すごく気さくに話かけてくださいました。母親役の役柄や吹き替えをして難しかったシーンについて話ができて、彼女がいてくれたお陰で緊張がほぐれて、フォトコールもすごく楽しめました」と貴重な交流を楽しんでいた。

映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』は11月公開。


映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』
11月 全国ロードショー

監督:マーク・オズボーン(『カンフー・パンダ』)
キャラクターデザイン:ピーター・デ・セブ(『ファインディング・ニモ』)
キャラクター監修:四角英孝(『塔の上のラプンツェル』)
キャスト(英語版):ジェフ・ブリッジス、マッケンジー・フォイ、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・フランコ、ベニチオ・デル・トロ、マリオン・コティヤール
日本語吹き替え版キャスト:鈴木梨央、瀬戸朝香、津川雅彦
配給:ワーナー・ブラザース映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

津川雅彦

生年月日1940年1月2日(78歳)
星座やぎ座
出生地京都府

津川雅彦の関連作品一覧

瀬戸朝香

生年月日1976年12月12日(41歳)
星座いて座
出生地愛知県

瀬戸朝香の関連作品一覧

鈴木梨央

生年月日2005年2月10日(13歳)
星座みずがめ座
出生地埼玉県

鈴木梨央の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST