「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション 2015」―本場シッチェス映画祭出品作品『忍者狩り』上映決定!

忍者狩り

忍者狩り

今年で4回目の開催を迎える、特集上映企画「シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション」に、松竹製作の忍者アクション・サスペンス『忍者狩り』が、すでに発表しているラインアップ5作品に加えて正式出品される。

近年では中島哲也監督の『渇き。』が最優秀男優賞、細田守監督の『おおかみこどもの雨と雪』がアニメーション部門最優秀長編作品賞を受賞するなど、日本ともゆかりの深いこの映画祭に出品される『忍者狩り』がいち早く劇場で鑑賞できる機会となる「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2015」は要注目だ。

千葉誠治コメント【監督・脚本・製作】
「過去に創られたいかなるニンジャ映画を凌駕するこのアクションと謎を体感せよ!」

三元雅芸コメント 【突悪(たお)役】
「忍者狩り…日本古来の古武道を基に作り上げられた、息も止まらぬこれぞ日本活劇!! どうぞ、ご堪能あれ!!」

三元雅芸

三元雅芸

黒川芽以コメント【楓衣(けい)役】コメント
「忍者の独特なアクションが見所で、瞬きする暇がありません。最後まで展開が分からないミステリーになっているので、そこも楽しんで頂けたら嬉しいです。」

黒川芽以

黒川芽以


映画『忍者狩り』
英題:NINJA HUNTER

<ストーリー>
天正九年。伊賀の国。目を覚ました伊賀の下忍・突悪(たお)は、薄暗い洞窟の中に倒れていた。目の前には、見ず知らず男の姿。男は、突悪と同じ伊賀の下忍で、名を邪気(じゃき)というらしい。邪気に促され、洞窟の奥に目をやる突悪。そこには無数の忍者の惨殺死体が転がっていた。この洞窟で何が起きたのか、一体誰がこの忍者たちを殺したのか、何も憶えていない突悪。徐々に回復していく突悪の記憶。その先にある真実とは!?

監督・脚本:千葉誠治『AVN/エイリアンVSニンジャ』
<キャスト>
三元雅芸『極道大戦争』『AVN/エイリアンVSニンジャ』
黒川芽以『横道世之介』『ボーイズ・オン・ザ・ラン』
虎牙光揮『BUSHIDO MAN/ブシドーマン』『魁!!クロマティ高校THE★MOVIE』

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

黒川芽以

生年月日1987年5月13日(31歳)
星座おうし座
出生地東京都西東京市

黒川芽以の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST