【女子シネマのススメ】GIRLS' MODE(ガールズモード)

映画のなかの素敵な女性キャラクターに注目して、女子目線でオススメをセレクト!


『あと1センチの恋』

『あと1センチの恋』

“好き”と言えずにすれ違う二人の切ない12年間

『あと1センチの恋』

『白雪姫と鏡の女王』のリリー・コリンズがキュートな魅力を発揮したラブロマンス。イギリスの田舎町でともに育ったロージーとアレックス(クラフリン)は幼なじみ以上の仲だったが、高校時代になんとなく別の相手と関係を結んでしまって以来、すれ違いを繰り返すようになる。あるときは誤解や遠慮のせいで、あるときはタイミングのせいで、本当は互いを思う二人の気持ちが一向に通じないさまがもどかしい。語られるエピソードはどれも人間くさくユーモラスだが、二人の強い絆と運命の導きを感じられる展開が極めてロマンチックだ。

[GIRLS CHECK]

ロージー・ダン(リリー・コリンズ)

困難に負けずに頑張るしっかり女子:ロージー・ダン(リリー・コリンズ)

アレックスと一緒に町を出てアメリカの大学に進むという昔からの夢を望まぬ妊娠で断念するも、泣き言は言わず、仕事と子育てに奮闘する気丈な女性。アレックスに対する深い愛情を自覚しても、彼のためを思って自分の気持ちを胸にしまい込むいじらしさが切ない。

『あと1センチの恋』

『あと1センチの恋』

7.3 RENTAL
'14年・独、英
監督/クリスチャン・ディッター
原作/セシリア・アハーン
出演/リリー・コリンズ、サム・クラフリン


『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

若き大富豪と女子大生の禁断の恋

全世界で累計1億部を超えるベストセラー小説を映画化。地味な女子大生のアナは、学生新聞の取材で出会った容姿端麗な27歳の大富豪、グレイ(ドーナン)にアプローチされ恋心を抱くが、彼は女性のすべてを支配することに快楽を得る特殊な性癖の持ち主だった。本作で知名度を上げたダコタ・ジョンソンと、モデル出身の英国人俳優ジェイミー・ドーナンが体当たりで挑んだ濃厚かつ倒錯した官能シーンが刺激的。一方で、心は一つだが、愛し方が異なる男女の内面の葛藤も繊細に描かれている。劇場上映版と別エンディングを含む長尺版を収録。

[GIRLS CHECK]

アナ・スティール(ダコタ・ジョンソン)

恋愛経験ナシの奥手な女子大生:アナ・スティール(ダコタ・ジョンソン)

運命の人を待ち続け、21歳にしてキスの経験もない女の子。取り柄も自信もないせいで、最初はグレイの強引なアプローチに戸惑い、振り回されるが、それまで無縁だった世界を体験するにつれて洗練され、愛と自尊心に目覚める。いわば現代版シンデレラだ!

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

7.2 RENTAL
'14年・米
監督/サム・テイラー=ジョンソン
原作/E・L・ジェイムズ
出演/ジェイミー・ドーナン、ダコタ・ジョンソン

グレイを演じるジェイミー・ドーナンのクールなラブストーリーもチェック!

『不都合な契約』

『不都合な契約』

ドーナン扮する主人公は敏腕で冷徹なビジネスマン。仕事で欧州にやって来たNYの証券マンが、契約を得るために利用しようとした女性の純粋な思いに触れ、心を乱されていく。

(文:橋真奈美)

(C)2014 CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH
Film (C) 2014 Universal Studios. All Rights Reserved.
Artwork (C) 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST